明日をひらく

吉田 俊明 (株)ネットラーニング 社長執行役員

ついに・・・ひとつ合格!

2013-06-26 | OU MBA
ここしばらく、喜ばしいこと、怒りたいこと、哀しいこと、楽しいことがわんさか発生し、それはそれで人生の充実感を感じてはいたり、やっぱり哀しいことのダメージは大きかったり、要するに相変わらずばたばたとした日々を続けております。


中でも、ここで綴るべきでありながら気恥ずかしさもあって投稿できなかったニュースをついに書きます。


現在受講しているオープンユニバーシティMBAプログラムの2年目の科目に、ついにといいますか、ようやく合格しました!(以前こっそり告白しているとおり1年目の科目は落第して再受講中なので微妙な心境ではありますが^^)人生初の英語での論述式試験での合格!であります。


合格してわかったことは、前回までの試験では英語で解答することに必死になりすぎていた、ということです。そのために、英語で言えば「So what?」つまり、解答で主張すべき主題に到達していない内容になってしまっていました。言語以前の問題ではありますが、それを英語で表現しなくてはならないというチャレンジがあります。解答時間が限られる中、読み手(採点者)に最終的に伝えたい内容、言い換えると結論にもっと軸足をおいて解答する必要があったと考えています。


この点がしっかりしていないと、一生懸命手書きで3時間解答しても良い解答にはなりません。以前の私の解答は、幼い子が書く作文のように非常に表面的で薄っぺらい解答になっていたと、自分でも思います。


あともう一つ、1年目の科目の試験に合格しなくてはなりません。しっかりと準備して、必ず突破します!(その前にレポートが4つもあるけど(泣))
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

TOEIC®テスト対策コース改訂版開講記念 緊急事前優待価格にて提供開始!

2013-06-26 | NL Group News
漢字ばっかりのタイトルですみません^^。


先日お知らせした当社で大人気のTOEICテスト対策コースの改訂版。6月28日開講ですが、ご要望が多く急きょ事前受付を行うことにいたしました。


しかも、今日から3日間のみの特別優待価格(半額!)です。


さらに、「TOEIC®テスト総合実力養成コース」 をお申込いただいた方は、受講期間を通常の倍、なんと 「1年間」(※1) 学習いただけます!


前回もお伝えしたように、タブレット(※2)でも受講可能になっています!


是非ぜひお申し込みください!!!>>>こちらから<<<!!!


※1 「TOEIC®テスト総合実力養成コース」 をお申込いただいた方は、ご入金完了後、コースが割り付いた時点では受講期間が6カ月で登録されますが、7月中旬に受講期間を1年に修正させていただきます。何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

※2 タブレットでのご利用についての補足説明

タブレットは推奨環境ではございませんが、以下の環境にて一通りの動作を確認しております。
推奨対象外のため模擬テストの受験や一部のレイアウト表示などに不具合が生じることがあり、完全な動作保障はしておりません。 あらかじめご了承ください。
=============================================
[OS] Android OS 4.0 以上、iOS 5~6  * ただし、iPad第1世代を除く
[ブラウザ] Android・Chrome、iOS・Safari
[通信環境] Wi-Fi 環境を推奨
* 3G 回線では、一部快適にお使いいただけない場合がございます。
* 音声再生などにおいて大量のパケット通信が発生しますので、通信定額サービスのご利用を推奨します。
* また、iPhone やスマートフォンをご利用の場合、インターフェースは最適化されておりません。
=============================================



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当社のTOEIC(R)テスト対策コース、タブレットに対応!

2013-06-20 | NL Group News
6月28日(金)、当社で人気のTOEIC(R)テスト対策コースの改訂版が開講されます!(開講優待価格もあります。)

【改訂版はここが違います】

★ポイント1:さまざまな受講環境に対応!

PCのほか、タブレットにも対応!複数の端末で受講を進めることができます。

★ポイント2:デザインやインターフェースを改善!

レイアウトや文字の大きさなど、コース全体を見直し、見やすく使いやすくなりました。
また、学習時間やページ閲覧数が確認できるようになり、ご自身の学習状況を把握しやすくなりました。

★ポイント3:最新の出題傾向に対応

大問・小問形式の設問を強化しました。

●━━━━━━━━━━━ 6月28日(金)開講記念優待価格!━━━━━━━━━━●

最大で約45%オフとなる優待割引をご案内します。

■総合実力養成コース(自分に合ったレベルに最適化できる)
 『TOEIC(R)テスト 総合実力養成コース』
  29,400円→15,750円(7月31日(水)11:00お申込み分まで)
  ※担任制のチュータによる個別指導つきです。

■実力養成コース(目標点数に応じたレッスン+テスト)
 『TOEIC(R)テスト 470点実力養成コース』
 『TOEIC(R)テスト 600点実力養成コース』
 『TOEIC(R)テスト 上級者 実力養成コース(730点以上)』
 『やさしい基礎英語コース(TOEIC(R)テスト 350点目標)』
  各15,750円→10,500円(7月31日(水)11:00お申込み分まで)
  ※担任制のチュータによる個別指導つきです。

■直前対策コース(テストのみ使いたい場合はこちら)
 『TOEIC(R)テスト 470点直前対策テスト』
 『TOEIC(R)テスト 600点直前対策テスト』
 『TOEIC(R)テスト 上級者 直前対策テスト(730点以上)』
  各12,000円→8,400円(7月31日(水)11:00お申込み分まで)

●━━━ お申込み受付も6月28日(金)からです。もうしばらくお待ちください!━━━━●


これまでにも、企業・団体様、個人のお客様から「弱点を克服するためのコース設計が充実している」「問題数が大量なのがよい」「ローコストでスコアアップができた」とご好評いただいています。
今後ともぜひご愛顧いただけますようお願いします。

!!!詳しくはこちらから!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記念すべき第10回 日本e-Learning大賞 応募受付開始![8/31(土)締切]

2013-06-12 | eラーニング
eラーニングに関する革新的な技術、コンテンツ、導入事例を積極的に顕彰する『第10回 日本e-Learning大賞』の応募受付がスタートしました。

本大賞では優秀な事例に対し、昨年より新設された「通称:eラーニング・オブ・ザ・イヤー(日本e-learning大賞)」の他、経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、総務大臣賞、厚生労働大臣賞の大臣賞、優れた部門への部門賞が授与されます。

『第10回 日本e-Learning大賞』は、eラーニングに特化した国内唯一の総合フォーラム『e-Learning Awards 2013 フォーラム(2013年11月20~22日)』にて授賞式および受賞者プレゼンテーションが開催されます。

昨年の受賞者プレゼンテーションの模様は本メール下方「開催レポート」をご覧ください。受賞発表イベントでは、受賞者プレゼンテーションを用意していますので大きなアピールの場として期待されます。

eラーニングベンダーやeラーニングを自社で実施している、またはeラーニングを用いて事業をしているなど、様々なケースでeラーニングを活用されている自治体・団体・学校・個人でのご応募をお待ちしております。[応募無料・8/31(土)締切]


『第10回 日本e-Learning大賞』応募方法の詳細はこちら

────────────────
◆締切
────────────────
2013年8月31(土)

────────────────
◆募集テーマ
────────────────
貴社、貴校の教育現場で活用している“eラーニング事例”を広く募集。
業務効率や学習効果の向上に寄与する、またはそうした可能性を秘めた将来性のあるeラーニングサービス、システム、コンテンツなど。
応募点数に制限はありません。

────────────────
◆主催
────────────────
e-Learning Awards 2013 フォーラム実行委員会
日本工業新聞社(フジサンケイ ビジネスアイ)

────────────────
◆後援
────────────────
経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省(申請中)

────────────────
◆審査基準
────────────────
組織における生産性、メディア活用性、品質保証性、新規性、社会連携性、学習達成評価の6項目について一定の判断基準を設け、多面的に審査いたします。

────────────────
◆多数の受賞メリット
────────────────
■賞の授与
通称:eラーニング・オブ・ザ・イヤー、経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、総務大臣賞、厚生労働大臣賞、他各部門賞が授与されます。

■受賞発表イベント
eラーニングに特化した国内唯一の総合フォーラム『e-Learning Awards 2013 フォーラム(2012年11月20~22日)』にて 授賞式および受賞発表イベントを開催いたします。のべ7,500名の来場者を 見込む本フォーラムにて、受賞者プレゼンテーションの場を設けており、PRの場として最大限ご活用いただけます。

■受賞トロフィー、ロゴの付与
日本e-Learning大賞の受賞者にのみ付与するトロフィーとロゴをオフィスなどで掲示することによるイメージアップとともに、受賞ロゴの、サイト・パンフレット等への使用により社会的な認知度UPにつながります。


募集要項の詳細については公式サイトをご覧ください


たくさんのご応募をお待ちしております!!


【第10回 日本e-Learning大賞に関するお問い合わせ先】
日本工業新聞社 営業・事業本部
『第10回 日本e-Learning大賞事務局』
所在地:〒100-8125 東京都千代田区大手町1-7-2
T E L : 03-3273-6180
F A X : 03-3241-4999
e-mail:e-award[アットマーク]sankei.co.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

センチメンタル・ジャーニーな金融市場

2013-06-12 | 日本
ジェットコースターのように為替や株式などの金融市場が乱高下しています。(たかが数年といわれるかもしれませんが)相場で仕事をしていた時のことを思い返すと、相場を動かす要因は大きく分けて三つあります。

1.ファンダメンタル:経済の基礎的条件と呼ばれるマクロ経済状況や、個々の企業業績などのミクロ情報など、経済の実態部分を指しています。

2.需給:買いたい量と売りたい量のバランスです。日銀の金融緩和はこの点に焦点を当てており、市場にマネーを投入することで株などの「買いたい量」を増やして相場を上げようとというわけです。

3.センチメント:雰囲気、ともいえる市場参加者の心の向きです。期待や不安といった気持ちが買いや売りという行動を起こさせます。定量的に把握しにくいため、この要因で相場が動く時は往々にして大きな変動を伴います。

ここしばらくの日本の金融市場はアベノミクスによる期待先行型の動きで、2の需給(日銀)を動かし、3のセンチメントをあげつつ、1の実体経済の好転を見守るという状況になっていると思います。そういう意味では主な企業の決算(と今期見込み)が次々に発表される今月後半は1を裏付ける重要な時期であるといえます。

そうした実態が明らかになってくるまで、相場はセンチメンタルに飛び回るというわけです。某アイドルがその様子を歌ったわけではないでしょうが。。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋山仁先生のダイナミック・ライブ教室 第3弾!6/14金 昼12:05~

2013-06-11 | NL Group News
秋山仁先生のライブ教室 『発想の泉を掘り起こす:2』 生中継!

6月14日(金)昼12:05~@USTREAM
……………………………………………………………………………………………

eラーニング最大手の株式会社ネットラーニングは、これまでの教育ノウハウをフルに活かし、オンラインによる「ダイナミック・ライブ教室」を無料で実施しています。「発想の泉を掘り起こす」というコンセプトのこのライブ講座は、初回から予想をはるかに超える反響をいただき、このたび急遽追加開催が決定しました。

3回目の今回は、初回に続き、数学者の秋山仁氏を講師に迎え、「数学でよく用いられる考え方」について、体験的な授業を通して、未来の創造的な学びや教育のヒントが得られる内容となっています。

■開催概要
 ◇タイトル : 秋山仁先生のダイナミック・ライブ教室 
           「発想の泉を掘り起こそう:2」 ― 数学でよく用いられる考え方を体験する! ―

 ◇日時: 2013年6月14日(金) 昼12:05~12:55

 ◇参加費: 無料

 ◇開催型式: オンライン(USTREAM経由で配信) 

 ◇お申込: こちらのサイト

 ◇教室URL: こちらのサイト<飛び入り視聴もできます!>

 ◇用意するもの: ネットにつながるPC、タブレット、スマホなど

 ◇受講対象: 学ぶことに好奇心をもつすべての方

 ◇備考: 事前に任意参加型の宿題を提出すると、ライブ教室の中で一部取り上げて解説・コメントする予定。
      また、ライブ教室中、チャットを利用して講師へ質問や感想を随時書き込むことも可能。


■講師(&アコーディオン演奏)

秋山 仁 Jin Akiyama  (数学者)

マスコミでも活躍中の数学者。離散数学の旗手として海外の多数の教壇にも立つ。
不可能を可能に、無から有を創り出す挑戦の日々をモットーに幅広い分野で活躍。
独自の人生観は多くの教訓を秘め、講演は好評を博している。

【経歴】 東京理科大学応用数学科卒業、上智大学大学院数学科を修了後、ミシガン大学数学客員研究員、米国AT&Tベル研究所科学コンサルタント(非常勤)、日本医大助教授、東海大学教授、文部省教育課程審議会委員、科学技術庁参与などを歴任。現在、理学博士、数学者、ヨーロッパ科学院会員、東京理科大学理数教育研究センター所長、NHKラジオ・テレビ講座講師、(社)全国幼児教育研究協会理事、京都芸術高等学校名誉校長、中国南開大学客員教授、(NPO)体験型科学教育研究所理事長、日本文藝家協会会員などを務める。

著書 : 『数学に恋したくなる話』、『こんなところにも数学が!』、『A Day's Adventure in Math Wonderland』、『知性の織りなす数学美』、『証明の展覧会I.II』、『数学は生きている』、『秋山仁の放課後無宿』、『ゲームにひそむ数理』 他専門書多数。


■ファシリテーター(&ピアノ伴奏)

中島 さち子 Sachiko Nakajima  (株式会社ネットラーニング  グローバル人材育成事業部) 

幼少の頃より音楽に親しむが、中学時代より数学に没頭し、高校時代、国際数学オリンピック  に出場(金メダル獲得)。大学では数学を専攻するが、卒業後音楽の道を選択。Jazz Piano の  演奏活動と並行して、
現代数学や音楽の醍醐味を社会に伝える仕事を継続。
2012年より株式会社ネットラーニング社員となり、e-Learningコース開発に携わると共に、英国国立 Open University 日本事務局も担当する。未来の学びがより楽しいものと
なるように、数学や音楽の世界、そしてネットを通じてできることの可能性を追求中。


著書/作品 : 『人生を変える「数学」そして「音楽」』 (講談社)、『すべての人の微分積分学』 (日本評論社、小山信也先生との共著)、『REJOICE』 (中島さち子TRIO) など。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍総理も太鼓判「wiwiw(うぃうぃ)」

2013-06-04 | NL Group News
当社グループのwiwiwからのニュースです。(ちょっと時間が経ってしまいましたが。)

安倍総理も太鼓判「wiwiw(うぃうぃ)」

<前略>

資生堂の前田社長よりwiwiwの説明を受けた安倍総理から、「非常に先進的な取り組みである」と太鼓判をいただきました!

詳しくはこちらの動画(政府インターネットテレビ)をご覧ください。

1:53あたりで「wiwiw、eラーニング」とはっきりと!

また、後半の方でも今後の育休支援策について「資生堂が先端的に取り組む育児休業の職場復帰支援(職業訓練)は多くの企業でも取り入れて欲しいし、我々もサポートしたい。」とのコメント。

<後略>

ネットラーニンググループは、さらに時代の要請に応えていきます!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンジェリーナ・ジョリーと生命倫理

2013-06-03 | つぶやき
先日参加したカンファレンスの隣に座った女性と話していたら、なんとあの「アンジェリーナ・ジョリーの遺伝子検査をした会社」に勤めているとのこと。アンジェリーナ・ジョリーに負けず劣らずシャープで、端整な顔立ちのその白人女性は、彼女の行動を淡々と肯定的に話していました。


確かに87%の発がん確率が5%になるのであれば。。。(しても意味の無い想定かもしれませんが)自分でもそうしてしまうような気がします。少なくとも、そう判断し実行した彼女の気持ちは自分なりに理解できます。


同時に想起してしまったのは、自分に子供ができた時のことでした。


長男が妊娠中に「胎児に障がいがないか、検査できるけどしますか?」と産院で聞かれ、それほど母胎に負荷もないなら・・・と(今思うと失礼ながら)軽い気持ちで「検査しましょうか」と答えました。医療科学も進歩してるんだなぁと脳天気に感心していたら、「しかしご主人。検査の結果、障がいがある可能性が高いとなる場合もあるのですよ。」


どーん。ようやくそこで、その検査の重みを認識しました。アンジェリーナ・ジョリーのように自分の身体のことで、自分で判断することに異論はないだろう。しかし。。。胎児の場合はそうもいかない。赤の他人というわけでもなく、ことによると自分の人生が大きく変わることにもなる。実に重い問題だと遅まきながら考えさせられました。


それで、結局どうしたか?


検査せずに天命に身を任せました。そして、2番目、3番目の時には、もう検査をしようかどうかも迷いませんでした。それが普遍的に正解であるかどうかは未だにわかりません。ただただ無事に産んでくれた連れ合いと、無事に生まれてきてくれた子たちに感謝するばかりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加