一緒に世界の将来について考えよう

世界の将来について、一緒に考えていくブログ
-2006年から大恐慌の到来を予想
-6年半ぶりに投稿

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イラク駐留の英軍が武装勢力に敗退?

2006-08-25 14:33:51 | 中東問題
さて、今後は中東情勢。8/7にイラク内戦の可能性について書いたが、イラク情勢が欧米のコントロールの効かないところに行きつつあるのではないかという一つの示唆を示す事例。イランは、ヒズボラによる陽動作戦(7/22投稿参照)だけでなく、イラクを内戦に追い込み、純粋なシーア派政権を作ることで、最終的には、イランとの合併など、大イラン構想に進むことも、視野に入れる必要があろう。


◎イラク駐留の英軍が武装勢力に敗退?・基地を捨て移動
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060825AT2M2500725082006.html
 イラク駐留英軍は24日、南東部マイサン州の州都アマラ近郊の基地から撤退した。連日のように続く武装勢力の迫撃弾攻撃に音を上げた格好だ。駐留多国籍軍の部隊が任務の途中で基地を捨てるのは異例で、事実上の「敗退」との見方が強い。兵士約600人はイラン国境に近い砂漠地帯に移り、同国からの武器密輸の阻止に専念する。

 英軍のバルブリッジ報道官は撤退について「マイサン州の武装勢力は自分たちが英軍を基地から追い出したと主張するだろうが、それは間違い」と指摘。一方で、迫撃弾攻撃が撤退理由の一つであることを認めた。

 部隊は今後、国境地帯を軽装備で移動する。英軍はイランがイラクのイスラム教シーア派武装勢力に武器を提供していると非難している。

 英軍は7月、南部ムサンナ州で警備対象だった陸上自衛隊の撤収を見届け、同州での駐留を打ち切ったばかり。(バーレーン=加賀谷和樹) (10:05)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月の米中古住宅販売4.1%減... | トップ | 中古だけでなく新築も在庫の山! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。