働くこととは

仕事をするためのアドバイス

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブラック企業を見分けるこつ 井の中の蛙大海を知らず

2017-05-16 21:52:49 | 正しい求人票の見方
井の中の蛙大海を知らず

何故同族経営は破綻するのか

同族経営も中堅、大企業であれば、
彼らの周りにフォローし諫言する者もいますが
中小企業などで同族経営の場合は最悪である
後継ぎの能力にもよるが出来の悪い子の場合は・・・

 甘やかされて育てられた出来が悪い息子
 親も可愛い子と思い旅をさせて見たが、
 何処へ行っても能力なしで戻ってくる
 仕方がないので自分の会社で面倒を見るが、
 いつまで経っても出来の悪いまま・・・

  社内ならともかく取引先もあいつはだめだと言うのだが・・・
  それでも社長はお前は出来ると言い続ける
  するとどうだろう、出来が悪くても俺は出来ると思ってしまう

こんな奴でも月日が経てば世代交代をしその会社の頂点に来る時が来る
立場は偉いが、頭は空っぽ、いつまで経っても親父に頼ってる

社長というプライドだけが彼の誇りであり、
そのためか、分からないことがあっても社員には聞くことも出来ず、
結局相談をする相手は自分を褒めてくれる親父しかいない、

重要な決断も出来の悪い者同志で話を決めていく
ところが小さな世界で小さなことをしていると、
視野も狭くなりまともな判断もできない
これが井の中の蛙大海を知らずといったところか・・・・

もし同族企業でこの傾向があればあと3年であろうか。
ジャンル:
就職活動
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 就業時間がおかしくないですか? | トップ | ブラック企業 に気を付けろ... »

コメントを投稿

正しい求人票の見方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL