前略、いろいろやってます

多趣味なもので、好きなことを書きます。
日々の雑感がほとんど。たまに考古学。

新野左馬助公の命日祭

2016-10-12 23:32:57 | 歴史もの
9月17日、御前崎市新野へ行った。新野左馬助って誰?・・・と思った。しかし、来年の大河ドラマ「女城主直虎」で出て来るらしい。刈谷俊介さんが演じるとのこと。ちなみに今川義元は春風亭昇太さんらしい。なんか個性が光るキャスティングで、どんなドラマになるのか面白そう。
親戚の井伊直政を匿い、この直政がのちに徳川四天王になり、子孫には幕末の大老井伊直弼がいるのだから、井伊家にとっては大変な恩人である。地元では「情けの武将左馬助公」として今も尊崇を受けているとのこと。
写真は新野公民館の入口におかれている記念写真用の顔出し看板。地元の池新田高校の生徒が作成したらしい。

最近は芸術家によって、肖像画も描かれている。これは版画で表現したもの。

このように左馬助公は神社にお祀りされている。命日祭も神主が儀式を行っていた。

周囲はのどかな茶畑の広がる農村地帯。とてものどかな所である。

近くには舟ヶ谷の城山があり、ここを本拠にしていたらしい。山中に立派な堀切があった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新幹線のプチ | トップ | 旧浜岡町のマンホール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL