■GYMニュース:難度はA

猛暑でも、世界の体操ニュースを

中国が全日本個人総合を分析 内村が「また奇跡」

2017-04-19 14:38:35 | 各国ニュース

ようやくきました!中国による、全日本個人総合選手権(7日~9日・東京)の男子についてのレビュー

中国体操協会

わかる範囲での概要は以下の通り。
前半は内村航平選手について。十連覇(2008年から2017年)の成績を表にして紹介しています。

・予選の失敗は十連覇に影響せず
・技術、安定感、心理面、すべてが素晴らしく(決勝では)全種目ミスなし
・連勝記録を伸ばし、また奇跡をみせた
・現在の体操界で、並ぶ者のない「奇才」(すぐれた人材)

----------
後半は、全般的なレビュー。

・個人総合では昨年まで90点台、ルール改正後は86点台で「一流選手」と言えそう
・ただし、今年の国際大会で優勝者に(ベルニャイエフも含めて)86点は出ていない
・今大会、予選で86点台は4人。昨年90点台が2人だったことを考えると、すでに日本の個人総合は去年より強力
・毎年若手が台頭し、ベテランも負けてはいない。日本チームの未来は明るい

若手では、特に千葉健太、谷川航、武田一志に注目。また、日本の弱点であるつり輪に関してはほとんど強化されていないとし、これが団体戦に影響するかもしれないと分析。加藤凌平アメリカンカップ(3月)もふるわず、体調が悪いのかと推測しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジアジュニア選手権に、大... | トップ | 欧州選手権が開幕 上位にスイス »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。