折節の移り変わるこそ

季節の移ろいの中に、感じたままを一日一日。

やはりこの季節らしく

2016年10月29日 15時52分19秒 | 霜降

◇ 昨晩は遅くになって北寄りの風が急に強くなったようで、北側の窓が小刻みに揺れて時折カタカタと音を立てていました。

  そんな風の音で少しは秋らしくなったことを感じますが、明け方の冷んやりとした空気の流れ込みはまだまだ少ないようです。

  庭のバラも蕾をつけたり花が咲いているものをついつい注目しがちなのですが、小さなローズヒップがいくつか見られるのに気がつきました。

  週が明けたら10月も終わり、毎年バラの返り咲きに本格的な秋の季節を感じていましたが、思いがけずに実をつけていたこのバラに感謝したい気持ちです。

 

□ 娘が結婚を記念して私たちにプレゼントしてくれた「安曇野」です。

こんなに実をつけたのは5年間で初めてです。

ローズヒップ、秋そのものの光景です。

 

□ ジュード・ジ・オブスキュア

(Jude the Obscure S 1995 D.Austin England)

せっかく咲いていたのに、夜半の強風で茎が折れていました。 

 

□ バラの株元からオキザリス「ソフィア」が少しだけ顔をのぞかせています。

 

□ すっきりした趣きで蕾が膨らんできました。

 

□ チャールズ・レニー・マッキントッシュ

(Charles Rennie Mackintosh S 1988 D.Austin England)

ライラック色した花の返り咲きを待ちましょう。

 

□ ウィズレー 2008

(Wisley 2008 S 2008 D.Austin England)

いつもはある程度の返り咲きが楽しめるのですが、

今年は蕾の数そのものが非常に少ないようです。

 

□ ザ・レディ・オブ・ザ・レイク

(The Lady of the Lake S 2014 D.Austin England)

生育旺盛な典型的なランブラーに違いありません。

この時季になって、べーサルシュートが上がって来ました。

来シーズンを前に、ウッドフェンスに誘引しようと思っています。

 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 30年以上も前にとか、45年以... | トップ | 見事に(!?)一輪ずつの秋のバラ »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
可愛くてお洒落な実 (越後美人)
2016-10-29 22:04:25
本当に、バラの赤い実が音符のように並んで素敵です♪
まるで娘さんからの感謝の贈り物のようですね。
こうした小さな出来事でも幸せ感がいっぱいになりますね。

こちらも本日木枯らし一号が吹きました。
あまりの強風は困りますね。
バラのためにも、お手柔らかにお願いしたいものですね(^_-)-☆
音符、そうですね♪ (折節)
2016-10-30 09:25:25
越後美人さん、おはようございます。

けさは久しぶりに最低気温が15度を切ってきたみたいで肌寒さを感じます。
そんなに寒がりではないのですが、この秋初めてカーデガンを羽織りました。

いま小さいローズヒップがあちこちで見られるのですが、それに気がついていなかったのが私らしいです。
娘の結婚のときにバラ好きの私に花籠としてプレゼントされました。
今では地植えで南側のラティスに誘引しています。
春はピンクの小花がたくさん咲いていました。

そう言えば、ローズヒップがラティスと相まって音符のようにも見えますね。
何だか、リストのラ・カンパネルラの冒頭のテーマのように見えなくもありません。
これからこのローズヒップを見るたびに、ピアノ曲がどこからともなく聞こえて来るようになるのでしょうか。

木枯らし1号、そういえばそんな季節、冬の到来もそう遠くないということですね。
九州とかは「木枯らし1号」の発表(名前つけそのもの)はないらしいですが…。

バラのこと (Haru)
2016-10-30 22:39:20
こちらにもちょこっと寄りました~~

↓の記事によるとバラが不調のようですね~
あれだけの数があるとお手入れもお仕事が忙しいとなかなか手が回らないでしょう?
その上、そちらの猛暑では仕方ないのかもしれませんね。
それでもこうして少しづつ咲いてくれると何かホッとしますでしょう?
安曇野のローズヒップが可愛いですね!
私も今日ジェネさんのローズヒップを見つけたところでしたよ。

来年はどんなバラの春になるのか、それが楽しみですね~♪
気温が下がりました (kokoro)
2016-10-30 23:22:22
折節さん、こんばんは。

ローズヒップの風景も、膨らんできた蕾も秋の庭のアクセントですね。
日に日に庭の風景が淋しくなって、蕾を見つけるとほんとうに開いてくれるか心配になります。
チャールズ・レニー・マッキントッシュの蕾、楽しみですね。

安曇野のバラ、画像を見たら可愛らしい花ですね。
プレゼントのバラとのことですが、娘さんが選ばれたのでしょうか。
バラ好きな折節さんに素敵なプレゼントですね。
大きく育って、ローズヒップも見られるなんて記念樹ですね。

娘が就職して初めての母の日のプレゼントの寄せ植えにミニバラがありました。
娘は贈ったことも忘れているでしょうが…
年数経っているのですが、そのミニバラ生きています。
今は花の好みがうるさいから花は止めたと言われます。



少しずつ咲いてくれるだけでも (折節)
2016-10-30 23:30:34
Haruさん、こんばんは。

こちらにもどうもありがとうございます。

今夜もさっきまでちょこっとドイツ語をやっていました。
憶えていく端からぼろぼろと忘れていますので、ため息の連続です。
でも、日中に孫娘のKちゃん(5歳)から電話がありましてね。
「じいじ、こんどいっしょにドイツにいこうね! さんしゅうかんごだよ」
なぜ3週間後かよくわからないのですが、うれしくてドイツ語を続ける励みになります。

バラもローズヒップが実を結ぶ時季になったんですよね。
安曇野の小さな実の他には、ガートルード・ジェキルやアルバ・セミプレナに少しだけ見られます。
青空に西日を浴びて小刻みに風に揺れている光景がいいなと思います。

花の方、返り咲きはほとんど見られなくて、11月はイングリッシュ・ヘリテージを期待しているのですが…。
けさ確認したら、こちらも蕾があまり芳しくないですね。
ヘリテージがダメなら仕方がないと、これであきらめもつくというものです。

この年末からできる範囲できっちりと冬作業をして、来シーズンを楽しみにしたいと思います。
バラとクレマチス、来年こそは、です。
冷え込むようになりましたか (折節)
2016-10-30 23:45:11
kokoroさん、こんばんは。

こちらは戸外がいま14度くらい、明日の朝はこの時季らしい冷え込みになるのでしょうか。
ようやく秋の夜半にふさわしい冷たさになってきたようです。

いつもならバラの返り咲きがいくつも見られる頃なんですが、今年はもうさっぱりです。
蕾の数が少な過ぎる上に、問題なく開花に至る花となるとまた少なくなります。
今は唯一チャールズ・レニー・マッキントッシュの蕾がそろそろ開花を迎えそうで期待しています。
もう何だか来シーズンのことを気にすることが多くなりました。
この冬は少し真面目にバラの冬作業に取り組もうと思います。

バラの安曇野は、娘から披露宴で渡されました。
あの子が選んだみたいです。
帰りは羽田空港からその花籠を抱えて帰りました。
あれから6年、ローズヒップが見られるとは思いもよらなかったことです。

プレゼントって、贈り主の気持ち、かけがえのないものですよね。
娘さんからのミニバラをずっと育てられているんですね。
素敵なお話です。


薔薇の実 (fuyou)
2016-10-31 18:52:02
折節さま
こんばんは
沢山の実がなっていますね
お嬢様から贈られた記念の薔薇ですか
「安曇野」といいますか
どんなにか愛おしいことかとお察しします
マッキントッとといいますか
鶴がすっと首を伸ばしたような高貴な様相を感じさせますね
もうすぐ開花ですね
美しいばらの花ありがとうございました
季節の変わり目 (折節)
2016-10-31 23:32:09
fuyouさん、こんばんは。

外は雨が強く降っているみたいです。
雨が止んだら少し寒くなるとの予報です。
明日から11月、そろそろ季節の変わり目に入っていきそうです。

庭のバラがなかなか咲かない中で、チャールズ・レニー・マッキントッシュが開花間近になっています。
ライラックピンクといいますか、庭にほかにない花の色なので咲くと雰囲気が変わります。
もう庭で10年近く楽しませてもらっているバラの花です。

安曇野のローズヒップは今年は枝の広がりに合わせて見られます。
とても小さな実なので愛らしさが一番です。
秋は返り咲きだけではなくローズヒップの楽しみもあることを再認識しました。
11月もバラはまだまだ返り咲きの季節、いつもの年のようにしっとりとしたバラの花を見てみたいものです。
安曇野 (アンジェラ)
2016-11-01 09:39:16
折節さん、おはようございます!

 安曇野にはそんなエピソードがあるのですね~!
小さな実ローズヒップを見るたびに、暖かい思いがしてきますね~(*^_^*)

我が家の安曇野は花友Hさんからの挿し木苗が3年目に入ります。丈夫で、可愛らしいお花ですよね~!成長も早くてHさんの所では大きな株になっていました。

Kちゃん家族がドイツにお引越しかしら~・・・寂しいでしょうが、また再会の楽しみも増えますね(*^_^*)
少し冷えて来ました。 (折節)
2016-11-01 22:39:29
アンジェラさん、こんばんは。

こちらはこの秋一番の冷え込みかもしれません。
冷え込むといっても九州の海沿いの地ですから、そんなに大したことないんですけどね。
ようやく10度を下回って来そうです。

アンジェラさんも安曇野をお楽しみなんですね。
確かに成長が早いですし、愛らしい小輪の花がたくさん咲きます。
こちらは半日蔭ですので、程よい広がりになっていますよ。

孫娘のKちゃんはドイツではないのですが、年明け早々には遠いところへ行ってしまいます。
どうも2年前のドイツ旅行のおみやげのくまちゃんのぬいぐるみがいたお店に行ってみたいそうです。
くまちゃんのお友達がいっぱいいるからということで、それで私にドイツに行こうと言ったのでしょう。
愉快なKちゃんといつかいっしょに行ってみたいものです。

コメントを投稿

霜降」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。