ヲノサトル責任編集・渋東ジャーナル 改

音楽家 ヲノサトル のブログ

息子のサンタクロース

2013年12月24日 | 日常
先日、息子の小学校の個人面談で担任の先生に「参考までに伺っておきたいのですが、お子さんはサンタを信じてますか?」と真顔で訊かれた。

逆に「な、なぜそんな事を?」と訊き返してしまった。「いえ、うちのクラスは、結構信じてる子が多いみたいなんですよ…」と言われた。(※ 小学3年生です)

思わず「近年の調査によると、子供にサンタを信じていてほしい親が多いらしいですよ。それはつまり…」なんて岩村暢子さんの本みたいな事を言いそうになったが、そういう親を批判していると勘違いされてはマズいと思い、

「そうですか… うちは信じてないと思いますけどね、先日も『パパ、今年もサンタのかっこうするの?』と言われましたし…(笑)」とお茶をにごしたのであった。

で、帰宅して息子に「ねえ、サンタっていると思う?」と訊いた。そうしたら即座に「いるよ!いるにきまってるじゃん」と言われ、衝撃を受けたという(笑)

「でも…いつもパパがサンタの格好してるって知ってるだろ?」と訊いたが、「知ってるけど。それとサンタがいるかどうかは別の話でしょ」と答えられた。うむ…論理的だ。

…というわけで<サンタは実在するが、うちには今まで来ていないだけ>というのが息子の認識のようです。

(ちなみに先生には「毎年サンタの格好するんですか。…………マメですね」 と笑われました)

+ + +

ところで、この話をツイートしたところ、すかさず猫沢エミさんからこんな素敵な返答があったので、紹介しておきます。

「大学の時にエルマーの冒険の名訳者、渡辺茂男さんの講演があり『実在しない生き物が、子供の心に椅子を作り、それらが去った後に実在する大切な人を座らせることができる。』という話を聞いて感動しました。ヲノ先生の桃太郎もサンタも、同じレベルで息子さんの中に椅子を作るのかも。」

これには泣かされちゃいましたよ…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽屋の食事 | トップ | [回顧] 2013年 今年観た映画  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。