森にかこまれた高知の積み木 キュウブ君だより

木の積み木から生まれた、井筒屋キュウブの日記です。高知のいろんなくへ行ったり、高知のもんを紹介するきね。

トラックに積み込み中

2016年07月22日 | 別注(オーダー)家具
今日も朝から暑いですね。

大きなトラックに、出来上がった家具を積んで
現場へ取り付けに行きました。

職人さんはみんな元気です。








別注家具の納入実績ページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

積み木のラッピング

2016年07月15日 | 積み木とキュウブ君
積み木のラッピングをしています。

四隅をピッチリ包むのはなかなか大変です



リボンも付けて



おまけのキュブ吉くんも、気に入って貰えるとうれしいです




積み木のラッピングページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブランコのしんじょう君パネル

2016年07月14日 | グッズ
新しいしんじょう君パネル出来ました。

津野町の天狗高原でブランコしているしんじょう君〜
気持ちよさそう~♪
今日も天狗高原は涼しいろうね~♪

画像を作って下さったもち花さん、どうもありがとうございました。



しんじょう君、そろそろパリから帰ってきゆうかな?



しんじょう君パネル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆびわと女の子

2016年07月12日 | イベント
日曜市で、キュウブ君ゆびわをはめてくれた女の子です

恥ずかしそうやったけど、ニッコリ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5歳のお兄ちゃんと一緒に

2016年07月07日 | お客様からのおたより
手書きのおたよりが届きました。
ご丁寧に、どうもありがとうございました






先日は積み木をありがとうございました。
かわいいラッピングで嬉しくなりました。

息子の1歳の誕生日プレゼントを探していて、おもちゃ屋に見に行ったり、
ネットで調べたりしていて、ネットでこの積み木を見つけました。

木の色が良く、面取りもちょうど良くて、積み木の形・大きさ・内容が
私の理想に合っていたのでこの積み木に決めました。

積み木を出すと、子供はすぐ寄ってきて箱から出し、両手に持って
カチカチしたりして楽しそう。5歳のお兄ちゃんもすぐ来て遊びはじめました。
お兄ちゃんが積んで、弟が壊して...という感じで遊んでいます。

ストラップもかわいいですね。
この積み木にして良かったと思います。




お客様の声のページ

積み木ウッドキュウブ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グッド・トイ2016 ヒューマンブロック

2016年06月14日 | 積み木とキュウブ君
ヒューマンブロックが、グッド・トイ2016に選定されました。




6種のスポーツの人型の積み木。
樹の色が色々ある様に、ヒトの肌の色にも違いがあり、それをいろいろな木でつくりました。
ヒトが織りなす様々なカタチをお楽しみ頂けます。
「手を取り合い、支えあって構成される」
「皆が地球の絵柄の袋に納まる」というストーリー性があります。










グッド・トイ


ヒューマンブロック






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四万十ヒノキのふるさと(5)製材

2016年06月08日 | 積み木とキュウブ君
枝を根本から切り落とす「枝打ち」という作業によって、無節(節の無い材)になります。
ウッドキュウブには、無節の部分のみを使っています。
無節は一本のヒノキの中でも少ないので、とても貴重なものです。



材料を1週間から10日くらい天日に干します。



乾燥室に入れて、1週間かけ乾燥し水分を除きます。
乾燥機の熱源はバイオマスにより木屑を使い乾燥します。



加工前の乾燥済みヒノキ材です



井筒屋の工場に到着しました。





井筒屋ウッドキュウブ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四万十ヒノキのふるさと(4)木の成長

2016年06月07日 | 積み木とキュウブ君
苗から3年畑で育ててから、山に植えます。
山は自然に生えているようできちんと管理しながら人工に生えているのです。

15年ほどで、子どもサイズのヒノキになります。(高さ7~8メートル)
写真の太さほどに育つのに70年~80年ほどかかります。(高さ19~23メートル)
一本丸々は使えないので、製材から選木し良い部分のみを使います。
陽の当たる向きで、木の使い道も違います。



年輪のひとつひとつが、その木の年齢です。
木を切ると、その年に台風が来たとか落雷があったことなども判ります。
年輪が均等であればあるほど値打ちがあります。






積み木ウッドキュウブ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四万十ヒノキのふるさと(3) 間伐

2016年06月03日 | 積み木とキュウブ君
間伐が行き届いていますので日光が差し込み、すくすくと育っています。
地面には草も生えています。下草があるのが間伐が行き届いている証拠です。



四万十町森林組合さんは森の木を間伐して育てるだけでなく、
コクヨや四万十高校自然環境コースと連携し、植生、雨量の蓄積、保水力、川の水質、生息する魚などを調査しています。
チェーンソーは植物油を使って動かしているのが自慢だそうです。






間伐材というと細い木と思いそうですが、そうではありません
成長する木と木の間を保つために伐採されたもので、
四万十町森林組合さんでは植えてから40~50年近く経ったヒノキを使っています。




間伐とは?林野庁さんのページ


積み木ウッドキュウブ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四万十ヒノキのふるさと (2) ヒノキの葉

2016年06月02日 | 積み木とキュウブ君
四万十町森林組合さんでは、国有林.民有林などをあわせ56.000ヘクタールもの
森林を所有していて、航空写真で全て管理されています。



写真の濃い緑の部分が、四万十ヒノキです。
もこもこしている部分は蒔用・炭用の、秋には葉が落ちる広葉樹です。




これがヒノキの種子です。
乾燥したら種が落ちて、芽が出ます。

野いちごをキジなどが食べに来て糞をして、植生が育ってゆきます。




ヒノキの葉です。左のがヒノキ、右の少しトゲのある方はスギの葉です。




ヒノキの葉は、平べったいのが特徴です。





つづく



積み木ウッドキュウブ












コメント
この記事をはてなブックマークに追加