■GYMニュース:難度はA

9月も、世界の体操ニュースを

2016年体操大賞

2016-12-28 08:42:11 | 賞・勲章・セレモニーなど

今年もあとわずか・・・
2016年体操大賞を発表します

内村航平選手
オレグ・ベルニャイエフ選手(ウクライナ)

リオ五輪での個人総合優勝あらそい、そのあとの記者会見、年間を通じた好成績などが受賞理由。
欧州体操連合(UEG)の記事では、「内村とベルニャイエフは抱き合いお互いを祝福」「激闘のあと、『「品格』を示した」としています。



この賞は、今年の体操界でもっともインパクトのあった選手、団体、モノなどに贈られる賞で、ブログ主(ワタシ)が独自に、かつ勝手に決めるものです。名前だけは大げさですが何の権威もありません

----------
今回はさらに「がっかり賞」も・・・
ベアニー(欧州選手権のマスコットのクマ

着ぐるみといえるものではなく、頭と両手だけクマという、クオリティーの低さが衝撃的でした(大会サイト

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘルナンデス、「絵文字」ア... | トップ | ムスタフィナ、「休養と学業... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
個人的には田中佑典です (ジョージ)
2016-12-30 02:57:47
今年も情報提供に尽くしていただきありがとうございました。

僕の2016年の大賞を付けるなら男子はリオの団体決勝で昨年の団体決勝のミス、予選のミスから立ち直って快心の演技を見せてくれた田中佑典です。
内村がミスを出していたのを、彼の演技でしっかりカバーしていたことが「団体戦」らしい試合になったような気がします。

採点では床のEスコアが空中姿勢の良し悪しで明確に差を付けたことが印象的でした。予選の白井健三のEスコア7点台、田中佑典選手の9点近いEスコアはその象徴的な採点だったと思います。
ジョージさん、 (とも)
2016-12-30 15:08:32
今年もご覧いただきありがとうございました。
プレ五輪、リオ五輪、FIG総会で閲覧がどっと増え、その後、潮がひくようにまた落ち着きました・・・
来年も一般メディアが報じないネタを中心にさがしてご紹介したいと思いますので、どうぞよろしくお願いします

コメントを投稿