明日をひらく

吉田 俊明 (株)ネットラーニング 社長執行役員

IMSグローバルがOneRoster v1.1のリリースを発表

2017-04-28 | eラーニング
IMSグローバルがOneRoster v1.1のリリースを発表

形成的かつ統合的な成績および教材についての民間標準を
学校機関向け新サービスとして提供

米国フロリダ州レークメリー、2017年4月27日
EdTechにおける相互運用性とイノベーションで世界をリードするIMSグローバル・ラーニング・コンソーシアム(IMSグローバル)は、学区や教員が様々なデジタル・カリキュラム商品を網羅するアセスメント結果をより簡単に集積し、学生がデジタル教科に親しみ、また学区間で成績表を同期できるよう更新されたOneRosterR v1.1が利用可能になったことを本日発表した。この新バージョンは即利用可能で、実装および認証テストに応用できる。

 IMSグローバルのOneRoster規格とLearning Tools InteroperabilityR (LTIR)規格は、デジタル化した教室のワークフローを改革してきた。IMSグローバルがOneRosterを開発した目的は、生徒の学習履歴や出席率についての情報を共有する際にかかる膨大な手間や費用を軽減するためだ。複数のカリキュラム商品を網羅して出席簿を自動化するOneRoster v1.0の機能を拡張した最新のOneRoster v1.1規格は、これに加えてアセスメントの結果を学生の情報システムに転送し、クラスまたはコースのデジタル教材と関連させるサービスだ。
 早速OneRoster v1.1適合認証を獲得した教育工学ベンダーや出版社にはClassLink、Classworks、McGraw-Hill Education、NetRef、Pearson Education、Studies Weeklyが含まれる。

IMSグローバルの適合認証は、導入を予定している学区に対して、OneRoster仕様のパフォーマンスと有効性を保証する。IMSグローバルのCEO、Rob Abel 博士によると、「いままでのカリキュラム商品から“データを取り戻す”ことと、そのデータを学習プラットフォームに同期させるという挑戦に苦労していた学区や商品開発者にとってOneRoster v1.1は、画期的なブレークスルーです。データの洗練度は時間とともに向上していきますが、 OneRoster v1.1 は先生方やITが現在かかえる多くの挑戦課題に対応できます」。

OneRosterの導入を深めるために、IMSグローバルは同社商品マネジメント担当副社長のMark Leuba氏の調整により商品運営委員会を設立した。この委員会はIMSグローバルのコミュニティーが携わる技術業務をサポートし、また情報を提供する諮問的役割を持つ。IMS グローバルのContributing Member 団体で形成されるOneRoster Product Steering Committee には、ClassLink、Infinite Campus、Itslearning, Kimono、McGraw-Hill Education、Microsoft、Pearson Education、Performance Matters、Schoology、Unicon各社がメンバーだ。

OneRoster v1.1 仕様および関連資料ダウンロードは、>>>こちら<<<から
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロファイリング

2017-04-26 | トレンド
プロファイリングというと、そっち系の用語だという印象が少なからずあった。


実際Google翻訳によると「過去の犯罪事件にかかわる諸種のデータベースを活用して、新たな事件の犯人の型・特色を割り出す方法。」とある。


しかし、近年はマーケティングや人工知能分野でも使われる用語になってきているようだ。


さらにEUではそうした人工知能等でのプロファイリングについての議論や規制が進んでいる。


忘れられる権利、とか、人間が関与しない決定は禁止、とか。


でも、あっという間に、人間とAI(コンピュータ等)の境目がわからなくなると思う。


もうすでにかなりアヤシイ領域に入っていると思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学習履歴、AI、EdTechなど最新トレンドをEDIXで紹介

2017-04-17 | NL Group News
今年も最大規模で出展します!ご来場お待ちしております!!

ネットラーニング・教育ITソリューションEXPO専用サイト

<公開無料セミナー>

ネットラーニング  岸田 徹 代表取締役
開催日時:5月19日(金)12:15~13:15
開催場所:西展示棟2階 セミナー会場(西1-商談室6)定員:50名
内容:『学習履歴をフル活用する -eラーニングが劇的に変わる-』
ネットラーニング 岸田 徹 代表取締役(e-Learning Initiative Japan 理事長)
*事前申込みは不要
 
<ネットラーニングブースの講演プログラム>

開催日時:5月17日(水)~5月19日(金)

○ミネルバ大学 「 ICTが可能にした未来の大学 」Regional Outreach 山本 秀樹様

○デジタルハリウッド大学大学院 「教育から学びへ 〜EdTechイノベーションは教育に何をもたらすのか?~」 教授 佐藤 昌宏様

○広尾学園  「ICT活用をベースとする次世代型教育プログラムのありかた」

○株式会社主婦の友 「リトルランド 乳幼児教室のeラーニング化 新規ビジネス参入の可能性 ~主婦の友社リトルランドの挑戦~ 」 代表取締役 佐藤一彦様

○コーセー 「コーセーのコンプライアンス研修の現状と課題」総務部 法務室 新保 隆信様

○神戸大学 「精神や発達に障害をお持ちの方にとってのeラーニングにおけるアクセシビリティデザイン」

○独立行政法人国際交流基金 「関西国際センター 学びと出会いの場-日本語学習プラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」-」 関西国際センター 日本語教育専門員 和栗 夏海様

○新日鐵住金株式会社 「新日鐵住金の全社員eラーニング」 業務プロセス改革推進部 IT企画室 吉留 徹様

○株式会社明治 「これだけは知っておきたい商品知識(仮)」人事部 研修企画G 鶴川 譲二様

#ご講演の皆様、ご協力ありがとうございます!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中小企業のみなさま!ぜひご検討ください。

2017-04-14 | NL Group News
ネットラーニング・プラザ

「ネットラーニングプラザ」は2009年8月にサービスを開始以来、 手軽に始められる研修サービスとして、 数多くの中堅・中小企業に利用されています。

このたび、実質的にすべての事業者が個人情報取扱事業者となる「改正個人情報保護法」の施行が2017年5月30日となったことを受け、 「ネットラーニングプラザ」の販売・サービス提供を強化することとなりました。

当社は「ネットラーニングプラザ」を通じて、 中堅・中小企業の人材育成および組織の活性化に一層貢献してまいります。

■ネットラーニングプラザの特長

1.実務に役立つ本格的なeラーニング
 大手企業でも導入しているeラーニングコースを用意。

2.改正個人情報保護法対策にも活用可能
 2017年5月30日に施行される改正個人情報保護法に対応したeラーニングコースもあり、 社員への同法対応研修に利用できる。

3.豊富なコースラインナップ
 全社員教育、 階層別教育、 新人教育、 自己啓発などのニーズに合わせて利用できる多種多様なコースを用意。

4.安心のサポート体制
 学習者の登録から学習促進メールなどの運用サポートを当社が行うため、 管理担当者の負担を大幅に軽減できる。

5.安心の定額制
 定額制のサービスのため、 初期費用や追加費用がなく、 月額費用のみで無制限に利用できる。

詳しくはこちらから>>> ネットラーニング・プラザのホームページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネットラーニング、くるみんマークを継続取得しました

2017-03-31 | NL Group News
ネットラーニングは、グループ会社のwiwiwとともに、2回目のくるみんマークを取得しました!

くるみんマークとは、厚生労働大臣が「子育てサポート企業」」として認定するもので、一般事業主行動計画の策定・届出をし、立てた目標をすべて達成し一定の要件を満たすことが求められます。

今回は【平成25年10月1日~平成28年9月30日】の計画達成に伴い、無事継続取得することができました。

ネットラーニンググループは「仕事と生活の調和」を常に高いレベルで目指しています。くるみんマークの取得により、社内外に子育てサポート企業であることをアピールし、従業員のモチベーションアップと生産性アップにこれからも取り組んでいきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加