一緒に世界の将来について考えよう

世界の将来について、一緒に考えていくブログ
-2006年から大恐慌の到来を予想
-6年半ぶりに投稿

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イラク首相府、「クルド自治区旗」の掲揚を非難

2006-09-04 18:27:49 | 中東問題
5/1、8/28の投稿で取上げたクルド人問題は、より深刻さを増している様だ。自治区政府のバルザーニ議長は「(旧フセイン政権による)脅しの時代は終わり、何者もクルド系住民に指図できない」と激しく反発し、「独立宣言が我々の利益になるのならば、そうすることになる」とまで発言している様で、このまま行くと、対立はより先鋭化するだろう。8/7に書いたのは、シーア派とスンニ派の対立であるが、それに乗じたいクルド人の動きと合わせ、イラクが分裂するリスクについても、注視が必要である。


◎イラク首相府、「クルド自治区旗」の掲揚を非難
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060904AT2M0400B04092006.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「REITバブル」考 | トップ | 米国不動産市場の冷え込みは1... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。