森にかこまれた高知の積み木 キュウブ君だより

木の積み木から生まれた、井筒屋キュウブの日記です。高知のいろんなくへ行ったり、高知のもんを紹介するきね。

保母さんの真似をして

2014年07月15日 | 積み木と子どもたち

2歳の女の子です。両親と遊んでいます。

積んでは崩し、積んでは崩しのくり返しをしています。
色々な形・大きさがあるので、子どもも自分なりに工夫し、考える事が出来ます。



親としては、木の質感にふれあえるのは嬉しいです。
箱に乗ったりするので、丈夫で良かったと思います。



最近は、バランスを取って積んでいくのが上手になってきました。

丸くて長いパーツをマイクがわりにして話していることもあります
(保母さんの真似をしているみたいです)

そのうち人形などと組み合わせて、ごっこ遊びも始めると思います。
これからどんな使い方をするのか、楽しみです !

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「かわらっこ」さん | トップ | 小夏のキュブ吉くん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。