前略、いろいろやってます

多趣味なもので、好きなことを書きます。
日々の雑感がほとんど。たまに考古学。

アゲハの幼虫

2017-07-29 13:57:40 | ガーデンもの
今年もカラスザンショウの木にたくさんのアゲハの幼虫がついた。いつもは2〜3匹なのに今年は、MAX9匹です。カラスザンショウの葉はかなり食べられてしまいました。しかし、このカラスザンショウ、以前からアブラムシとクロオオアリが住んでいます。見ていると、うまく住み分けているらしいです。お互いに縄張決めているのかなぁ?アブラムシとクロオオアリのいる所には幼虫は行かない。クロオオアリも幼虫のそばへは行くけど、幼虫がいると引き返していく。不思議な関係。
 
 
こーんなにいるんです。よく見ると、微妙に文様が違うものもいるかも。アゲハもいろいろあるから、複数のアゲハの幼虫が同居ってこともあるのかも。

ある朝、大きな2匹が木を降りて根元にいました。この後、だんだんと大きくなった幼虫から姿を消していき、最後は葉が少しだけ残ったカラスザンショウとアブラムシとクロオオアリが残りました。幼虫たちはみんなアゲハチョウになれたんでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなところに蛹 | トップ | 7月後半の庭2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガーデンもの」カテゴリの最新記事