人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

働き方の多様化制度導入率、「フレックスタイム」が最多/民間調査

2016-11-01 23:55:08 | 労働時間



こんばんは。 株式会社workup人事コンサルティングです。

産業界労使、学識経験者などで構成している公益財団法人日本生産性本部は、

このほど、「第15回日本的雇用・人事の変容に関する調査」の結果を

公表しました。

それによると、正社員の働き方の多様化・柔軟化に関する制度の導入率は、

「フレックスタイム制度」が49.6%で最多との結果となりました。

以下、「在宅勤務制度」18.8%、「専門業務型裁量労働制」17.3%、

「短時間正社員制度」16.5%、「企画業務型裁量労働制」10.5%、

「朝型勤務(始業時間繰り上げ)」9.8%と続きますが、

いずれも導入率は低い傾向にあることがわかります。


■日本生産性本部HP

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【公式サイト】
株式会社workup人事コンサルティング

社会保険労務士内野光明事務所
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「役割・職務給」の導入率は... | トップ | 残業した人の4割が「サービ... »
最近の画像もっと見る

労働時間」カテゴリの最新記事