明日をひらく

吉田 俊明 (株)ネットラーニング 社長執行役員

2020年

2014-01-21 | 世界
言わずと知れた東京五輪の開催予定年です。しかし、こんな予想もある2020年です。


「2020年までに、ナレッジ・ワーカーの大半のキャリア・パスは、スマート・マシンによって良くも悪くも破壊される。」


ガートナー、2014年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望


「ガートナーは、2020年までにナレッジ・ワーカーの大半のキャリア・パスが破壊されると予測しています。スマート・マシンは機械学習と深層学習アルゴリズムを活用し、自律的に機能してそれぞれの環境に適応します。またスマート・マシンは結果から学習して独自のルールを生成し、その仮説を試すためにさらなるデータを探し、要求します。さらに、通常は人間よりもはるかに迅速かつ正確に新たな状況の発生を検知します。ITのプロフェッショナルは、スマート・マシンが非常に高い競合優位性を有しており、これによってまったく新しいビジネスが創出されるということを認識する必要があります。」


既存の仕事がコンピュータに取って代わられる。。。私たちの日常は、どんな風になっているのでしょうか。


オリンピックも楽しみですが、そんな未来を想像するのもいとおかし?先のようでいて、あとたったの6年です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加