木に想う

家も建てちゃうドア・家具も創っちゃう材木屋 加藤木材の社長の想う木の話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本当の「輪ゴム鉄砲づくりワークショップ」

2016-04-28 18:31:55 | 適材適所の会

今年は何と言う年なんだろうか…

なんとプリンスまで逝ってしまった。

 

ただただ破滅に向かっていって…

人が人らしく生きていく事が、もはや不可能なこの世はあきらめて

天上では、新たな平和や人間らしく生きて死ねるフェスでも企画されているのだろうか…。

 

4月は光が丘公園でロハスフェスタに出展してきました。

(一社)適材適所の会のブース内に「百年杉の加藤木材」として広告協賛して

出展展示してまいりました。

 

ワークショップはいつもの「輪ゴム鉄砲づくり」でして…

土曜日は270人!にご参加いただきまして

日曜日は暴風の荒天にもかかわらず、それでも40人くらい。

会場内に人はほぼいない状態なのに、よくも40人もいたもんですな。

 

「百年杉の加藤木材」のNO.1ヒットは、この「輪ゴム鉄砲づくりワークショップ」かもしれません(苦笑)。

 

商品としてのご購入ではなく…

ワイワイとワークショップとしてトライすることによる楽しさと子供たちの成長。

 

(荒天の日曜日は風でテントが持ちあがるから、テントの骨組みを手で押さえたり、ぶら下がりながらスタッフさんは子供たちにレクチャーしていただきました ありがとうございました。)

 

実はこのワークショップは簡単そうに見えて…

くつひもを結ぶくらいの技量が求められるのです。

 

 

だから…集中力や粘り強さ…そんなお子さん達の成長を親御さんはお感じになられてるみたい。

 

「最初のころはほとんどスタッフの方に作ってもらってたのに…今はお蔭さまで…」

…という事らしい。

 

この写真は昨年の秋に大阪でやった際の風景。

 

大阪では、何と1日で350セット(驚)!という驚異のレコードでした。

大阪の子は、ぼくらのインストラクション無くても、人のを見ながらドンドン始めるし

作業台のわずかな隙間にも肩を入れて入ってくる逞しさがありました。

あとコミュニケーション能力が高い。

…ようは「ノリが良い」のですね。

親子ともども…。

 

だから回転が速いから

同じ作業台の数でも新記録が生まれたのでしょうね。

東京では250が精いっぱいで、今回の270は東京での1dayレコードです。

 

そんなバタバタとした「輪ゴム鉄砲ワークショップ」なのですが…

実は本当のオリジナルのワークショップは

クイズを出しながら…木に触れながらの40分くらいのプログラムなんです。

その模様は動画に収録してありますので

よかったら見てください。

 

https://www.youtube.com/watch?v=rmBW8ran0Zg

 

この本来のオリジナルな、じっくり取り組む「輪ゴム鉄砲ワークショップ」は

5/3に、昨年に続き、more treesさんのお招きにより六本木で3回に分けてやらせていただきます。

 

http://www.arkhills.com/event/7153.html

 

「加藤政実の本当の輪ゴム鉄砲づくりワークショップ」をお子さんに体感させたい方が

いらっしゃいましたら、当日先着順申し込み制ですので

どうぞお越しくださいませ。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川崎で講演 | トップ | スタッフ募集中 5/20日~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL