■GYMニュース:難度はA

年末も、世界の体操ニュースを

ムスタフィナとアブリャジン、「専門家」招き練習

2017-11-15 17:18:05 | 各国ニュース

ムスタフィナアブリャジン(ロシア)が、ペンザで練習に励んでいます

Penza Vzglyad

「ファンクショナル・トレーニング」(機能訓練)の専門家パビリコフ氏を迎え、2人とも指導を受けているそうです。2人の体の状態のレベルを見極め、演技のための正しい方向に導くことが目的(超テキトーな訳ですけれども)はなれているときも、SNSなどで連絡を取っているということです(ほかの写真

赤ちゃんは、たぶんアブリャジンの子(ムスタフィナのところは女の子

----------
ちょうどこの絵の男性が、アブリャジンに似ていると思っていたところでした~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フランスのロドリゲスが、代表を引退

2017-11-15 16:08:06 | 引退・復帰

ダニー・ピネイロ・ロドリゲス(仏・32)が引退を発表

仏体操連盟

2005年から代表メンバーとして活躍し、五輪(2回)、世界選手権(3回)、欧州選手権(5回)などに出場しました。

インタビューの概要は以下のとおり。
・今年の欧州選手権(クルジュナポカ)を見て、世界の(つり輪の)レベルについて行けないことを悟り、引退を決意
・つり輪のワザ「ロドリゲス」(刈屋アナによると「ラッコ」)が、ずっとFIGのルール上に残ってほしい
・代表は引退するが、クラブチームで演技と指導を続ける
・若い選手たちには、2020年、2024年の五輪で、特に団体のメダルをとってほしい
・団体がもっとも重要だ

----------
つり輪のスペシャリストとして知られ、リオ五輪では、

アイサイドの骨折
バンゲルダーの強制帰国

により「リザーブ2」から繰り上がり、種目別決勝で演技しました(詳細はこちら)。このときのことを「メダルは無理とわかっていたが、非常に素晴らしい瞬間だった」と振り返っています。
「国際大会からの引退」としており、クラブチーム「ソットゥビーユ」(発音合ってますかね)で演技をしながら指導に当たるそうです。ベルベイス(ベルギー)も所属するチーム


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルボ、地元での金メダル6個に喜び

2017-11-15 11:05:02 | 各国ニュース

ボリバリアン大会(11月11日~25日・サンタマルタ)関連の写真などを・・・

マスコットの「ウニ」を手にする、男子ゆかメダリスト。ウニには足があるようです

グアテマラ五輪委員会

----------
6個の金メダルを獲得したホシマール・カルボ(コロンビア)は、「十分準備して臨んだ大会。地元でよい結果が出せてうれしい。」と話しました。
まだ23歳ですが、ちょと頭髪がさびしくなってきたような・・・

La Opinion

----------

<何となく似ている>

ボリビアの双子選手と、陸上の飯塚翔太選手(リオ五輪400mリレー銀メダル
ちょっとちがいますが、、元アイドルの新田純一さんにも似ていると思います~(いつもたとえが古くてスンマセン

中南米は日系選手も多いですが、それ以外でも日本人ぽい顔だちの選手が多いですよね・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルボが6個の金メダル~ボリバリアン大会~

2017-11-15 08:52:20 | 大会展望・結果など

ボリバリアン大会(11月11日~25日・サンタマルタ)の体操競技は、種目別決勝後半をおこない終了しました

大会サイト

各種目優勝者
<跳馬> ベガ(グアテマラ) 14.130
<平行棒> カルボ(コロンビア) 14.570
<鉄棒> カルボ(コロンビア) 13.170

<平均台> サンドバル(コロンビア) 13.300
<ゆか> アリオハス(ベネズエラ) 12.250

----------
ベガくんキターカルボは団体、個人総合と合わせて6個の金メダルいずれも、ホシマール・カルボです(コロンビアにはカルボ姓の選手が2名います)

ボリビア代表に「オオタ」という日系らしき兄弟選手がいて、生年月日同じ!双子!そっくり!しかもイケメン(写真・左2人
バレット・タツヨシ・ウェイス・オオタ(20)
ガレス・マサヒコ・ウェイス・オオタ(20)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加