一緒に世界の将来について考えよう

世界の将来について、一緒に考えていくブログ
-2006年から大恐慌の到来を予想
-6年半ぶりに投稿

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パレスチナ、米欧などの援助打ち切りで破たん危機

2006-09-13 20:20:10 | 中東問題
過去に取上げたこともあるが、米欧などの援助打ち切りで、パレスチナが経済破たんの危機にあり、2007年の失業率は最大で約52%にのぼる恐れがあると言う。パレスチナでイスラム原理主義組織ハマスが主導する内閣が発足したことに端を発した経済制裁であるが、ハマス政権を駆逐するよりも前に、人道的に問題がある水準まで生活レベルが落ちた場合、アラブ人の間の反欧米感情は一層悪化することは、想像に難くない。結果的に、一層激しいテロ活動に、イスラム過激化を追い込む可能性もあり、要注意の状況だろう。


◎パレスチナ、米欧などの援助打ち切りで破たん危機
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060913i206.htm
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (大)不況がやってくる!?... | トップ | 小学生の校内暴力、過去最悪... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。