一緒に世界の将来について考えよう

世界の将来について、一緒に考えていくブログ
-2006年から大恐慌の到来を予想
-6年半ぶりに投稿

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イランとイラクの接近

2006-09-14 12:43:48 | 中東問題
かねてから指摘してきた通り、シーア派イラクは、イランにとっては、漁夫の利で生まれた兄弟国であり、イスラム教内の宗派バランスにも大きな不均衡をもたらしている。予想通り、イランとイラクが接近の動きを示してきた。特に、核問題でイランへの風当たりが強まる中で、イラクとの関係の強さを示すことは、アメリカに対する有効なメッセージとなる絶好のタイミングと言えるだろう。


◎「イラン、イラクは相互内政不干渉」両国が共同声明
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060914AT2M1400714092006.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (大)不況がやってくる!?... | トップ | (大)不況がやってくる!?... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。