「熱闘」のあとでひといき

「闘い」に明け暮れているような毎日ですが、面白いスポーツや楽しい音楽の話題でひといき入れてみませんか?

「なの花薬局ジャパンセブンズ2016」(2016.7.10)の感想

2016-07-18 18:03:18 | 関東大学ラグビー・リーグ戦



サンウルブズのスーパーラグビー参戦により春シーズンも例年とは比べものにならないくらいに充実したものとなった。短いオフを前に私的生観戦の締めはジャパンセブンズとなった。この大会、「セブンズ日本一決定戦」と銘打ってあり、日本のセブンズナンバーワンチームを決める大会になるはずだった。しかしながら、出場チームの中にトップリーグのチームは神戸製鋼1チームのみ。当初はもう1チーム参戦予定だったが出場辞退となり、参加チームを当初の12から11に減ると言った具合に看板に偽りありのような状況になってしまった。

だが、この大会、酷暑の中で行われることはさておいても、魅力がないかというとそんなことはない。留学生が主体となるが、大学生でも日本代表に今すぐにでも抜擢できそうな逸材がズラリと名を連ねている。U20大会で世界に存在を知らしめたテビタ・タタフとアタアタ・モエアキオラ(東海大)を始めとして、ホセア・サウマキ、アマトとタラウのファカタヴァ兄弟(大東大)、ジンバブエからNZを経由してやって来たタナカ・ブランドン・ムネケニエジ(流経大)、ブロディ・マッカラン(帝京大)と並べてみただけでもここに来て決定力不足が顕在化しているサンウルブズの状況が信じられないような状況になっている。

魅力的なランナーは留学生達だけではない。竹山、尾崎、重(帝京大)、湯本、野口、藤崎(東海大)、梶村、尾又、山村(明治)、小山、川向、中川、大道(大東大)といった具合に2019年のW杯日本大会に活躍が期待される逸材が集っている。クラブチームに目を転じると、PSIスーパーソニックスには(なぜか)ジェイミー・ヘンリーの名前があるし、北海道バーバリアンズには七戸や平川といったYC&ACセブンズでもトライの山を築いたスピードスター達が居る。「日本一決定」の看板があるので難しいかも知れないが、来年度からは大学とクラブに参加を絞った大会にした方がすっきりするような気もする。多くの熱心な観客がスタンドを埋める中で9時20分に熱戦の火蓋が切って落とされた。

■プール戦の戦い

午前中は4プール(各3チーム)に分かれたリーグ戦を行い、各プールの1、2位までがカップ(勝者)/プレート(敗者)トーナメントに進むシステム。ただし、今回は11チームの変則参加となったため、プールDは1,2位決定戦となった。

[プールA]

○同志社大学 49-5 ●JR九州サンダーズ
○大東文化大学 46-0 ●JR九州サンダーズ
○大東文化大学 14-12 ●同志社大学
※1位:大東文化大学、2位:同志社大学、3位:JR九州サンダーズ



JR九州サンダーズは「第53回木元杯九州セブンズ」の優勝チームとしての参加。大学勢に社会人の貫禄を示したいところだが、大学屈指のBK選手達を擁する才能集団2チームと当たったのが不幸だったのかも知れない。同志社と大東大に個人能力の差を見せつけられてあえなく撃沈となってしまった。大東大の爆発は豪華出場メンバーから十分に予想できたことだが、とくに活躍が目立ったのは菊地だった。小山、川向、サウマキ、大道、戸室の同期生で1年生のときに彼らと同時デビューを果たしているが、その後はなかなかスタメンで出場する機会がなかっただけに復活は心強い。

同志社も松井は不在でもいい選手が揃っている。それは単に私が関西学生リーグの選手達を知らなかっただけなのだが、大東大との1位争いは手に汗握る接戦となった。先制したのは大東大で、大道からパスを受けた小山が快走を見せる。しかし同志社も1トライを返して前半は7-7。後半は先に同志社が先制して12-7とリードを奪うものの大東大は本日のキーマン菊地が起死回生のトライを奪いGK成功で辛くも逆転に成功。小山のゴールキックが終始安定していたこともチームを勝利に導いた。

[プールB]

○明治大学 24-17 ●流通経済大学
○流通経済大学 35-19 ●PSIスーパーソニックス
○明治大学 14-10 ●PSIスーパーソニックス
※1位:明治大学、2位:流通経済大学、3位:PSIスーパーソニックス



プールBは3チームの力が拮抗した言わば今大会の「死のグループ」。期待はYC&ACセブンズで鮮烈なデビューをかざった新人のタナカ・ブランドンで、ここでも身体能力の高さを見せた。ただ、明治も春シーズンでタナカのランは経験済みのためか、徹底マークで封じ込める。緒戦では流経大が先に2本取って10-0でリードを奪うものの、明治も2本返して前半は10-10。後半、先に明治が1本取ってリードを奪うが流経大が1本返して追い付く。17-17となり終盤を迎えたところで明治が1本取って逃げ切りに成功した。流経大は核となるシオネ・テアウパの欠場が響いた格好だが、ミスが目立ち、また明治に1対1の勝負を挑まれる格好になったのが敗因のように見えた。



PSIと明治の戦いも手に汗握る熱戦となった。先制は尾又の強力なランでトライを奪った明治で前半は7-0。後半に入ってPSIが2連続トライで10-7と逆転に成功する。2つめのトライを奪ったのはジェイミー・ヘンリーで貫禄を見せた格好。しかし明治も期待のルーキー山村がトライを取って14-10と逆転に成功してそのまま逃げ切った。トライ数なら2本対2本でゴールキックの成功不成功が明暗を分けた形となった。

[プールC]

○東海大学 43-5 ●釜石シーウェイブズ
○東海大学 12-10 ●北海道バーバリアンズ
○北海道バーバリアンズ 45-7 ●釜石シーウェイブズ
※1位:東海大学、2位:北海道バーバリアンズ、3位:釜石シーウェイブズ



東海大は緒戦から豪華メンバーのランが炸裂して釜石SWを圧倒。釜石SWがエースを欠く陣容とは言え、トップリーガーにも対抗できそうな陣容が揃う東海大は、中でもここまでケガ無く順調に来ている湯本が絶好調。春にYC&AC、東日本大学、リーグ戦セブンズの3連覇を達成したときはセブンズを意識した戦いぶりだったが、秋のシーズンを控え考え方を15人制モードに切り替えた模様。ひとりでいけるところはどんどん勝負していくというようなスタイルに見えた。注目ランナーは春のセブンズ大会で存在感を示した藤崎だったが、期待に違わぬ活躍。野口も安定感を示し、あとは池田と村松が復帰すれば万全になるはず。モリキ・リードなど楽しみな新人も多い。



北海道バーバリアンズも今大会の期待チームのひとつ。セブンズ日本代表の中核を成すロテ・トゥキリが所属したチームとしても名高いが、2m、100kgで大きさがひときわ目立つジョセ・セルなど強力な選手が揃っている。君島や櫻場といった流経大で活躍した選手も頑張っている。しかし、私的注目選手はなんと言ってもYC&ACセブンズではスピードスターとして定着している平川(流経大OB)。七戸(国士舘OB)もスピードランナーで、大型の選手と高速ランナーがバランスよく纏まった強力チームだ。

果たして東海大との戦いは手に汗握るシーソーゲームとなった。先制したのはテビタとアタアタの2枚看板で強力にボールを前に運んだ東海大。前半は7-0の東海大リードで終わる。後半は北海道バーバリアンズが背番号23を付けたディアミアン・ダーリントンのトライでまず5点を返す。しかし、東海大もテビタが1トライ奪って12-5とリードを拡げる。時間が無くなってきたところで追いすがる北海度バーバリアンズは何とか追い付きたいところ。終了間際にヨサン・レビエンが1トライ返しGKが決まっていれば引き分けとなる熱戦は見応えがあった。

[プールD]

○帝京大学 29-19 ●神戸製鋼コベルコスティーラーズ
※1位:帝京大学、2位:神戸製鋼コベルコスティーラーズ



プールDだけが2チームとなり残念ではあったが、大学王者として君臨する帝京大とトップリーグ代表の形での参加となった神戸製鋼コベルコスティーラーズ(KS)の戦いは、意地と意地のぶつかり合い。マット・バンリーベン、トニシオ・バイフ、イーリ・ニコラス、南橋、中濱、山下楽平と名前を見ただけでも大学チームなら身が引き締まるはず。日大OBの下地の名前を見つけたのも嬉しい。大学時代は持てる能力を十分に発揮出来ていたとは言い難かったので。ということで、まずは山下楽平が社会人の貫禄を見せて先制トライを奪う。

しかし、帝京大にも日本代表としての活躍が期待されるエースの竹山が居て名刺代わりに1トライ。神戸製鋼KSも先輩の南橋が1トライを奪い前半は12-7と神戸製鋼KSのリードで終了。後半も開始早々に神戸製鋼KSが1トライを先制したところでトップリーガーの面目が保たれたかに見えた。しかしながら、その後神戸製鋼KSがまさかの失速、というよりも竹山やマッカラン他レギュラー陣を揃えた帝京大が猛攻に転じ4連続トライを奪い終わってみれば29-19の圧勝を収めた。

■カップ/プレートトーナメント

○大東文化大学 38-7 ●流通経済大学
○神戸製鋼コベルコスティーラーズ 37-7 ●東海大学
○同志社大学 31-17 ●明治大学
○帝京大学 26-19 ●北海道バーバリアンズ
※勝者はカップトーナメント、敗者はプレートトーナメントへ



午後は優勝争いが絡むカップトーナメント。第1試合は大東大のアマトとホセアのパワーが全開となり、まずアマトが2トライ挙げた後にホセアが1トライを追加。前半の終了間際に1トライを挙げて反撃を期す。しかし、後半も大東大の勢いは止まらない。菊地、アマト、小山が連続トライを挙げて38-7の圧勝となった。流経大は頼みのタナカが前半に負傷で退いたのが痛かった。シオネやタムエラ・ナエアタの不在で負担が大きくなったことと、フィジカル面の強化が追い付いていないように感じられる。

帝京戦では失速してしまった神戸製鋼KSも意地を見せる。マット・バンリーベン、張碩漢、バイフといったパワフルな選手達の突破を止めきれず、前半に3つ、後半に4つのトライを奪われる。東海大は後半に藤崎が一矢報いるが7-37の敗戦は、帝京が29-19で勝っている事を思うとショックだったに違いない。



オールドファンにとっては大学選手権では黄金カードだった頃の記憶が蘇る同志社と明治の対戦も、両チームの持ち味が発揮された白熱したゲームとなった。ちなみにこの対戦、大学選手権では両チームの1stジャージーが似かよっているということで当初は「紅白対決」だった。その後同志社がワインレッドが基調のセカンドジャージーを新調したため、1st同士(紫紺vs紺グレ)での対戦を観るのは実は初めて。似ているとは言っても、もっと見分けが付かない対戦もあるわけだし、この形でもまったく問題ないように見える。それに、お互いに1stの方が力が出せるかも知れないし。

そんなノスタルジックな思い出はさておき、先制したのは同志社で決めた選手はこの日ひときわ高い存在感を示した安田。明治も1トライ返して5-5となるが、安田がすぐに2トライを重ねてハットトリックを達成し前半は17-5と同志社のリードで終了。後半は逆に明治が尾又らのランで2トライを重ねて17-17とゲームを一気に振り出しに戻す。しかし、ここで同志社が底力を見せる。明治は組織よりも個人でここまで来ている感が強い。翻って同志社は、当初こそ個人能力で勝負するスタイルに見えたものの、試合を重ねるごとに組織的な動きが整備されてきた感がある。終盤に挙げた2トライはまさにそんな形で、個々の能力を活かしつつ最後は組織的な動きで難敵を打ち破った

■ボウルリーグ

○PSIスーパーソニックス 33-24 ●JR九州サンダーズ
○釜石シーウェイブズ 21-19 ●PSIスーパーソニックス
○JR九州サンダーズ 36-14 ●釜石シーウェイブズ
※優勝:JR九州サンダーズ、2位:PSI、3位:釜石SW(トライ数による)



各プール3位の3チームによるボールリーグは3つ巴の接戦となった。せっかく出たからには負けて帰るわけには行かないという気持ちもあったに違いない。メンバーを揃えたPSIが連勝で優勝を飾るかと思われたが、2戦目は釜石SWも意地を見せてこの日の初勝利を挙げる。しかし、最後はここまで冴えなかったJR九州サンダーズがトライの山を築いて圧勝して3チームが勝ち点4で並んだ。結局、最終戦で6トライを奪ったJR九州サンダーズがトライ数を10とし、同8個のPSI、同5個の釜石SWを上回って優勝を決めた。

■プレートトーナメント

[準決勝]
○東海大学 39-5 ●流通経済大学
○北海道バーバリアンズ 31-7 ●明治大学



神戸製鋼にいいところなく敗れた東海大が奮起して流経大を圧倒。テビタ、アタアタ、藤崎等のエースランナーらの活躍で前後半3トライずつを挙げて予想以上の圧勝を収めた。流経大は後半に1トライを返すのがやっとで決勝を前にして力尽きた。結局タナカもケガのため出場できず、活躍の場は秋のリーグ戦に持ち越しとなった。



同志社に敗れて歯車が狂ったのか、明治は北海道バーバリアンズのパワーと巧さの前に完敗。前半に3トライ、後半に2トライを奪った北海道バーバリアンズに対し、明治は後半1トライを返すがやっとだった。北海道バーバリアンズではNZ出身のアイザック・テ・タマキがハットトリックを達成する活躍を見せた。179cm、83kgとけして大きな選手ではないが決定的な仕事ができる。平川もスピードランナーぶりを存分に発揮した。あと1トライはジョセ・セルで2mの巨体を揺らしながらのトライには場内も(笑いを誘うような形で)揺れた。

[決勝]
○東海大学 28-26 北海道バーバリアンズ

準決勝の快勝で勢いを取り戻した東海大と明治を破って波に乗る北海道バーバリアンズの戦いは決勝戦に相応しい白熱した好ゲームとなった。先制トライは東海大のテビタで、北海道バーバリアンズもすぐに1トライを返して7-7となる。その後、東海大が藤崎の突破からパスを受けた鹿屋、湯本が連続トライを挙げて21-7のリードで前半が終了。

後半は北海道バーバリアンズが2トライを連取して19-21と追いすがる。圧巻は平川が藤崎のスピードスター王座決定戦のような形で決めたトライ。平川がボールを持った段階で前には藤崎他数名の選手がいた。単独突破は無理とみた藤崎がウラにキックしたところで藤崎との追いかけっこになったが、平川が藤崎を振り切ってボールを拾いそのままゴールへ。この大会での見せ場のひとつとなった。その後、藤崎がトライを奪って28-19となって残り時間も僅かとなる。北海道バーバリアンズはアイザックが1トライを返したものの無念のタイムアップでGK1本の差で涙を呑んだ。

■カップトーナメント

[準決勝]
○大東文化大学 33-19 ●神戸製鋼コベルコスティーラーズ
○帝京大学 26-21 ●同志社大学(サドンデス)



強力なメンバーを揃える大東大とはいえ、トップリーグチームの壁は厚いかと思われた。先制したのは大東大。アマトからパスを受けたこの日絶好調の菊地がトライを奪い7点をリードする。神戸製鋼も張がトライを返して7-7。しかしながら、大東大が前半に1トライを追加して12-7。後半も先に2トライを連取して26-7とリードを拡げる。大東大はアマトやサウマキを突破役として、菊地や小山といったスピードランナーにボールを渡す形で効果的にトライを重ねていけるのが強み。神戸製鋼もタジタジといった感じで後半に1トライ返すのがやっと。最後の1本を大東大に追加されて決勝を前に敗退した。



組織を整備する形で尻上がりに調子を上げてきた同志社。強力な選手を揃えた帝京を相手にしてもかっぷり4つに組んだ戦いを見せて観客席を沸かせる。先制したのは帝京だったが、同志社もすかさず1トライを返して7-7。帝京が竹山のランでトライを奪うと同志社も高井がトライを返すと言った形で前半は14-14の同点。後半も先制したのは帝京。ここで見せた竹山の逆襲トライが圧巻だった。同志社が攻め上がり帝京ゴールに迫ったところでタックルを決めた竹山がそのままボールを拾ってタッチ際を快走。そのまま同志社のディフェンダーを振り切って走りきりトライ。この大会でもっとも印象に残るプレーのひとつ。

残り時間も少なくなり敗色濃厚となった同志社だったが粘りを見せる。何とかボールをキープし最後に鶴田がゴールラインを越えたときは残り時間ゼロ。観客席からこの日一番の大歓声が沸き起こり、勝敗の決着はサドンデス方式の延長戦に持ち越された。キックオフは帝京で、同志社がボールを処理をもたついたところをボール確保に成功しそのままゴールへ。決着こそ呆気なかったがこの日一番の好ゲームとなった。それにしても、好選手を揃えているだけでなく、1日を通じて成長を見せた同志社が俄然注目チームとなった。大学選手権の方式変更で厳しい戦いを強いられることになった関西Aリーグだけに、雪辱に向けた拳闘を祈りたい。

[決勝]
○大東文化大学 33-28 ●帝京大学



朝から始まった大会も照明灯に日が点る中でついにファイナルを迎えた。大東大の進出は予想通りだったが、帝京大もこの試合に期すところがあったのかほぼベストの陣容でここまで勝ち上がってきた。先制したのは帝京大。まずはエースの竹山が決めた。帝京はさらに小畑がトライを追加して14-0となる。どうしても竹山に注目が集まってしまう帝京大だが、実はスピードランナーとしては小畑も負けていない。この大会でも竹山顔負けのランで魅せていた。前半も半ばが過ぎたところで大東大がサウマキのトライで一矢報いる。ちょっと足を引きずるような状態だったが何とか走りきった。

大東大はさらに湯川がトライを奪って14-14と追い付く。湯川はFWの選手だが、なかなか器用だ。残り僅かになって帝京の小畑がトライを奪うと大東大の小山も負けじとトライを返す。前半は21-21のまったくの5分となった。後半に先制したのは東海大。ほぼフル出場を続ける小山は疲れ知らずのランを見せる。まさに小さな巨人。大東大はさらに5点を追加し、帝京の反撃を1トライに抑えて見事優勝に輝いた。最後に締めたのがアマトやサウマキではなく小山だったことがこの日の戦いを象徴していた。

■大会全般を通じての感想/とても楽しい1日ではあったが...

先週のサンウルブズの試合とは比べるまでもないが、酷暑のなかでも多くの観客が最後まで残って声援を送り盛り上りを見せた大会だった。トップリーグチームの参加が当初予定2チームから1チームに減ったこともあり、「日本一決定戦」の看板には疑問ありとなったが大会としては成功といっていいのではないだろうか。W杯2015の快挙からスーパーラグビー参入を経てファン層に変化が生じている日本のラグビー界。もし今の状況で東京セブンズが開催されたら、観客席で閑古鳥が啼くような状態にはなっていなかったかもしれない。出場選手も概ね期待通りの活躍を示し、また、サプライズの選手やチームをあったことで1日楽しむことができた。

しかし、率直な感想として、不思議なくらいにセブンズの試合を観たという印象が薄いことも事実。少なくとも、セブンズの楽しみの点ではYC&ACセブンズを凌ぐことはできていないように感じられるのだ。パス回しのコンビネーションよりも、個人の力がどのくらい通用するかのチェックの用にも見えたのだ。そう考えると、YC&ACセブンズの歴史の重みを痛感せざるを得ない。現状をもってしても日本一のセブンズの戦いを見せてくれる大会という地位に揺るぎはないことを強く感じる。招待チームのセレクトの妙もあるだろうし、招待されたチームの心得もおそらく違うと思う。YC&ACセブンズは歴史の重みに裏付けたセブンズ文化の醸成に欠かせない存在となっていると改めて感じた。

もちろん、この点について出場した選手達やチームを責めることはできない。秋のレギュラーシーズンを控えて、各チームは15人のチームを完成させる段階に達している現状での開催が疑問の第1点。春の段階ならチーム全体のウォーミングアップを兼ねる形でセブンズに取り組むこともできるから、春の大会に備えたセブンズ仕様のチームを作ることができる。しかし、今の段階なら時間をかけてチームを作るのは難しいはず。だから組織より個人といった形の印象を受けたのかも知れない。

クラブチームでとくにセブンズに特化あるいは積極的に取り組んでいるPSIや北海道バーバリアンズのようなチームにしても、相手がセブンズの流儀で戦ってくれないことに対してはストレスが溜まる部分があるのではと邪推する。オリンピック種目になったことで脚光を浴び、セブンズに特化して強化を図るチームが多く出てくることが期待されたものの、実態はトップリーグや有力大学から多くのセブンズ向きの選手がセレクトされているのが現状。クラブチーム側にしてもサーキットのような形でセブンズ大会の開催回数が増えない限り強化の機会が限られるのが歯がゆいところかも知れない。むしろ、大学生チームとセブンズに積極的に取り組んでいくクラブチームをセレクトして日本一を決める大会にした方がまだすっきりするような気がしてならない。

■セブンズ文化醸成のために

結論から言うと、日本でのセブンズに対する考え方が変わらない限りセブンズが「文化」として定着することは難しいと思う。五輪種目となったことはさておき、セブンズへの取り組みも「あくまで15人制ありき」である限り「別の種目」としてプロ化して取り組んでいる国々との実力差は拡がる一方であり、再昇格を果たしたコアチームで戦い続けることも難しくなっていくように思われる。本当にセブンズを強くしようとするなら、国内サーキット、それもワールドシリーズの様な2日間開催を基本とする方式の大会を行っていく必要があると思う。なぜなら、ワールドセブンズで定着しているセブンズの戦い方と15人制の戦い方には大きな違いがあり、それを理解した上で専門のプロを養成していく必要があると考えているから。

例えば16チームが参加した2日間の大会。1日目はリーグ戦3試合で、いわば陸上競技のスプリントが3本。1日の中で短時間の間に体力を回復できるようなトレーニングが必要になる。当然、次の日の戦いのことも考えなければならないから体力を使い切ることはできない。また、アクシデントがつきもののセブンズだから、失敗してもすぐに気持ちを切り替えるメンタルコントロールも重要なはず。そして、2日目。リーグ戦とは違い、失敗は許されないから試合ごとにいかに集中力を高め、体調をベストに持っていくか。このような戦いの経験を積み上げることで世界はどんどんプロがレベルアップしていることを思うと、とても15人制の片手間で取り組むような競技ではない。

セブンズを観てきてひとつ気がついた事は、防御の網が敗れて追いかけっこになった時点でそのセットは終了しセブンズではなくなること。そうなる前のアタック側とディフェンス側による組織的な駆け引きこそがセブンズの醍醐味だと教えてくれたのが、セブンズワールドシリーズで鎬を削るトップチーム同士のプロとプロとの戦い。4年ごとのオリンピックのためにセブンズチームを育成するというスタンスから一歩前に行けないものかと思う。

AERA 2016年 7/25 号 [雑誌]
クリエーター情報なし
朝日新聞出版
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう!サンウルブズ/日本での最終戦、大敗も感謝の気持ちでいっぱい

2016-07-07 01:39:43 | 頑張れ!サンウルブズ


2月末に始まったサンウルブズのスーパーラグビーへのチャレンジも残すところ3戦。最後の南アフリカ遠征を前にしたこの試合は日本での今季最終戦となる。相手のワラターズは好調なうえにベストメンバーで来日と、サンウルブズにとっての2勝目へのチャレンジは今まで以上に厳しい戦いとなることは必至。味方に付けられるのはラグビーの試合では考えられないような酷暑くらいか。

いやいや、ホームチームのサンウルブズには、酷暑よりも熱いサポーターという強い味方も居る。熱中症が心配される状況でも、これまで以上に多くのサポーターが訪れた秩父宮ラグビー場の周辺は試合前から人波でごった返している。ハブで既に「いい感じ」になっている外国人の姿も目立つ華やかさは、国際プロリーグたるスーパーラグビーならではのもの。いつもの年ならこの時期はラグビーが消えてしまっていたことを考えれば、酷暑もなんのその。



キックオフの凡そ30分前に観客席へ。暑さをものともせず、両チームの選手達がアップに励んでいるなか、メインスタンドから順番に観客席が埋まっていく。そして、試合開始前のセレモニーでは高円寺のひょっとこ連による阿波おどりが披露された。夏のお祭りに欠かせない太鼓だが、なぜか一服の清涼感をもたらしてくれる。やっぱり日本の夏はこれに限ると感じたが、すぐにここはラグビー場だということを思い出した。



■前半の戦い/くい下がりを見せるも決定力不足に泣く

両チームの選手達が登場していよいよキックオフ。猛暑をものともせず、すぐに試合はヒートアップするところは流石だ。個々の強さ(それも尋常ではない)と組織のバランスが絶妙なワラターズに対し、サンウルブズの生命線は組織的なパス回し。個々の強さが足りない部分をカバーするが如く、人数をかけて地道にボールをキープしていき、相手のディフェンスに綻びが出たところで勝負に出る。

戦績は最下位でもトライの取り方では十分に存在感を示すことができているのは、他のチームには真似ができないような繋ぎがあるから。序盤から果敢に攻めて敵陣22m内までボールを運ぶ場面があるものの、要といえるテンポアップができないところが歯がゆい。デュルタロと山田がそれぞれ米国と日本の五輪セブンズチームに行ってしまった影響は確かに大きいが、ワラターズの要所を押さえたディフェンスは流石。逆にワラターズは10分に強力なタテ突破連発を武器に1トライを先制する。

なかなかあと一歩のブレイクができないサンウルブズだが、20分と22分に連続でPGを成功させて6-7と食い下がる。とくに22分のフィルヨーンが決めた60m近い超ロングPGは距離を全然感じさせないくらいで、素晴らしいライナー性の弾道はずっと記憶に残るだろう。直後にエースのナイヤラポロがシンビンとなったところでサンウルブズはさらに1PGを追加して遂に逆転に成功する。27分にワラターズに再びトライを奪われるものの31分にPGを返して12-14。ここで1つ取れれば「祭りだ、わっしょい!」になるところ。



しかし、ワラターズは残り10分ないところで2トライを奪いサンウルブズファンのかすかな希望を打ち砕く。個々のプレーの力強さもさることながら、それだけではない。とくに感心したのがイーブンボールに対する反応の速さと正確な処理。イーブンボールというよりも、むしろ先に確保出来そうな感じだったが、あと一歩で確保という瞬間にボールを奪い取られてしまうシーンが散見された。マイボール!と思った時でも慌ててしまってボールを逃してしまう場面は大学生の試合でも散々観ている。

あたかもミスが起こることを想定しているかのような無駄のない動きは、普段プレーしているラグビーの質の違いを感じさせる部分でもある。思うにミスが出るのは、想定していないことが起こると一瞬頭と身体がどう反応していいか食い違ってしまうことに原因があるような気がする。日常の練習でいかにいいイメージトレーニングが出来ているか。とはいえ、12-26の折り返しならまだ望みはある。ワラターズも戦術を変えてくることは当然として、サンウルブズの修正能力も試される。そのために後半は先に1トライが欲しい。



■後半の戦い/失速どころかむしろ加速したワラターズの勢いに感服

得点は4PGのみでワラターズ陣22mに入ってからゴールラインまでの距離がとにかく長く感じられた前半のサンウルブズ。攻めることが出来ていた分だけ思っていたほどは力の差がないように思われる。しかしながら、アタックのテンポアップをさせてくれなかったことや、ボールを奪ったら一瞬でゴールラインまで運んでしまう切れ味の鋭いアタックを見てしまうとやっぱり力の差は大きいと感じざるを得ない。逆襲体制を整えるために必要なのはやはりトライ。

しかし、酷暑をもろともせず後半のワラターズはさらに勢いを増す。消耗戦を乗り切るためには早めの選手交替がポイントになる。メンバーが替わってもパフォーマンスが落ちないという意味で、選手層が厚いワラターズの優位性がより明らかになる。サンウルブズは、後半開始早々の44分、47分に2連続トライを許し12-33と点差はどんどん開いていく。結局サンウルブズは反撃の糸口を掴めないままその後3トライを奪われて12-57で試合終了。終了間際に一矢報いるべく見せた渾身のアタックもゴールラインまで届かず日本でのラストゲームを勝利で飾ることが出来なかった。



試合後のインタビューで46分から出場し気を吐いた稲垣が語った言葉が印象に残る。「相手FWが想定外の戦い方をしてきたことは判ったが対応出来なかった。」と。わかってはいても、個別に対応したのではチームが壊れてしまう。しかし、ここが日本からサンウルブズがスーパーラグビーに参入したことの大きな成果だと思う。今までなら、相手チームのいろいろな引き出しを開けさせるような戦いは出来なかっただろうし、仮に開けさせても対応を考えるところまで行ったかどうか。試合中に劣勢のスクラムの建て直しに成功するなど、勝利に結びつかなくても修正する能力や意思は持てるようになった。

この日は日本でのラストゲームということもあって、様々なファンサービスが用意された。ラグビー場の雰囲気を明るくする力を持っているファンが大勢訪れたのだから、1トライでも挙げていれば盛り上がっただろう。私的には、意思統一の面での物足りなさからくるモヤモヤ感が消えない状況。しかし、今までに知らなかったことの数々を体験させてくれ、しかもそれらは明日に繋がるものばかりだったことを考えれば、困難な状況で戦ったハメットHCを始めとするスタッフ、そして身体を張って戦った選手達に感謝しないわけにはいかない。挨拶に訪れた選手達に力一杯拍手を贈って秩父宮を後にした。



■サンウルブズに感謝の気持ちを込めて/日本代表強化「3段ロケット構想」

改めて。サンウルブズがあったお陰で日本のラグビーファンはどれだけ楽しませてもらったか。春シーズンの空白を埋めただけでなく、世界への道程の厳しさを「可能性」とともに示してくれたことの効果は計り知れない。そして、新たなファンを獲得することができたことも特筆すべきだろう。この日、客席を埋めた2万人弱の観客の大多数は大学ラグビーの試合では見ることのなかった人達だからよけいにそう思う。

「サンウルブズは日本代表強化のためにある。」というのは尤もなこと。しかし、大事な初年度で思いの外日本代表選手を集められなかったことも事実。プロチームである以上、選手もそれに見合うだけのものを求めることは当然と言える。チームの側も勝利を求めることはもちろんのこと、ファンに夢を与えることを考えなければならないはず。メンバー構成は「日本代表強化」のかけ声に反して、多くの外国人選手を含む形のものとなった。

しかし、結果的にそうなったとは言え、カークやモリやデュルタロといった地味だが堅実で屈強なプレーヤー達と契約できたことはプラスに作用したと思う。彼らが居たことでサンウルブズは世界を驚かせるようなトライをいくつも取ることが出来たから。また、サンウルブズで活躍することで日本代表キャップを獲得した選手がいた。ことを考えれば、十分に役割(体技名文)を果たしたと言っていいのではないだろうか。そして、おそらく最高の効果と考えられるのが、試合中にピッチに立った選手達で修正ができるようになったこと。エディ・ジョーンズの果たした役割は確かに大きい。しかし、サンウルブズのHCを引き受けることで日本代表を後退の危機から救い、飛躍に向けての方向性を示したと言う意味でハメット氏の果たした役割も評価すべきだと思う。

エディ・ジョーンズありきの結果論が混じるが、日本代表の強化を3段式のロケットに例えてみたい。ロケット1段目(エディ)の強力な推進力は改めて書く必要はないだろう。問題は2段目(ハメット)の性能だった。1段目のような推力は不要でも姿勢制御の難しさは1段目以上のはず。スーパーラグビー終了後に日本代表監督就任が決まっているジェイミー・ジョセフ(3段目)にいかにいい形でバトンを引き継ぐかもミッションになる。首脳陣とともに、ごく短期間の間に与えられた選手をどのように纏めてチームとして仕上げるかに日々頭を悩ませていたであろうことは想像に難くない。

模索を続ける中でえた結論は、多くの試合でWTB山田がフィニッシャーとなった形でトライを取ることだったと推察される。基本は、セットプレーからFW主体で確実にボールをキープしながら前進させBKにボールを渡してさらに前進を図る。ここで重要なことは、(孤立→ターンオーバーを招きかねない)ビッグゲインを稼ぐことではなく、テンポを落とさずにボールを動かし続けること。強力な突破役が居ないことによる苦肉の策とも言えるが、あくまでも選手間の緊密な連携で孤立せずにパスを駆使して組織的な突破を図る。

トライに繋がった場面を振り返ってみると、最後は独走状態になっても常に3~4人の選手間でパス交換をして相手を崩しきっている。サンウルブズは危険なチームとの警戒心を抱かせたトライは世界に誇れるものだったと思う。勝利と引き分けがひとつずつでも息切れせずに応援できたのはこんなトライをひとつでも多く観たかったから。足りなかったものは足りなかったものとして、ハメットHCは来シーズンに繋がるものを示せたと思う。将来的に「2段目の姿勢制御が素晴らしかった」という評価になったら嬉しい。

あと2戦、負傷者が相次ぐ中、前回の遠征の結果からも南アフリカでの戦いは厳しいものとなることは必至だが、いいイメージを残してシーズンの締めくくりとして欲しい。


女子7人制ラグビー日本代表「サクラセブンズ」の絆 楕円球は努力をした者の方へ転がる
クリエーター情報なし
講談社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早稲田大学 vs 大東文化大学(関東大学春季大会グループB-2016.06.19)の感想

2016-06-28 02:05:53 | 関東大学ラグビー・リーグ戦


2019年のW杯に備えて改修工事に入る熊谷ラグビー場。第24回埼玉ラグビーフェスティバルのメインイベントの早稲田大学対大東文化大学はここでのラストゲームでもある。ひとまず25年間の歴史にピリオドを打ち、2年後にはW杯仕様の競技場として生まれ変わる熊谷ラグビー場は私的日本一のラグビー場。観戦した全試合の半分以上はここで観ていることもあり、いろいろな思い出が走馬燈のように頭の中を駆け巡る。

とくに主要改修箇所のバックスタンドに対する想い入れは一際深い。Aグランドの試合はもちろんのこと、土手の上から観戦したBグランドの試合(なぜか死闘となることが多かった)の数々も忘れることはできない。熊谷ラグビー場は国立競技場のように解体されてしまう訳ではないが、W杯前にお披露目となった時、半分以上が芝生のバックスタンドがすべて客席になった姿を見たときにはどんな想いに駆られるだろうか。

さて、第1試合(立正大と東洋大の言うなれば東武東上線ダービー)を終えたグランドのメインスタンドには、ジェットスモーク効果を演出するマシンが選手入場の通路に沿ってセットされ、両チームの選手の登場待つ。ほどなくして白い霧がピッチに向かって噴射される中を早稲田と大東大の選手達が颯爽と飛び出してきた。大東大はCTBの戸室を欠くもののクルーガー・ラトゥが復帰を果たしたベストメンバー。

中でも注目の選手はNo.8のアマト・ファカタヴァとWTBのホセア・サウマキ。強力なWTB枯渇症に陥っている感がある日本代表やサンウルブズにとっては、喉から手が出るくらいに欲しい2人とも言える。LOのタラウ・ファカタヴァはおそらく後半から登場することになるだろう。対する早稲田の選手達のことは殆どわからない。有望な新人を含むメンバーというのが事前に得た情報だが、けして小粒なわけでもなく春の不振が信じられないような状況だ。ともあれ、ラストゲームに相応しいボールが大きく動くラグビーを期待してキックオフを待った。



◆前半の戦い/大東大のシャンパンラグビー炸裂の前に何もできなかった早稲田

第1試合途中から小雨がぱらつく状態だが、スタンド前方で観戦を続けることにする。メインスタンドから見て右から左に強い南風が吹く中、風下に立った早稲田のキックオフで試合が始まった。大東大は基本的に自陣からもキックを使わずにパスを繋いで攻める。ボールが左に展開されて左WTBのサウマキに渡り大東大ファンから期待の声が上がる。が、堅くなっていたのかノックオンにため息が充満。大東大陣22mでスクラムとなるが、大東大にコラプシングがあり早稲田がゴール前からのラインアウトでゴールを目指す。ここはモールで前進と大東大ファンは肝を冷やしたが早稲田は素早く展開。大東大が今度はノーバインドの反則を取られて早稲田のチャンスが続く。

早稲田がPKを得た位置は22m内のゴール正面。GKを狙わないのは(春季大会なので)納得だが、ラインアウトではなくスクラムを選択したのにはビックリ。よほど自信を持っているのだろうが、大東大の試合を観たらラインアウト→モールが泣き所であることはすぐにわかる。結果論だが、ここが早稲田の躓きの一歩のようにも見えた。果たして、スクラムからボールを左に展開したところでパスミスがありボールがこぼれる。そこにタイミングよく走り込んできたのが大東大の右WTB中川で、そのままボールを拾い一気に加速する。すれ違いになってしまった不運もあり、中川は追いすがる早稲田の選手を振り切って約90mを走りきりゴールラインを超えた。さて、本日の大東大には復帰したクルーガーや昨シーズンの春にキッカーを務めていたアピサイ拓海、意外な所でサウマキなど少なくとも5人のプレースキッカーが揃う。しかし、やはりファーストチョイスは1年生の時から蹴っていた大道。正面のGKを難なく決めて開始から4分で大東大が7点を先制した。これがリーグ戦G屈指のスーパーブーツの1人でもある大道の復活を秘やかに宣言する一蹴りとなった。

リスタートのキックオフで大東大が自陣22m内で再び反則を犯す。早稲田はここでもスクラムを選択する。ここで「スクラムに拘る早稲田」が明確となる。しかし、この選択も裏目に出る。大東大ファンは胸をなで下ろしたに違いないし、個人的な興味としてはモールディフェンスの改善を見てみたかったところ。ここでもターンオーバーがあり、大東大は素早くボールをオープンに展開して今度はサウマキは左サイドを快走する。そのまま相手ディフェンスをぶち抜くかと思われたサウマキだったが、10mラインを越えたあたりで追走していた大道に絶妙のタイミングでラストパスを渡す。左サイドの難しい位置からのキックだったが、GKは風にうまく乗って2本のポストの間に吸い込まれた。



相手のミスにつけ込んだ形ではあるが、大東大がBK陣の走力を見せつける形での2連続トライで早稲田に動揺が走る。強い追い風を受けていることもあり、大東大にキックオフのボール処理でのミスが目立つが、早稲田もそこにつけ込むことができない。ゲームはしばしの膠着状態となるが、16分、大東大は早稲田の反則で得たゴール前ラインアウトのチャンスを活かす。ボールをオープンに展開したところで早稲田に反則。SH小山が間髪入れずにタップキックで攻めてゴールに迫るが、ボールがこぼれたところを早稲田の選手が辛くもタッチにボールを蹴りだす。大東大はやり直しのラインアウトからボールをオープンに展開しほぼゴール正面の位置でラック。SH小山がボールを持ちだして自分で行くと見せたところに絶妙のタイミングで走り込んで来たのが7番を付けた河野。パスのタイミングのずらしが絶妙だったこともあり、河野は一直線でゴールポスト直下に到達した。小山が3本目のGKも確実に決めて21-0となる。

このトライで大東大が完全に波に乗った。23分、大東大は自陣22m内でのスクラムを起点としてボールを右オープンに展開。右サイドまでボールが回ったところでウラのスペースにキックされたボールをアマトが拾ってそのままゴールラインまで到達する。さほど難しい位置ではなかったが大道のGKは外れて26-0。この失敗がなければ大道のゴールキックはパーフェクト(10/10)だっただけに惜しまれる。強力な追い風だったこともあるが、大東大はクルーガーのロングキックでピンチを逃れる場面もあった。大東大は31分にも川向が1トライを追加して33-0とさらにリードを拡げる。

早稲田は反撃の糸口をなかなか掴むこともなく前半も終盤へ。そして終了間際の37分に大東大ゴール前でのラインアウトを起点としたアタックからCTB中野がようやくゴールラインまでボールを運ぶことに成功。GKは失敗に終わるが、5-33と何とか一矢報いる形で前半が終了した。効率よく5トライを重ねた大東大に対し、殆ど何もできなかった印象が強い前半の早稲田。もっとも、大東大のように絶妙なパス回しでディフェンスを崩すことができる大学チームは殆どないと思う。BKにはSH小山を筆頭に1年生からずっとレギュラーを務めている川向、サウマキ、大道が揃い踏みなことも強み。圧巻はラインブレイクに成功したときで、並のチームなら孤立してしまう場面でも大東大の場合は必ず2人から3人はフォロワーがいる。また、パスにしても際どいオフロードは(禁止されているのか)使わずにタイミングと深さとアングルを使い分けて確実に繋ぐことができる。また、強力なサウマキやアマトばかりに気を取られていると、大道や川向や中川、そして抜け目のない小山に間隙を突かれる。早稲田は相当に戸惑ったに違いない前半の戦いぶりだった。



◆後半の戦い/前半の流れは変わらず、トライの山を築いた大東大

後半は風上に立つ早稲田。何とか先に得点を挙げて挽回したい。そのためにもボール支配率を高めることが先決というファンの気持ちが通じたのか、追い風にも乗って序盤から積極的に攻めてペースを掴む。2分には大東大陣ゴール前のラインアウトで相手ボールのスチールに成功してゴールを目指すが惜しくもドロップアウト。ドロップキックでのリスタートで大東大に反則があり、ゴール正面の位置ながらここも早稲田はスクラムを選択。ここで、今までため込んできたエネルギーを爆発させるかのような怒涛の攻めを見せ、後半から出場した2年生の佐々木がゴールラインを越えた。GKは失敗に終わるが10-33と早稲田が追撃態勢を整えた。早稲田では前半にトライを挙げた中野、たびたびランで魅せたFB梅津のルーキーコンビなど下級生の活躍が目立つ。逆に言うと、上級生が目立たないとも言える。何となくだが、ルーキーコンビのプレーに痺れを切らした様子が見て取れた。

このまま早稲田は得点を重ねて逆転への道筋を作りたいところ。しかし、勢いを感じさせた集中力も長くは続かなかった。勢いに乗りかけた早稲田にどどめを刺したのが大東大のNo.8アマト。11分、早稲田陣22m内での大東大ボールのスクラムとなれば、大東大がやることは決まっている。そして、ファンの思い描くイメージ通りにアマトが8単でタックラーに絡まれることもなくゴール中央までボールを運んだ。わかっていてもタックルにすら入れないランニングのコース取りはビューティフルとしか言いようがない。昨シーズンは不慣れな感じがあったNo.8のポジションもすっかり板に付いてきた感じ。身体も一回り太くなった印象で成長のスピードも速い。ちなみに、この日は早稲田のキックオフでリスタートとなる形が多かったが、アマトがハイボールキャッチを一手に引き受けていた。キャッチングの技術と安定性はサンウルブズのフィルヨーンと比べても遜色がない。やはり、早い段階で上のレベルの経験を積むべき選手だと実感した。



大東大の緩急、剛柔をまじえた組織的なランニングラグビーに早稲田は為す術もなく失点を重ねる。16分には早稲田陣ゴール前のラインアウトを起点としてサウマキがアマトに負けじとトライ。他のチームならサウマキは単独でも強引にディフェンスを破ってゴールを目指すところ。だが、大東大にはサウマキとは全く違った曲者ランナーの大道も居る。カウンターアタックが典型的だが、自陣でボールを持つ場面でも、そして前にディフェンダーが立ち塞がっていても「抜くこと」を最優先に考えているような選手。また、実際に切れ味鋭いというよりは強気の固まりみたいなステップでタックラーをスルスルと交わしていく。おそらく相手の体重移動の瞬間を捉えるのがうまいのだと思う。ステップを切りまくっているように見えて、実際はほぼ直線コースを走っているはずだ。ディフェンダーが左右に振られるのでヨコに派手に動いているように見えるのかも知れない。サウマキが数人を引きつけたところで大道にタイミングよくパスが送られる瞬間は見ていてワクワクする。

早稲田ファンには申し訳ないが、リーグ戦Gウォッチャーであることは差し引いても、殆ど(早稲田について)書けることがない。30分には後半20分にサウマキに代わって登場した岡が、32分にはアマトのキックオフキャッチを起点としてアピサイがトライ。37分にも早稲田陣ゴール前での相手ボールスクラムをプッシュしてこぼれたボールを拾ったLO服部がトライを奪った。そして、特筆すべきは上でも書いた大道のゴールキック。この日大東大が挙げたトライ10本(前後半5本ずつ)に対し、ゴールキックを9本成功させた。それも前半は強い追い風で後半は逆に強い向かい風。角度がないところからも決めている。前線で身体を張ったFWの選手達を含め、大東大の個性的なランナー達が縦横無尽に駆け巡って華を添える形で熊谷ラグビー場の25年の歴史にひとまずピリオドが打たれた。



◆試合終了後の雑感

パス回しが冴え渡った大東大については言うことがない。サウマキやアマトに気を取られて他の個性的なランナー達の突破を許した早稲田のディフェンスの問題はさておいても、私が観た範囲では青柳体制になってからの大東大のベストゲーム。今までのベストは一昨年に同じく春に観た慶應戦だったが、選手達の動きの自由度の高さではこちらに軍配が挙がる。スローフォワードが何本かあったことを除けば、ほぼ完璧と言えるパスラグビーだった。FWの力が未知数とはいえ、このラグビーをされたら止められるチームは限られると思う。メンバーからみても今年がチャンスの大東大が頂点を目指すためには課題のモールディフェンスの強化がカギになると思う。

だからという訳でもないのだが、序盤からスクラムに拘った早稲田の戦術には大きな疑問符が付く。敵陣での反則で得たラインアウト→モールのチャンスを活かせば得点が10点で終わることはおそらく無かったはずだし、ここまで一方的な展開にはならなかったと思う。スクラムに自信を持っていることは判ったが、大東大も十分に対抗できていたし、失点もスクラムの選択から生まれている。もうひとつ気になったのは選手同士のコミュニケーション。大東大はプレーが止まっているときにBKの選手達が頻繁に意見交換をしていたが、早稲田の選手達の間には(声は出ていても)密なコミュニケーションがあるようには見えなかった。さらに、これは明治と流経大の試合でも感じたことだが、明治と同様に有望新人が「痺れを切らして踏ん張る」という場面が散見されたことも気になる。大東大の攻勢が目立ったとは言え、68-10の試合になってしまったことが信じられないというのが率直な感想だ。

◆ピッチに降りたって感慨に浸る

この日は改修工事前の熊谷ラグビー場でのラストゲーム。試合終了後にセレモニーが行われ、その後は観客も参加して記念撮影となった。トライの山を築いての快勝だったこともあり、ピッチ上はまるで大東大のファン感謝デーのような状態と化していた。ここでも人気を集めていたのはアマトとタラウの兄弟とサウマキで、子供達にも愛される好青年たち。小山や大道らの主力選手達もファンの求めに応じて写真に収まっていた。こうして改めてグランドレベルで選手達を観ると、アマトは(俊敏なのに)より大きく感じられ、小山はピッチ上でよりも小さく感じられるから不思議だ。

全員集合での記念撮影の後、ここで観た数多くの試合のことを振り返りながらしばし感慨に耽った。埼玉県民にならなければここを訪れることはなかっただろうし、ここを中心として行われていた関東リーグ戦Gの試合を観なければこうしてブログで観戦記を書くこともなかったと思う。ラグビー観戦が間違いなく生活のエネルギーになっていることを思うと、そんなきっかけを与えてくれた熊谷ラグビー場に対しては感謝あるのみだ。


ラグビーマガジン 2016年 08 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
ベースボールマガジン社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

専修大学 vs 日本大学(関東大学春季大会グループC-2016.06.05)の感想

2016-06-07 02:20:07 | 関東大学ラグビー・リーグ戦


スーパーラグビーの「サンウルブズ・ロス」の週末はやはり物足りない。しかし、関東大学ラグビーの春季大会が同時並行で進んでいるので寂しくはない。この大会は優勝したからといって表だって「いいこと」があるわけではない。しかし、だからこそチーム作りには最適の大会と言える。トレーニングマシンを相手の格闘も重要だが、実戦を通じて足りないところを自覚しながら練習に励む方が楽しいはず。この日は遠隔地の試合も含めると全部で8試合が組まれている。さて、何処に行くか?

稲城の日大の試合にするか法政グランドの拓大の試合にするか迷ったが、専修と日大の因縁の対決の方を選んだ。1部復帰を果たしたもののまったく安心できない日大に対し、残念ながら再昇格にチャレンジとなってしまった専修。どちらにとっても対戦相手は春の1つのターゲットといっていい重要な試合を見逃す手はない。専修のセブンズ仕込みのパス回しの巧みさもさることながら、日大もFWゴリゴリではなくパスに活路を開くラグビーを指向しているから、両チームの持ち味が活きればボールが大きく動くラグビーになるはず。そんな期待を胸に、久しぶりとなる稲城の日大グランドに向かった。

日大グランドの最寄り駅は京王線の(稲城ではなく)若葉台。かつては鋼板塀が目立った駅前も整備がすっかり終わり、モダンな街へと変貌を遂げていたことにまずは驚かされた。駅を降りてからは線路沿いに歩いてグランドに向かうが、ここはかつてと同じカントリーロードで一安心。しかし、グランドの入り口に着いたところでまたビックリ。「HURRICANES」のロゴが浮かび上がる立派なクラブハウスはかつてなかったもの。さらにしばらく歩いてグランドに着くと仮設のスタンドも用意されていた。以前は丘の上の木の間から試合を観ていたことを思うとこれも嬉しい。

思い起こせば、このグランドが出来たときのピッチは天然芝だった。大学選手権ベスト4進出も果たし、明るい未来が描けていたのが当時の日大。リーグ戦グループの1部校では関東学院に次いで芝生のグランドを持ったことで大きな飛躍が期待されていたことを思い出す。しかし、そんなこととは裏腹に、その後の日大は苦難の連続でなかなか上位に浮上できずにここまできてしまった感が強い。

新体制になって(何度目かの)再出発を期す日大に対し、12月には再び歓喜の嵐に浸りたい専修。両チームのメンバー表を眺めても正直なところお馴染みの名前は殆どない。日大は昨シーズンが最終学年だったキテを最後に留学生はすべて卒業した。試合前のアップを観ていると専修が纏まって効率的に身体を動かしているのに対し、日大はどちらかと言えば伸び伸びムードと対照的。戦前に頭の中に浮かんだのは、専修のアタックに日大が翻弄される光景だったのだが...



◆前半の戦い/日大の鮮やかな先制パンチの連打に出遅れた専修

初夏にしては涼しめの天候でやや強い風が心地よく感じられる。そして、なんとか雨も上がり安堵。ホームの日大のキックオフで試合が始まった。セブンズ仕込みのパスラグビーを信条とする(おそらく)の専修が自陣から果敢にアタックを試みるが、日大のディフェンスに遭ってノットリリースの反則。日大は専修陣ゴール前のラインアウトからモールを形成してゴールを目指すがアクシデンタルオフサイド。専修はタッチキックでいったんピンチを脱する。

3分、日大は専修陣10m付近のラインアウトからオープンに展開してアタック。9シェイプで接点を順目に移動させながらBKに展開とシンプルなスタイルだが小気味よいアタックで専修を脅かす。ここで早くも日大のキーマンはSH李とわかる。昨シーズンにデビュー(おそらく)を果たした遅咲きのSHでインパクトプレーヤー的な活躍が目立った有久と併用されていたと記憶。テンポよくボールを捌き、ミスがないため確実にボールが前に運ばれる。ここでも日大にスローフォワードがあり専修はピンチを脱するが、本来自分達がやりたいことを日大にやられてしまっている感が強く、防戦一方となる。

5分、日大はスクラムを起点とした相手キックに対するカウンターアタックからラインブレイクに成功して一気に専修陣奥深くへ。ここからしっかりオーバーラップを作って右WTB竹澤がゴール右隅に走り込む。右サイドの難しい位置からのGKをSO金が確実に決めて日大が幸先よく7点を先制した。日大の鮮やかな先制パンチに動揺が走ったのか、専修はキックオフでダイレクトタッチのミス。これはやってはならないミス、トップスリーの筆頭であり、相手のセンタースクラムからのアタックは高い確率で失点に繋がる。日大はエリアを取るキックを選択し、専修陣22mでバウンドしたボールがタッチを割るが、ここでも専修に痛いミス。ラインアウトのボールを日大にスティールされて確実にボールを繋がれ、WTB竹澤が早くも2トライ目を記録。GK成功で日大のリードは14点に拡がる。



勢いに乗る日大が完全にペースを掴んだ。15分には専修陣10m/22mの位置でのラインアウトからモールで前進。今度はFWで確実にボールを前に運び、最後はHO徳田がトライ。SO金の左足によるキックは安定しており、日大のリードは21点となる。日大のFWのキーマンは長身LOの孫(193cm、97kg)。現在サンウルブズで活躍するOBの細田を太めにした感じの選手だが、高さだけでなくフィールドプレーでも光る選手であることがその後分かる。専修はその後もたびたびラインアウトでマイボールをミスしたのも、スローイングが不安定だったことがあったにせよ、孫の高さが効いていたことは間違いない。

このまま日大が突っ走ってしまうかと思われたが、ボールを支配する時間帯が長かった日大の方にオーバーザトップやハンドなどブレイクダウンでの反則が目立ち始める。必然的に専修に日大陣でのラインアウトのチャンスが増えていくが、上で書いたようにマイボールをスティールされたり弾かれたりと殆どチャンスを活かすことができない。また、モールに持ち込んでも日大のモールディフェンスが機能したためゴールは遠い状況が続く。しかし元来BKのパス回しの巧さを持ち味とするのが専修。22分、日大陣10m/22mのラインアウトをクリーンキャッチしてボールを一気にオープンに展開。ここでCTBが絶妙のフェイクを入れてラストパスをWTB夏井に渡す。GKも成功して7-21と専修が一息ついたかっこう。

ゲームがようやく落ち着いたところで、専修が徐々に持ち味を発揮し始める。日大はテンポよく攻めるものの、あと一歩のところで反則を犯してチャンスを潰すが、専修もラインアウトが不調。そのため得点板が動かない拮抗した展開となったとも言えるのだが、前半も終盤に入った32分に専修が1トライを返して点差を縮める。専修はHWL付近のラインアウトからボールをいったんオープンに動かした後、反転してショートサイドを攻めてフリーとなったFB田辺が左サイドを一気に走り抜けてトライ。GKは失敗するが12-21と専修のビハインドは9点となる。このまま専修が後半に望みを繋ぐ形で前半が終了。両チームともBKでのパス回しに活路をひらくチームとはいえ、FWでのゴリゴリが少なくボールが大きく動く試合はやはり観ていて楽しい。



◆後半の戦い/先手を取りたかった専修だが、テンポよく攻める日大優位の展開は変わらず

シンプル・イズ・ベストでテンポよく攻める日大が優位に試合を進めた前半。しかし終わってみれば日大のリードは9点で終わっているのが意外だった。後半に逆転を期す専修としては、先手を取って日大にプレッシャーをかけたいところ。後半は専修のキックオフで開始。専修は日大の蹴り返しに対するカウンターアタックからFB田辺が大きく前進、パスを受けたWTB夏井が日大ゴールに迫る。この日一番というくらいに専修の応援席が盛り上がるが、夏井はあと一歩というところでタッチに押し出されてしまう。ピンチを脱した日大は7分、自陣10m付近のスクラムを起点としていったんショートサイドを攻めた後、SH李からパスを受け取ったPR1の金大毅が一気にゴールまでボールを運ぶ。GKも成功して28-12と日大が専修を引き離す。

試合の流れは完全に日大に傾くかと思われた。しかしながら、専修に起死回生の一撃が生まれる。キックオフされたボールを日大が自陣から蹴り返したところでチャージに成功。SO小田が日大ゴールにあと一歩まで迫ったところで日大に反則。専修は間髪入れずに攻めてPR3古屋主将がトライを奪いGKも成功して19-28。後半も接点での反則が目立つ日大は、一転して自陣22mからなかなか脱出できないピンチの連続となる。専修はFWに拘りをみせてラインアウトからモールを形成してトライを狙うものの、日大の粘り強いディフェンスの前になかなかゴールラインが超えられない。

FW主体で攻める専修に対し、FW8人の結束で堪える日大といった形で日大陣22m内での攻防が続く。あと一歩が超えられない専修の選手達に対し、応援席からの声援は一際高まるものの、ここでも明暗を分けたのがラインアウト。24分、日大陣ゴール前で専修がまたしてもマイボールをスティールされて万事休した。それでも日大のピンチは続く。27分、日大のFL山田が反則のくりかえしによりシンビンを適用されたことで、日大は残りの殆どの時間帯を14人で戦うことになった。

29分、専修は日大ゴール前で得たPKでスクラムを選択し8単からゴールを目指すが惜しくもパイルアップ。やり直しのスクラムで再度ゴールを目指すもののパスが甘くなったところを狙われて痛恨のインターセプト。ボールを確保したWTB星野は快足を飛ばして一気に専修ゴールまで到達。GK成功で35-19となり、残り時間からも日大の勝利がほぼ確定。専修がひとつ取っていれば逆転に繋がるトライだっただけに悔やんでも悔やみきれない。37分、日大はさらに1トライを追加して遂に40-19のダブルスコアとなる。ここまで100%の成功率だったGKは失敗に終わるものの、SO金の安定したGKが日大に勝利に華を添えた。



◆試合終了後の雑感

試合前の私的予想は「専修が日大のディフェンスを翻弄」だったが、始まってみれば主導権を握ったのは戦術を固めて積極果敢に攻めた日大。何となくだが、試合前のアップで自信を持っているように見えたのは専修の方だった。おそらく、専修は「自分達のラグビーができれば勝てる」と踏んでいたのではないだろうか。だから、開始直後から受けに回り防戦一方となってしまったことで選手達は動揺したのかも知れない。そう考えると、先制された後のキックオフのミス(ダイレクトタッチ)が本当に痛かった。

もちろん、ラインアウトの絶不調もあったが、15分間で3連続失トライを喫してしまったことが専修の歯車を狂わせたと言える。また、BKへの展開を持ち味とするチームがFW戦に拘った時間帯があったことも疑問。日大の戦術が一貫していたのとは対照的だった。日大の反則多発(前半5つ、後半8つの計13個)がなければもっと点差が開いたかも知れない。力が拮抗していれば、メンタルの差が明暗を分けるラグビーの怖さを観た想いがした。



◆再スタートに向けて視界良好の日大

新体制となることが伝えられてもなかなかスタッフが発表されないなど、不安を抱かせた日大の(今度こその)再スタート。しかし、この日の溌溂とした戦いぶりを観て、そんな不安は払拭された。突出した選手が居ないことで15人の纏まりで勝負するチームになっていることがプラスに作用していることは間違いない。かといって、組織に縛られたような窮屈さはなく、選手個々が役割を果たす形で伸び伸びとプレー出来ているように感じられた。旧体制の頃とは明らかにチーム内の空気が変わったとみていいと思う。

もちろん、ブレイクダウンでのプレッシャーが強力で、個々の強さもある上位校との対戦を考えた場合、日大はこのラグビーを遂行するにはパワー不足と思われる。しかし、ここまでに観てきた流経大、大東大、法政と比べると実はチームの基盤が一番出来ているが日大という印象を持ったことも事実。まだ潜在能力の段階だが、選手1人1人を見ていると結構個性派揃いという印象も受ける。それと、この日も印象に残ったパス回しは旧体制時代の遺産。選手起用法などいろいろと考えさせられところがあったとはいえ、いい部分もあるはずでそこは活かすべきだと思う。

◆余談ながら

日大の新体制では元監督の阿多氏を支えた人達が「復活」を担うことになるようだ。伊藤武コーチは流経大OBだが、1部昇格2年目の年に主将としてチームを引っ張った選手だったことをよく覚えている。そして、おそらくは対戦相手としての日大の強さを身をもって体験したはず。伝統を重んじるチームほど外部の血を導入することに躊躇があるようだが、チーム再建を考えるなら、チームの強さやいい部分を外から客観的に見てよく知っている外部の人材を活用することを選択肢に入れてもいい。懐かしい人の名前を目にしてふとそんなことを思った。

ラグビーマガジン 2016年 07 月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
ベースボールマガジン社
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

インビクタスからサンウルブズへ/ラグビーが結ぶ点と点(2)

2016-05-31 02:21:52 | 頑張れ!サンウルブズ


スーパーラグビーの第14節でサンウルブズはブランビーズに惨敗し、遂に10敗目を喫した。ウィンドウマンス明けに行われる残り3試合も厳しい相手で最下位の可能性がより高まったと言える。しかし、悲観的な材料だけではない。少なくとも、春シーズンに最高レベルのラグビーを楽しめるのは過去にはなかったことだし、1戦1戦を大事に戦うことで日本のラグビーに足りないものを明確にしてくれる。もしもサンウルブズがなかったら、そしてその可能性はけして小さくなかったことを思うと、2015年9月19日は永遠のメモリアルデイになるだろう。

この日、英国ブライトンで起こったこと、すなわち、第8回ワールドカップでの南アフリカ戦勝利は世界から見ると「史上最高の番狂わせ」だが、日本のラグビー関係者の立場からは日本のラグビーを救ったという意味で「世紀の大勝利」に他ならない。思い起こせば大会前、日本のラグビーの実情を知る人ほど将来に対する希望が持てない状況になっていたことを考えると、その思いがより強くなる。

件のワールドカップ開催が目前に迫った某日、印象に残ることがあった。NHKラジオの夜の番組の「ワールドネットワーク」を偶然聴いていた時だった。海外在住の日本人に電話でインタビューをしてその土地の話題を語ってもらう番組で、海の向こうで受話器を握っていたのは南アフリカ在住の日本人女性。NHKのアナウンサー(男性)が「南アフリカではどんなことが話題になっていますか?」と問いかけたとき、「今は国中がラグビーのワールドカップの話題で持ちきりになっていますよ。」と。続けて「日本でも南アフリカの選手がトップリーグで活躍していますね。例えばサントリーにデュプレア選手(以下、チーム名と選手名がスラスラと出てくる)が所属していますし。」

ここで、アナウンサー氏の反応が「そうですね、南アフリカの強力な選手達の活躍は日本でも大きな話題になっています。」と答えることが出来れば100点満点だった。しかし、氏が海の向こうから電話回線を通じて届く熱い気持ちに殆ど答えられないでいるのが、ラグビーファンとしてはもどかしかった。そして、決定打がでてしまう。「ところで、南アフリカはどのくらい強いのですか。」 もうラグビーファンなら卒倒しそうな質問。中には頭に血が上って、「そんなこと(南アフリカが世界の最強国のひとつであることはラグビーに留まらず世界スポーツ界の一般常識)も知らないのか。」と抗議の電話の1本も入れたかも知れない。

しかし、アフリカ大陸の最南端にいる日本女性は賢明だった。おそらく、普段から彼の地と日本ではラグビーに対する空気がまったく違うことを肌身で感じて居たのだと思う。アナウンサー氏が抱いた素朴な疑問に丁寧答えることで、ワールドカップに日本が出ることや、緒戦の相手が南アフリカであること等を日本のリスナーに伝えてくれたのだった。今となっては笑い話だと思うし、件のアナウンサー氏も同じ機会が訪れたら、「日本に敗れた南アフリカですが、その後のチームの状態はいかがですか?」という質問が普通にできるようになっているはず。

こういった日常の一コマを見ても、ラグビーが宗教とも言われている国との間には体感以上の温度差があったことは間違いない。だから、南アフリカに勝利したことは想像を絶するくらいに大きな出来事だった。その後にサンウルブズが無事出陣できたことも「南アフリカ効果」のひとつと言って間違いないだろう。さらに言えば、日本にとって南アフリカがけして遠い国でなくなったことも大きい。

■映画『インビクタス』のこと

原作を読み終えた後、録画しておいた『インビクタス』を改めて観た。1995年に南アフリカが開催された第3回ラグビーワールドカップの決勝戦、すなわち南アフリカがひとつになった瞬間に至るまでの数年間を切り取って映画化したのがこの『インビクタス』。原作はそこに至るまでの苦難の道程をネルソン・マンデラの「戦い」を通して克明に描いているが、映画はそこにはあえて触れていない。

オープニングでは、道路を隔てて立派なグランドでラグビーの練習に励む欧州系の少年たちに対し、荒れたグランドでサッカーに興じているアフリカ系の少年たちの姿が描かれている。そこに通りかかったのが、大統領に就任したマンデラたちを乗せた車列。道路の両端でのまったく違った反応、方や熱烈な歓迎、方や「誰だ?何故騒ぐ?」の冷めた反応といった具合に、示唆に富んだ場面が続く。あえて細かい説明は避けて、観る者に「何か」を感じさせるスタンスでこの映画は作られている。

終盤の最高のクライマックスシーンもさることながら、スタジアムで熱狂する観客の姿が実際に試合を観ているかのように再現されている場面に驚かされた。試合の場面からは近接撮影ならではの肉体のぶつかり合いの迫力が伝わってくる。やはり、マンデラその人になりきっているモーガン・フリーマンが素晴らしい。そして、ピナールを演じるマット・デイモンも。最初に観たときに、ひときわ印象に残ったのは、この2人が出逢う場面。大統領が主将に託した使命を思うと、日本代表のキャプテンにここまでの重圧がかかることは今後もおそらくないだろう。それは、日本にとって幸せなことに他ならないのだが、スプリングボクスだけでなく、オールブラックスもたぶん同じなんだろうなと思った。

そして改めて感じたことは、この映画の製作にはアメリカの巨大資本と有名監督(クリント・イーストウッド)が必要だったということ。資金の問題は別にしても、南アフリカのスタッフで撮ることは困難だし、原作者の母国である英国のスタッフで撮ることも困難。人種問題を抱えるアメリカで、かつ有無を言わさずという力がある有名監督でなければ撮ることができない映画があることを実感させられた。そして、さりげないカットの中に込められたメッセージを読み取ることで、その背景にあるものに興味を抱かせる。2時間あまりという限られた時間の中で、「マンデラと南アフリカの知られざる物語」に目を向けるようにすることがこの映画の隠されたミッションでもあるのだ。

■原作『プレイイング・ザ・エネミー』のこと

映画『インビクタス』は上でも書いたように、ジョン・カーリンの “Playing The Enemy”の中のハイライトシーンを切り取って映画化したもの。原作はネルソン・マンデラが類い希なる人間的魅力と巧みな戦略により、如何にして「敵」を味方につけていったかを描いたヒューマンドキュメント(ノンフィクション)になっている。南アフリカをひとつに纏める困難な作業の最後の切り札になったのがラグビーだったわけだ。ラグビーファンはスプリングボクスが世界最強チームだと知っていても、なぜ世界のラグビーシーンから閉め出されていたかの真相を知ることになる。

アパルトヘイト時代の南アフリカでは、人種が4つに分けられていただけでなく、同一人種、例えば欧州系の人達の間でも格差があったことなどは日本では殆ど知られていなかったと思う。そんな様々な立場の人達(すべてがマンデラにとっては敵だった)を味方にしていく気の遠くなるようなプロセスを文章で追いかけていくのは正直しんどい部分がある。しかし、一刻も早くラストの歓喜の瞬間に到達したいという気持ちが前へと向かわせる。そういった意味からは、映画を先に観て感動を味わったことはプラスだったと実感している。原作を読んだあとで再び映画を観ると、新たな発見があるという具合に映画と原作は連動している。

確かに映画はアメリカでないと製作が難しい。しかし、ノンフィクションに仕上げるのはジョン・カーリンのような南アフリカ滞在経験を持ち、ラグビーやサッカーにも通じている英国人のジャーナリストでないと難しいことも実感した。マンデラの敵でなくなった多くの人達にインタビューを試みることは、並大抵のことではなかったはず。そういった意味でもクライマックスシーンを感動なくして読み終えることはできない。

■インビクタスからサンウルブズへ

時代も場所も背景も違うが、実はサンウルブズの戦い(苦闘)にインビクタスに通じる者を感じる。サンウルブズの直接の相手はスーパーラグビーの南アフリカカンファレンスに所属するチーム。何故か南アフリカという点はさておいても、間接的に見えてくるのは、日本のラグビーに立ちはだかる様々な問題や課題が相手でもあるということ。対立的要素であったり、矛盾点であったり、あるいは世界のラグビーから取り残されている部分をファンの気持ちをひとつにすることで溶かしていく潜在的能力を持つのがサンウルブズと言えないだろうか。

サンウルブズは南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、トンガ、フィジー、サモア、アメリカ、アルゼンチンといった国々からやってきた選手から成る多国籍軍。中でもひときわ注目の人になっているのが南アフリカ出身の鉄人フィルヨーン選手。堅実なFBとしてチームに欠かせない存在だが、プレーに南アフリカ魂といったらいいのか人一倍の芯の強さがある。派手さはなくても、ひとつひとつの確実なプレーは活きた教科書と言えるくらい。

フィルヨーンに限らず、南アフリカの選手達には肉体の強さの中にも激しさと優しさが同居しているようなところに人間味を感じる。例えばの話、トップリーグのチームに必ず1人は必要ではないかと思ってしまうくらいの存在感を感じる。『インビクタス』を観て、そして『プレイイング・ザ・ゲーム』を読んで、南アフリカの選手達の精神面のバックグラウンドが分かったような気持ちになったし、愛着が深まったことは間違いない。


インビクタス~負けざる者たち
ジョン カーリン
日本放送出版協会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加