Woodnoteな日常

京都発 小さな小さなCD制作スタジオの日々雑感です

ウッドノート・スタジオ、リニューアル!

2017年03月26日 | ウッドノート・スタジオ
昨年11月から4ヶ月にわたる自宅リフォームもようやく完了、
仮住まいから自宅への引っ越しが3月7日、
以来、ダンボール箱との格闘の毎日が続いていましたが、
ようやく大体の所は片付きました。

ウッドノート・スタジオの仕事場も以前の4畳半から8畳の間に移り、
和室、しかも床の間付き(笑)のスタジオとなりました。
今どき珍しい京間サイズの8畳なので、なかなかの広さです。
↓こんな感じでレイアウトしてみました。


まだまだ完成形ではなく、あちこち手をいれる予定ですが、
これを基本にぼちぼちと進めて行きたいと思います。
さて、遅れに遅れている編集作業も進めないと…。
がんばらなくっちゃ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まもなくリフォーム完了

2017年02月25日 | 日々是好日
昨年11月から自宅の大規模なリフォームに入り、
皆様にはご不便おかけしておりましたが、
まもなく工事も完了、
現在の仮住まいから元の自宅に戻る引っ越し日も決まりました。

引っ越し準備と引越し後の荷解きのため、
3月上旬は連絡がつきにくくなります。
ご迷惑お掛けしますが、よろしくお願いいたします。


写真は1週間ほど前の工事中の様子。
まだ完成が遠く見えますが、着実に進んでいます。
あと一息です。


引っ越し前の準備などで多忙なのですが、
このところ花粉症がひどくて、なかなか意気が揚がりません。
つらい時期ですが、なんとかがんばって引っ越しを乗り切らねば…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怒涛のレコーディング連投

2017年02月11日 | ウッドノート・スタジオ
今年ももう2月ですが、昨年12月からここまで、怒涛のようにレコーディングの仕事が続きました。

まず昨年12月7~9日、前にブログで書いたたんば田園交響ホールでのピアノのレコーディングです。
2015年12月に録音した松平頼則のピアノ作品を中心としたプログラムの第2弾です。
広いホールの響きを活かしたマイクアレンジにしてみました。


今回は舞台袖に机をおいて、そこに機材をならべてのレコーディングでした。
これまで反響板を使うホールでの録音というのはあまりなかったのですが、
こういうパターンも経験できてよかったです。



そして年が明けてすぐの1月11、12日、
だんだんホームグラウンドになってきた、ひこね市文化プラザ・エコーホールでのギターソロの録音です。
ソロの場合、左右の壁の反射音が気になったので、ホールを斜めに使ってのマイクアレンジでした。
ギターにはちょうど良いくらいの大きさのホールで、だんだん使い方にも慣れてきました。



その2週間後の1月27日、ふたたびひこね市文化プラザ・エコーホールで、ギター・デュオの録音です。
曲調や演奏を考慮して、近接のマイクも使ったマイクアレンジになっています。



すぐその翌週、2月2,3日にはフルート&ピアノのレコーディング、
2015年12月にも使った、加古川・アラベスクホールでの録音です。
フルートの録音は初めてですが、事前にいろいろ研究して、ほぼ思った音で録音できました。
フルートの管部をねらった、教科書どおりのマイキングが見えます(笑)。
船底を逆さにしたようなユニークなホールの天井もきれいです。



そしてまた翌週の2月9日、京都の吉田山のふもとの隠れ家的サロン、錦鱗館でのレコーディングです。
ボサノヴァシンガーとウクレレという異色のユニットのミニアルバムです。
ポピュラー系の音楽ということで近接のマイクがわらわらと多めです。
完成すれば、うちからの初のポピュラーものになる予定です。




正月をはさんでの2ヶ月で5件のレコーディング、しかもそれぞれ楽器も編成も違うということで、
かなり緊張する日々でしたが、なんとかそれぞれ無事に録音できました。
これから編集に精を出さなくては…。

うれしいことに、このところCDの制作、録音で声を掛けていただくことがぐっと多くなりました。
1度うちで作られた方が「2枚めもぜひ…」と依頼されたり、
またそれらのCDを聴かれた方が「私も…」と新たに声を掛けていただいたりで、
すでに秋ころまで録音の予定が入っている状態です。
みなさま、お引き立ていただき誠にありがとうございます。


これらの録音は編集を経て、順次完成品CDとなって世に出る予定です。
それぞれ完成の節にはお知らせしますので、お楽しみにお待ち下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の一日、チェロを聴きに

2017年01月15日 | 日々是好日
昨日からの雪が本振りになり、今朝の京都は珍しく10cm以上の積雪となりました。
京都でこれだけ積もるのは久しぶりです。
朝の冷え込みが強く、水道管が凍ってしまい、朝から断水です。
困った困った、とりあえず朝は近くのマクドナルドで朝マックしながらトイレを借りていました。
結局お昼過ぎまで断水が続きましたが、午後にようやく溶けて水道が使えるように。
水のありがたさが身にしみました。

そんなこんなでバタバタしながら、午後からコンサートに。
会場のバロックザールは今の仮住まいからなんと歩いて行ける距離。
雪道を気にしながらも、徒歩でバロックザールへ。

今年最初に聴くコンサートは、「中木健二 無伴奏チェロ・リサイタル」。
実は今年は無伴奏チェロの録音の話があり、
ナマのチェロの音を今のうちにじっくり聴いておこう、と思ってのことでした。
プログラムはバッハの無伴奏チェロ組曲の第1番、第3番、第5番。
いずれもギター編曲でもおなじみの、大好きな曲なので楽しみにしていました。
前から2列めというかなりステージに近い席に陣取り、間近にチェロの生音を堪能しました。
最新録音のCDも購入し、チェロの録音の勉強をしてみたいとおもいます。


コンサートが終わっての帰り道、また雪が強くなってきました。
明日もまた積もるかな…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本年もよろしくお願いいたします

2017年01月03日 | 日々是好日
年も改まりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
喪中のため「おめでとう」とは言えないのですが、
本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

年末にちょっと風邪をひいてしまい、寝正月の前倒しでした。
ゆっくり寝たおかげで、もう熱も下がり元気です。
三が日はテレビで駅伝三昧、
今年は仮住まいで迎えるお正月で、食器類もほとんどダンボールにしまったままなので、
おせちもほんのすこしに抑えてます。
なのであまり正月らしい気分もないのですが、
数日の間は骨休めして、また仕事に精出すことにします。

この1月は年明け早々からレコーディングがあり、
また1月末から3週連続で別々のレコーディングがあります。
なかなかタイトな状況ですが、お仕事いただけて感謝感謝です。
今年もどんどん仕事をこなしていく所存です。
みなさま、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

篠山市、たんば田園交響ホールへ

2016年11月30日 | ウッドノート・スタジオ
今日は兵庫県篠山市にある「たんば田園交響ホール」へ。
来週に予定されているピアノの録音のための、ホール打ち合わせです。
京都縦貫道からデカンショ街道を通って篠山まで1時間ちょっと、
意外と近いです。

ホールは蔵をイメージしたユニークな外観です。


ホール内部も天井など和風を意識したデザインです。
今日は反響板は使わずにリハーサルでしたが、
反響板なしでもかなり良く響くホールでした。


本番の録音は来週です。
初めてのホールで慣れないピアノの録音、ということでちょっと緊張してますが、
昨年12月以来のピアノ録音、楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウッドノート・スタジオ(仮)

2016年11月06日 | ウッドノート・スタジオ
かねてお知らせのとおり、自宅リフォーム工事にともない一時的に仮住まいに引っ越ししました。
引っ越しはドタバタしながらも、なんとか無事に終了、
現在は荷解きの真っ最中です。

まだあちこちにダンボール箱が散乱する状況ですが、
とりあえず仕事ができる環境は整えました。
写真がウッドノート・スタジオ仮設スタジオです(笑)。



数ヶ月だけの仮住まいなので、荷物は極力必要なものだけを出して、
なるべくシンプルにしてますが、
それでも裏の配線は大混乱状態です。

リフォーム工事完了までの約4ヶ月、
ここで仕事してます。
ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一時移転

2016年10月21日 | その他
自宅のリフォーム工事をすることになりました。
耐震補強やバリアフリー化を主目的としたものです。

これに伴い、工事期間中は一時的に仮住まいに引っ越しします。
期間は2016年11月1日より、2017年2月末頃(予定)まで、約4ヶ月間。

仮住まい住所など、移転に関する詳細は、
ウッドノート・スタジオのホームページの特設ページに掲載しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

なにかとご不便をお掛けしますが、
なにとぞよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山科・陶灯路2016

2016年10月15日 | 日々是好日
もう先週の話になってしまいましたが、
昨年に続いて、10月8日(土)、山科駅周辺で開催される「陶灯路」において、
カミサンとのギターデュオで演奏してきました。

天気予報は雨だったので、開催されるか気をもんでいましたが、
なんとか持ちこたえて無事開催されました。
昨年の特設ステージと違って、公演奥手の少し高くなったところをステージに。
あくまで「灯り」が主役、ということで音楽は完全にBGM的に、
MCも入らず、照明も落として、ということで、
あらかじめ譜面用ライトも用意していたのですが、
予想以上に暗く、ギターのポジションマークも見えづらい状態で少々苦労しましたが、なんとか無事終了。
演奏風景はこんな感じです。




演奏曲は、
・夜空ノムコウ
・君をのせて(「天空の城ラピュタ」より)
・風のとおり道(「となりのトトロ」より)
・銀河鉄道999
・スターダスト
・パイプライン
・ムーンライト・セレナーデ

陶灯路の様子です。
ろうそくの灯りが幻想的です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J.M.レーモン氏、来日

2016年08月28日 | ウッドノート・スタジオ
ギタリストの故・稲垣 稔氏のご縁で、
稲垣氏と親友のフランス人ギタリスト、ジャン・マリー・レーモンと知り合い、
稲垣氏が亡くなられた折に、レーモン氏のCDを日本盤の追悼盤として制作、
その後稲垣氏とレーモン氏のデュオアルバムも、日本盤をこちらからリリースしました(2013年発売)。
こちらのCDです。
・WNCD1009「J.M.レーモン/水彩画集
・WNCD1010「稲垣 稔&J.M.レーモン/絆

これらの原盤はカナダのd'OZ社からリリースされているものですが、
レーモン氏の心遣いと努力があって、
これらの日本盤を特別に発売することができました。

この8月、レーモンの3度目の来日です。
今回の日本ツアーではこちらの日本盤を中心に販売するよう、レーモン氏に手配いただいて、
ありがたく販売させていただくことになりました。
信州でのセミナーとコンサートは主催者に委託販売をお願いし、
この26日の大阪公演と27日の神戸公演は直接販売に出向きました。

メールではやりとりしているものの、直接お会いするのは久しぶり。
旧交を温め、そしてコンサートではレーモン氏の暖かい音色と心安らぐ音楽を満喫しました。

神戸でのコンサート終演後にツーショット写真をとってもらいました。


レーモン氏は日本盤の出来をたいへん気に入ってくれて、
「オリジナル盤よりいい仕事しているよ」
と、過分にお褒めいただき恐縮しています。

神戸公演後の打ち上げでは賛助出演した濱田圭氏や亀井貴幸氏、
そして主催された「西神ギターアンサンブル」の皆さんとも楽しい時間を過ごしました。
稲垣氏のご縁でひろがった、こうした輪を大切にしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加