Woodlandnoteの自然の中で考えるマガジン・ブログ版

自然豊かな山間の町から日々の暮らしの中で考えたメッセージを発信します。

マムシの血を飲んだ人はどうなったか。

2016年10月18日 14時28分44秒 | Weblog
私が子供の頃見た光景。

マムシを捕まえて物干し竿にくくりつけ首を落とす。ポタポタ垂れる血をガラスコップに受けてそれをグイッと飲み干すおじさんがいた。一升瓶に入れて焼酎漬けにしているのはよく見かけたが、血をそのまま飲むのは初めてだった。その後その人は肝臓を悪くして2年後に亡くなった。勢力抜群になるところが徐々に衰えて病んだ。昔は意外とそんなことが原因で早死にすることが結構多かったのかもしれない。

私も放し飼いのニワトリのタマゴで卵かけご飯を食べて何度も腹をこわした。いつ卵を産んだのかわからない上に草やぶに何日か放置され冷蔵庫にも入れずに保管したものを食べるのだから仕方ない。なんでこんなにお腹が痛くなるのだろうと不思議だった。父が炭酸飲料にそのタマゴを混ぜて飲んで死にかける事件があってから放し飼いはやめた。
むかしは良かったと言うけれど無知と無鉄砲はいただけない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ねこのゆめ(オカルト編) | トップ | 新米の季節と問題点。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL