明日をひらく

吉田 俊明 (株)ネットラーニング 社長執行役員

【国内初】10/26、eラーニングアワード 2016 フォーラムにて、国際的に名誉の あるIMS Japan賞を発表

2016-10-12 | eラーニング
10/26(水)、ソラシティ カンファレンスセンター(東京・お茶の水)で開催される「eラーニングアワード 2016 フォーラム」にて、「IMS Japan賞」の表彰式が行われます。

IMS Japan賞は、eラーニング業界にとって国際的に認められた名誉ある賞で、今回が初めての表彰となります。表彰式では、4つの受賞作品から最優秀賞1点、優秀賞3点が発表され、最優秀賞には20万円が贈呈されます。表彰後には、受賞者全員による講演が行われます。

この名誉ある賞を、ぜひ会場にてご欄ください。

■IMS Japan賞 表彰式&受賞者講演■
日時:10月26日(水)14:00~16:40
会場:ソラシティ カンファレンスセンター Sola City Hall(東京・お茶の水)
主催:一般社団法人日本IMS協会
受賞作品: ※応募順。この中から最優秀賞が1点選ばれます。
●開発ツールMonacaによるプログラミング教育/アシアル株式会社
-K-12領域を対象にした、HTML5とJavaScriptでマルチOS、マルチデバイスに対応する開発環境の提供
●データドリブンな教育改善を支援するM2B(みつば)システム/九州大学基幹教育院ラーニングアナリティクスセンター
-データの蓄積・分析により教育改善に資するM2Bシステムを開発、全学で運用を開始
●eラーニング オーサリング&配信サービス『かんたんシリーズ』/株式会社ネットラーニング
-同社は累計学習者数3,200万名の実績をもつ日本のeラーニングの草分け。日本で初めてIMS Caliperを実装し、本サービスを含めた豊富な機能を統合して提供している。
●LMSの拡張機能として作成した正誤情報に着目した『弱点タグクラウド』/株式会社デジタル・ナレッジ
-学習記録の中のエラーやミスの情報を取得して、学習者に新たな学習の方法論や助言を与えることができる製品
参加費:事前登録で無料
   
▽詳細とお申し込みは>>>こちら<<<

参考: 
IMS Japan賞はIMS Global Learning Consortium(eラーニング技術に関する国際標準化を進める国際コミュニティ)が主催するLearning Impact Award(LIA)の理念に則り、一般社団法人日本IMS協会が運営するものです。LIAは、テクノロジーの教育利用において多大な貢献のあった優れた事案を表彰するもので、eラーニング業界にとって国際的に認められた名誉ある賞です。IMS Japan賞の受賞者は、LIAの一次審査が免除され、米国で行われる本選に進む特権が与えられます。また、最優秀賞には米国への渡航費の充当を目的として賞金20万円が贈呈されます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« eラーニングアワードフォーラム | トップ | あと40,000回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。