たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録中心のブログです。

初夏の森で虫さがし-3

2013年06月28日 | 光が丘公園

 6月22日(土)の午前中は、練馬区教育委員会「青年リーダー養成講習会」で光が丘公園です。参加者は高校生と大学生の青年リーダーが8名、練馬区教育委員会青少年課青少年係の方が2名、青少年委員の方が2名の12名。集合場所とキーホルダー作り用に、公園サービスセンターの会議室をお借りすることができたので、助かりました。写真は撮れませんよね…。
 「子どもと楽しむ自然観察」ということで、まずは池から。公園サービスセンターの許可を得て、生きものを捕まえて見てもらいました。行き当たりばったりでも捕まると思っていたヨシノボリは網に入らず、モツゴのみだったのがちょっと残念…。ラクウショウの実のベタベタや匂い、ヘクソカズラの匂い、オオサカヅキの翼果の観察のあと、花に来ていたクマバチを捕まえて観察。たか爺としては、これもスズメバチじゃなくて残念ですが、樹液ポイントがないので仕方ありません。
 昆虫原っぱでは、8日の下見の下見(!?)の際に、カナヘビやトカゲだけでなくヒバカリの子どもも捕まえていた近所の小学生が、なんとトノサマバッタを捕まえてくれておりました! 成虫のオスです。草刈り中の生態工房の方たちも、ヤマトシジミ・ベニシジミ・ナナホシテントウ・ショウリョウバッタの幼虫・カメムシの仲間・コアオハナムグリ等をキープしておいてくれて、感謝ですね。
 あとはスズカケノキのキクイムシの食痕やドクダミの花を見てもらって、たか爺の定番「香りのえんぴつ」のクスノキです。クワの実は時期すでに遅しという感じで、下見の時点で食べつくされておりました…。サンクチュアリの鳥の声は時間の関係でパスしましたが、サービスセンターへ戻る途中では、これまたなんとクサガメの子どもが道を歩いていて、みんなでびっくりです。
 最後には「魔法の小枝」の輪切りでキーホルダーを作ってもらって、無事終了。どちらかというとキャンプ中心のジュニアリーダー養成講習会の指導のお手伝いをしている練馬区青年リーダーの若者たちにとって、多少でもお役にたてたならばいいのですが。これからは地元で活動している様々な団体とも関わって、さらに活躍してくれるといいですね。たまにはワンダースクールのお手伝いにも来てほしいよなぁ~。
 午後はサタデースクールの日だったので、講習会は9時から11時にしてもらいましたが、ぎりぎりセーフ。いったん家に戻り、荷物をおろしてお昼を食べて、12時10分からは子どもたちのお迎えがスタートです。

S20130622rimg0059kamenokohamusikans S20130622rimg0074hakiribacino

 22日(土)午後のサタデースクール「初夏の森で虫さがし」には、キッズ4名+ファミリー6名の10名が参加してくれました。アシスタントはあきらです。
 画像はイノコズチカメノコハムシと、ハキリバチの仲間が切りとった葉っぱを観察中。ハキリバチは葉っぱを巣材にして中に卵を産むようですね。

S20130622rimg0066nanafusimodokiyocy S20130622rimg0071nanafusimodokiyocy

 ナナフシモドキも見つかりました。

S20130622rimg0085entotudorobaci S20130622rimg0090kurohiraasikibaci

 駐車場脇の草むらで子どもたちが虫とりをしていたら、たか爺のハチの師匠のsundogさんがやってきました。明日の講座で使うスズメバチを採りに来たとのこと。そしたらいきなり、やっぱりハチでしたねぇ~。
 配電盤のような設備をちゃっかりと利用していたエントツドロバチは、お尻しか撮れませんでした…。ガの幼虫かなにかをせっせと運びこんでいます。何頭も出入りしていたので、自分たちより大きな生きものは入れないセキュリティ付きのマンションみたいなもの!? 子どもたちには泥で作られた個室が与えられています。
 「宝の山」にいたクロヒラアシキバチのオスは、参加者のお母さんが見つけてくれました。

S20130622rimg0088kogatasu S20130622rimg0094kogatasu

 アシスタントのあきらが見つけてくれたコガタスズメバチの巣。大手柄です。sundog師匠がいてくれてラッキーでしたねぇ~。あっという間に働き蜂4頭をネットインして、ご覧のとおり。昔の「ワンダースクール通信」もリンクしておきますね。http://wonderschool.iinaa.net/news865.html

S20130622rimg0097suomisetemorau S20130622rimg0099suomisetemorau

 コガタスズメバチと巣の内部を観察中です。中にはまだ8室だったかな。

S20130622rimg0104kisujitorakamikiri S20130622rimg0110hacimodokihanaabu

 「宝の山」にはカミキリ屋さんも来ていて、キスジトラカミキリをプレゼントしてくれました。ハチモドキハナアブはブレブレでしたね…。いずれもハチのようでハチじゃない虫たちということで。

S20130622rimg0107oojyoonokansatu S20130623rimg0154oojyooto

 カブトムシの森で他のスズメバチ数種を採集後引き上げていった師匠にかわり、このオオスズメバチの女王蜂は弟子のたか爺が。なんだか「初夏の森でハチさがし」みたいになっちゃいましたが、別名「スズメバチの森探検」なのでまあいいかぁ…。
 翌23日(日)の午前中は、親子でワンダーの「初夏の森で虫さがし」です。6家族17名が参加してくれました。子どもたちは3~5歳の幼児が中心だったので、ゆっくりペースです。せっかくなので、オオスズメバチの女王蜂では撮影会!? うまく撮れているといいですね。

S20130623rimg0125hagoromoyocyuto S20130623rimg0127tonboedashakuto

 「ぴょんぴょん虫」のハゴロモの仲間の幼虫と、交尾中のヒロオビトンボエダシャクの観察中です。

S20130623rimg0135musitori S20130623rimg0140musitori

 虫とり中ですね。幼児たちでもチョウやバッタの幼虫をけっこう捕まえていました。今年のワンダースクールは、なんだか小学生よりも幼児のほうが元気で積極的な子が多いような気がします。そんな子どもたちが参加してくれているだけなのかな?

S20130623rimg0146musitori S20130623rimg0149akiakaneto

 アキアカネも捕まっていましたね。

 それにしても、21日の「夜のクワガタさがし」・22日午前中の「青年リーダー講習会」・22日午後の「サタデースクール」・23日午前中の「親子でワンダー」の4連ちゃんは、さすがに疲れたぁ…。
 とか言いながら、23日の午後は帰宅後お昼を食べてからすぐに、湯の丸高原まで関越&上信越道をひたすら追越車線です。まずはレンゲツツジだけでも見ておかないと…。たまには、たか爺にずっと好きなことをさせてくれている「神」さん孝行もしておかないとね!?


この記事をはてなブックマークに追加

夜のクワガタさがし

2013年06月27日 | 夜の森探検隊

 6月17・18日は、週末の練馬区教育委員会「青年リーダー養成講習会」の資料作りでおこもりです。「子どもと楽しむ自然観察」として簡単にまとめ、あとはホームページから『子どもと自然大事典』関係、2013年度のワンダースクールのチラシ等の添付中心ですね…。

S20130619rimg0013himesuzumebaci S20130619rimg0019monsuzumebacitokok

 19日(水)は、「夜のクワガタさがし」の事前調査に行ってきました。今回もたか爺の虫の師匠の1人であるKIMさんが同行してくれて助かりましたね。毎年初めて夜の森に入るときは、やっぱり1人じゃ怖くてねぇ…。
 画像は、まだ明るいうちに樹液に来ていたヒメスズメバチの女王蜂2頭と、モンスズメバチの働き蜂&ちびぃ~コクワガタのオスです。日没後も活動するモンスズメバチの働き蜂が多くて、今年も要注意ですね。

S20130619rimg0027fukurasuzume S20130619rimg0028nokomesedakayoto

 青光りする鱗粉がきれいなフクラスズメと、山折り谷折りみたいな羽のノコメセダカヨトウ。ガももうけっこう出ていて楽しませてくれます。

S20130619rimg0042fusikikisitaba S20130619rimg0024kosuzume

 個体数では№1だったフシキキシタバ。パンチパーマのお兄さんが泣いているみたい? こっちは細泣きですが、キシタバだと太泣きになります!? キイロスズメも出ていました。

S20130619rimg0035veludokamikiri S20130619rimg0046syukaku

 初めて見たカミキリは、ビロードカミキリになるのかな。光の加減で模様が出たり出なかったり、模様の出方も変わったりしておもしろいカミキリです。
 クワガタのほうは、21日の保険用にコクワガタのオス8頭、メス1頭、ノコギリクワガタの小型オス1頭の計10頭をキープしておきました。

S20130620rimg0052 20130620rimg0049

 20日(木)は光が丘公園へ。「青年リーダー養成講習会」の事前調査です。ワンダースクールの6月は虫モードですが、光が丘公園では…。とりあえず確実な植物中心でいくしかない。
 でも、22日には練馬区で一番広いとされている原っぱ「昆虫原っぱ」の草刈りが行われるようです。そこで、さっそく生態工房さんへ電話してみました。普段は入れない場所なので、草刈りの際に出てきた生きものを見せてもらいたい! 即OKしていただいて感謝です。
 八重咲きのクチナシの蕾はなんだかおいしそう!?

S20130621p6210002yorunokuwagatasaga S20130621p6210007yorunokuwagatasaga

 21日(金)は、キッズ肝試し企画「夜のクワガタさがし」です。キッズ3名+ファミリー2名の5名が参加してくれました。けっこう雨に降られてしまいましたが、やぶ蚊が少なくて助かりましたね。滅多に使わない雨の日用のコンデジ使用なので、写真は…。

S20130621p6210009yorunokuwagatasaga S20130621rimg0056mukugekonoha

 クワガタのほうはコクワガタのみでしたが、1人2頭ずつはキープ。保険用も2頭ずつ+しておみやげにしてもらいました。たか爺の好きなムクゲコノハやベニスズメも出てきましたね。
 夏休みの「夜の森探検隊」の前にクワガタさがしをしたい方は、金曜の夜にご予約ください。現地3名・送迎2名以上にてガイドウォークOKです。


この記事をはてなブックマークに追加

「7月のご案内」に関して

2013年06月19日 | ご案内

 ブログへのコピーがうまくいかなくなってしまったので、「7月のご案内」はホームページのほうへ載せてあります。http://wonderschool.iinaa.net/raigetunogoannai.htm


この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとだけ風布川

2013年06月18日 | 川の生きものさがし

S20130616rimg1833fupugawa S20130616rimg1845fupugawa

 6月16日(日)の「どろんこ田植え体験」の午後は、風布川です。朝、花園ICでおりる前に見た荒川は、水量が増えて濁流になっていたので心配しましたが、風布川はまったく問題なくてよかったですね。

S20130616rimg1861 S20130616rimg1838fupugawa

 里山体験プログラムの際には、毎回でもちょっと寄りたいたか爺お気に入りのフィールドなので、送迎参加のご家族は強制的に連れて行っちゃいます…。あとは希望者のみ自由にご参加くださいみたいな感じ。サワガニとりのみならず、沢の生きものさがしも楽しい川ですね。
 今回は写真を撮っていませんが、アブラハヤ、モンキマメゲンゴロウ、オナガミズスマシ、ヤゴもオニヤンマ・ミルンヤンマ・ミヤマカワトンボをはじめサナエトンボが数種類見つかっていました。クロスジのほうのヘビトンボの幼虫もあきらが捕まえてくれましたが、写真を撮る前にサワガニの餌食になってしまって残念…。そろそろ水着で沢遊びも楽しめる季節ですね。

S20130616rimg1854mkawatonbo S20130616rimg1811mkawatonbo

 ミヤマカワトンボのメスとオスです。個体数ではニホンカワトンボよりも多くなりました。

S20130616rimg0005miyamakawatonboyag S20130616rimg1842nkawatonbo

 ミヤマカワトンボのヤゴ。ニホンカワトンボもまだ見られます。これはオス。

S20130616rimg1865himekimadaraseseri S20130616rimg1827kobikyohi

 山地性のヒメキマダラセセリです。
 スジグロシロチョウは、オスがメスを追いかけまわして求愛していましたが、メスは腹端を上にあげて交尾拒否。チョウのメスは一生に一回しか交尾しないようです。それでもなかなかあきらめがつかないオスは、しつこいというか哀れというか…。

S20130616rimg1817yabuyocyu S20130616rimg1860

 ヤブキリとフキバッタの仲間の幼虫。

S20130616rimg1818yukinosita S20130616rimg1819yukinosita

 ユキノシタの花もきれいでしたね。

 6月29日と7月6日のホタル狩りの前にもちょっと寄る予定でいますが、まあ、お天気とホタル次第だなぁ…。


この記事をはてなブックマークに追加

どろんこ田植え体験

2013年06月17日 | ねりま遊遊スクール

 6月15日(土)と16日(日)は、里山体験プログラム「どろんこ田植え体験」で寄居です。梅雨時なので両日とも微妙なお天気でしたが、田植えは雨天「結構」ですからね。子どもたちは本来水遊びや泥遊びが大好きなので、雨の日でも楽しいものです。まあ、犬にもレインコートを着せてお散歩させる時代なので、どんな子に育てたいのか、あとは親の判断次第かな!? 実際には、練馬は雨でも寄居はOKというよくあるケースで、両日とも雨には降られずに開催できました。

S20130615rimg1632asaza S20130616rimg1706noanoike

 カフェギャラリー・ノアの池のアサザの花です。埼玉県では絶滅危惧Ⅱ類ですが、田んぼ生きもの公園の池でも普通に見られます。
 早く到着した子どもたちは、さっそく池で生きものさがし。メダカにザリガニ、ヌマガエルなどが捕まっていました。

S20130615rimg1634kumabaci S20130615rimg1638maruhanabacisp

 庭のなんとかセージの花に来ていたクマバチと、「むくむくむっくん」のマルハナバチの仲間。大きな花粉団子をつけて、頭を花の中に突っこんじゃって、かわいいものです。直接手でつかんだりしなければ、刺されることはまずありません。

S20130616rimg1711noa S20130615rimg1644doronkotaue

 いつも通りノアに集合してもらってから、道路の反対側にある田んぼ生きもの公園へ。
 むさしの里山ネットワークの練馬区教育委員会委託講座「ねりま遊遊スクール」として開催した15日は、2家族6名がキャンセルで、キッズ2名+9家族25名の27名が参加してくれました。送迎キャンセル待ちのまま参加できなかったご家族には、「ごめんなさい」をしておきます。前日に参加OKになっても、さすがに他の予定を入れちゃていますよね…。
 この日はテレ玉のニュース番組「ごごたま」の取材も入りました。今日放送されたと思うけど、たか爺ンちでは見れません…。録画された方はあとでよろしく!
 会員のみ対象の16日は、15家族53名の予定が10家族33名に。今年で最後の田植えになるため、キャンセル待ちになっていたご家族もすべて参加OKにしておいて正解でした。でも、キャンセルされた方は0~3歳のお子様もいるご家族ばかりなので、こればっかりは仕方ありませんよね。

S20130615rimg1665doronkotaue S20130616rimg1743doronkotaue

 カンカン照りならむしろ雨のほうがありがたい田植えですが、今年は両日ともに田植え日和!? それでもけっこう日に焼けてしまいました。まあ、頸椎と腰椎のW椎間板ヘルニアの具合がいまひとつのたか爺は、田植えはパスだけど…。

S20130616rimg1731doronkotaue S20130615rimg1652doronkotaue

 小学生たちはもちろんですが、すぐにあきちゃうかと思っていた幼児たちも、予想以上に働いてくれたかな?

S20130616rimg1761doronkotaue S20130616rimg1750doronkotaue

 まさしく「どろんこ田植え」です。NHK朝ドラの「あまちゃん」じゃないけど、お姉ちゃんはずっと田植えアイドル!?
 お母さんにオンブされて0歳からずっと参加してくれている子も、3歳になるともう自分で植えられるんだぁ~。そういえば、アシスタントのあきらが面倒を見てくれていた日も多かったような気がしますね。たか爺としては感無量というところなんだけれども、自分の孫がちょっと心配になったりもして…。

S20130616rimg1782syuryo S20130615rimg1674ido

 最後の田植えも無事終了した田んぼ生きもの公園です。井戸で泥を落としたら、あとはご自由に。

S20130616rimg1793doronko S20130616rimg1767kanahebito

 果敢にも泥合戦で姉にいどむ3歳の男の子です。幼児用の田んぼもあとは、16日午後の「田んぼまるごと体験教室」の田植え用ですね。
 カナヘビを捕まえてご満悦の子は4歳ですが、生きものを捕まえる能力は今どきの小学生以上! カナヘビのほうもいい顔してるでしょ!? もう少し寄って構図さえ決めれば、フォトコンいけたかも?

S20130616rimg1765kabutoebi S20130616rimg1772honenebi

 田んぼの生きものといえば、カブトエビとホウネンエビ。今年はなぜかヌマガエルもアマガエルも少なくて、これはちょっと不思議です。

S20130616rimg1768himegamusi S20130616rimg1799

 ヒメガムシは幼虫もいました。メダカとドジョウは排水用の用水路で捕まったものです。7月の「田んぼの生きものさがし」の際には何が見つかるのか、楽しみですね。

S20130615rimg1668nokotooojyoo S20130616rimg1801nokokuwa

 ヤナギの樹液に来ていたノコギリクワガタとオオスズメバチの女王バチ。どちらも捕まえて子どもたちに見せてあげるのは、秋ヶ瀬公園より先になってしまいました。

S20130615rimg1680kabutomusito S20130615rimg1691kabutomusito

 カブトムシはノアの庭で。ビビりの小学生たちはなかなか手が出ませんでしたが、3歳の子はちゃんと自分でつかんでいました。最近たか爺の口癖になっている「小学〇歳児」にぴったりの場面!? たか爺としてはなんだか情けない話だけれども、ワンダースクールでさえもうこれが現実だなぁ…。

S20130615rimg1693benikamikiri S20130615rimg1700musitori

 ベニカミキリです。調べてみたら、幼虫は竹を食べるのでノアにもいるわけですね。
 15日は電車利用の参加者も多いねりま遊遊スクール日程なので、お弁当のあと午後はそのままフリータイム。田んぼや用水路へは行かず、ノアの庭で虫とりが中心でした。火・水・土のキッズトリオに捕まったのはモンシロチョウ5匹のみでしたが、まあ、仲良く楽しく遊べて何よりです。結局誰も捕まえられなかったオオシオカラトンボは、小3女子があっさりと捕まえておりました…。
 16日午後の風布川は、次回に回します。


この記事をはてなブックマークに追加

初夏の森で虫さがし-2

2013年06月14日 | 夏の森で虫さがし

 6月11日(火)・12日(水)・13日(木)のワンダーキッズはピクニックの森。今回は子供の森の予定でしたが、雨が降ったりやんだりしていたので変更しました。もう「虫さがし」はいつでもどこでも出来る季節だし、どうせ濡れちゃうなら池があったほうがおもしろいですからね。
 火曜には一応、「初夏の森で虫さがし」(別名「スズメバチの森探検」)かザリガニ釣りか彩湖自然学習センター見学か、3拓で子どもたち自身に選んでもらいました。そしたら、全員一致で「スズメバチ~」!? まあ、もともと外遊びが好きな子どもたちだから、当たり前かな? 水曜は森でも池でも大当たり! 木曜は迷わず「ザリガニ釣り!」でした。

S20130611rimg1393onagabacisanrankan S20130611rimg1396tezukamibaci

「ハチさん、まだいるかな?」
 これは、火曜の子どもたち。先週じっくりと観察させてもらったエゾオナガバチの産卵はまだ続いていて、火・水ともけっこう集まってきていました。「手づかみバチ」もね。

S20130612rimg1504tamamusikansatucyu S20130612rimg1503yamatotamamusi

 水曜には、なんと同じエノキの切株のほうから、羽化したタマムシが木から出ようとしてもがいている場面に遭遇。たか爺だって今までに2回ぐらいしか見たことがない、とてもラッキーなシーンです。
 子どもたちは「がんばれ、がんばれ」と応援しますが、タマムシにしてみれば、なんだかやたらと大きな生きものたちに取り囲まれて、「やばっ! 急がねば…」みたいな気持ちだったのかな? 噛んで木に穴をあけるみたいですが、どうせならもうひと回り大きくしておけば楽なのに!? 「冬のクワガタさがし」では、羽化はしたものの朽木から外へ出られずに死んでしまったタマムシもよく見つかります。命がけですね。

S20130612rimg1513hiroobitonboedasha S20130612rimg1603yamatotamamusi

 かなりぐらぐらになっていた木の小片を1つだけはがしてあげたら、無事に脱出成功。切株をよじ登ってから森側の下草へと移動しました。
 きれいでしょ~。このきれいな金属光沢は、天敵の鳥を寄せつけないためとか、日光を反射するためとか言われています。

S20130613rimg1625 S20130613rimg1629

 虫じゃないけど、木曜には大きなヒダリマキマイマイも。ようやく梅雨らしくなって、カタツムリたちも目立つようになってきました。

S20130611rimg1408okamonoaragai S20130612rimg1492hidarimakimaimai

 あまねが見つけたオカモノアラガイは、埼玉では絶滅危惧種に指定されていますが、農家では嫌われものみたいです。寄居の田んぼ生きもの公園にも多いカタツムリですね。まだとても小さなヒダリマキマイマイの赤ちゃんも載せておきます。

S20130612rimg1497kanokoga S20130612rimg1534hiroobitonboedasha

 昼間に活動するカノコガは、先週あたりから増えてきました。この日は雨宿り中。交尾中のヒロオビトンボエダシャクは、ゆうきが見つけてくれました。

S20130609rimg1359zariike S20130611rimg1416zariike

 9日(日)と11日(火)のザリガニの池です。少しぐらいの雨では、水はもどりません。
「温泉に入ってるみたいなザリガニ見つけた。」
 これは誰だったかな? まあ、好きで泥に穴を掘ってるわけじゃないんだけどね…。

S20130613rimg1612 S20130613rimg1622

 13日(木)になって、ようやくここまで。
「たか爺と勝負したい!」
 挑戦は受けて立ちましたが、意外と難しかったですね。16匹対10匹という釣果でした。
「前より頭よくなったなぁ…。」
 確かにそんな感じ。入れ食いは入れ食いなんだけれども、釣りあげようとするとすぐに離してしまって、網なし勝負ではなかなか釣りあげられない…。共食いでお腹は減っていないから!?

S20130612rimg1545dojyoget S20130612rimg1566dojyotori_2

 水曜は、途中からけっこう降ってきた雨の中、かこが蒲焼にできそうなぐらいの15㎝はあるドジョウを捕まえると、ドジョウとりで盛りあがります。

S20130612rimg1579dojyo S20130612rimg1562zari

 かこ6匹、はるちか4匹、やまと1匹の計11匹捕まっていました。「泥鰌」と書くだけあって、腸でも空気呼吸ができたり、泥にもぐって皮膚呼吸で越冬したりできる不思議な生きものです。
 このアメリカザリガニは、雨が降ってくれてばんざいをしているわけではありません。子どもたちが水たまり状態となった池の中を歩き回るので、大物たちはみんな陸へと緊急避難です…。

S20130612rimg1571zaridarake S20130612rimg1540hiirogengoro

 池のまわりもザリガニだらけになります…。ハイイロゲンゴロウもかなり捕まっていましたね。

S20130611rimg1427inokozucikamenokoh S20130611rimg1436nanafusimodokiyocy

 雨にはほとんど降られなかった火曜には、イノコヅチカメノコハムシやナナフシモドキの幼虫も見つかりました。なんとも不思議な形をした虫たちですよね。ヤブキリの幼虫を見つけた子もいます。

S20130611rimg1458medakaike S20130611rimg1439inunumatoranoo

 メダカの池 のほとりでは、イヌヌマトラノオの花が咲きはじめていました。
「おもしろい模様がある。」
 あまねです。オタマジャクシのお腹に透けて見える腸ですね。「腸が超見える!」の親父ギャグはひかりだったかなぁ…。まだ小さなものでしたが、トウキョウダルマガエルならいいんだけどね。

S20130611rimg1455kosiakitonboyago S20130612rimg1584oyamatonboyago

 れまが捕まえたコシアキトンボのヤゴと、かこが捕まえたオオヤマトンボのヤゴ。
 オオヤマトンボのヤゴは、ワンダースクール史上初めての発見です! 新井さんに確認してもらったところ、羽化するために岸辺近くに来ていた羽化直前のヤゴではないかとのこと。今頃は無事にトンボになっているでしょうか。

S20130611rimg1463bokutogayocyu S20130611rimg1465horikawakusihigega

 これは、火曜に何匹か見つかったボクトウガの幼虫。嫌いな人にはごめんなさいですが、こいつらのおかげで樹液が出てくれるわけです。樹液が出るようになったヤナギの幹の穴には、すでにヨツボシケシキスイがもぐりこんでいました。
 「ハチのようでハチじゃない」ホリカワクシヒゲガガンボは、あまねが見つけてくれました。右の羽が伸びきっていなくて、羽化失敗かな? 「クシヒゲ」の触覚があるのでオスです。

S20130611rimg1469hamaru S20130611rimg1478ookinakabu

「やめといたほうがいいよ…。」
 たか爺の言うことを聞かないと、こうなるわけだから…。倒れてはくれなくて残念!?
「うんとこしょ、どっこいしょ、まだまだ長靴ぬけません。」
 火曜はチームワークがいいようで、「おおきなかぶ」作戦! でも
、イヌもネコもネズミも手伝ってくれないので、最後はたか爺がひっこぬいておきました…。まあ、科学的な効果は皆無だし、落ちないように誰かに体をキープしてもらっておいて、両手を使って引っぱれば子どもの力でもぬけたかもね!?
「だからさぁ…。長靴脱いで、靴下も脱いで、それからだろぅ…。」
 お洗濯タイムでも笑わせてくれましたね。やっぱり長靴をはいたままただ水をかけるだけかぁ…。濡れた靴下もまたそのまま
はいちゃうし…。いつだったか「親子でワンダー」の時かなにかにお母さんたちに聞いてみたことがあったけど、今は自分の上履きや運動靴ぐらい自分で洗わせるなんていうことないんですねぇ…。うちは小学生になった時から2人とも毎週末自分で洗っていて、「ついでに風呂掃除も頼む」みたいな感じだったけどね。

 明日明後日の「どろんこ田植え体験」が終わると、来週のワンダーキッズはお休みですが、週末の青年リーダー養成講習会の事前調査や資料作成で苦労しそうです。光が丘公園だと、秋ヶ瀬のように行き当たりばったりでもいろいろと見られるわけじゃないですからねぇ…。金曜の「夜のクワガタさがし」も含めた子供の森の事前調査等もあるので、来週はブログもちょっとお休みかな。そろそろ「7月のご案内」も作らないといけませんね。


この記事をはてなブックマークに追加

「ザリガニ釣り大会2013」結果発表!

2013年06月10日 | ザリガニ釣り

 6月8日(土)に臨時開催予定だった「ホトケドジョウと川の生きものさがし」には、4歳でもいろいろと捕まえてくれそうな子のご家族が参加予定でしたが、中耳炎になっちゃって残念…。たか爺としては、先月見つかった兜川のホトケドジョウを再確認しに行きたかったのですが、やっぱり1人で行ってもつまらないので中止です。変な爺さんが1人で川の生きものさがしなんてしていたら、通報されちゃいそうだし!? 改めて臨時開催の予定でいます。

S20130609rimg1335zariike S20130609rimg1359zariike

 6月9日(日)のサタデースクールは、「ザリガニ釣り大会」の最終回でピクニックの森。ぎりぎりセーフでどうにか開催はできたものの、ザリガニの池は予想どおり悲惨な状況でした。ここまでくると、あとはあっという間です。今週も雨は降りそうもないので、おそらく今日か明日には、2枚目の画像のオレンジ色のシャツを着た子の前の真ん中あたりにしか水は残らず、今週中には完全に干上がってしまうでしょうね。

S20130609rimg1343zari S20130609rimg1344zari

 なぜかわかりませんが、浅い場所では水面に出ている石や大物のザリガニたちが穴を掘ったあとの泥の上に、ザリガニたちが集団で避難しています。浅い場所は水温が高くなりすぎて、ぬるま湯状態になっちゃっているからかな?

S20130609rimg1350zari S20130609rimg1349zari

 水際はこんな状態で、じき干しエビになっちゃう…。

S20130609rimg1347zarituri S20130609rimg1354zarituri

 この日の参加者は、キッズ4名+1ファミリー2名の6名。この状態で網なんか使ったらひと網で何十匹なんてことになってしまうので、魚とり網の使用は禁止ですね。小2から小4の子どもたち5名の1時間での釣果のほうは、46匹・39匹・37匹・29匹・14匹でした。今年の「ザリガニ釣り大会」もこれにて終了。上位8名は以下のようになりました。

◎優勝    かこ(小3) 103匹 ワンダーキッズ水曜
◎準優勝  けいた(小4) 46匹 サタデースクール
◎第3位  けんと(小3) 40匹 サタデースクール
◎第4位  しんたろう(小4) 39匹 ファミリー会員
◎第4位  だいすけ(小4) 39匹 サタデースクール
◎第6位  りく(小3) 37匹 サタデースクール
◎第7位  はるちか(小4) 34匹 ワンダーキッズ水曜
◎第7位  なおゆき(小3) 34匹 サタデースクール

 あとは、30匹台が3名、20匹台が4名、10匹台が3名、1桁台が4名と続きます。

S20130609rimg1365usigaeru S20130609rimg1355tokyodaruma

 「特定外来生物」のウシガエルと「絶滅危惧種」のトウキョウダルマガエルです。
 水面から顔を出していたので写真を撮ろうとしたらすぐ潜られてしまったウシガエルは、アシスタントのあきらが素手で捕まえてくれました。水中手さぐりの術!? トウキョウダルマガエルは、りくたろうが見つけてくれましたね。

S20130609rimg1373dojyo S20130609rimg1357komayubacinomayu

 丸々と太った大きなドジョウはだいすけが捕まえましたが、こんな状態の池でよくぞ生き残っていてくれたという感じです。
 嫌いな人はごめんなさいの画像のほうは、マイマイガの幼虫に寄生していたコマユバチの仲間の繭ですね。

S20130609rimg1382tenorikemusi S20130609rimg1386onagabacito

 「手乗り毛虫」と「手づかみバチ」。おチビちゃんのザリガニを数えるのにも苦労していた元祖ビビりーズは、もちろんパス。自分で自分にはめた枠、どうしてもはずせないみたいです…。


この記事をはてなブックマークに追加

初夏の森で虫さがし-1

2013年06月08日 | 夏の森で虫さがし

 6月4日(火)・5日(水)・6日(木)のワンダーキッズはピクニックの森。「初夏の森で虫さがし」の1回目です。今年は子供の森の樹液の状態がいまひとつで、池も草地になったままなので、順番を入れ替えました。

S20130604rimg1089onagabacikansatu S20130604rimg1093onagabacikansatu

 まずは、ほぼ確実にオナガバチの産卵シーンが見られそうなエノキの朽木から。エゾオナガバチしか確認できませんでしたが、毎日10匹以上は産卵に集まってきていました。写真は撮らせてもらえなかったけど、時々オスも飛んできます。
 メスでも人は刺さない(刺せない)ハチなので、飛んできたものは「手づかみバチ」!? 水曜には、刺さないとわかっていてもつかめなかったビビる君、ハチはつかめたけど、ハチが飛びたったり飛んできたりするたびにビビりまくり君も。2人合わせて「ビビりーズです」!?

S20130604rimg1167ezoonagabaci S20130604rimg1174onagabacisanrankan

 ここでは3匹いっしょに産卵中。いつでも見られるというわけではないので、この機会に近くでじっくりと観察してみてください。お腹の先がドクドクしているの、わかったかな? 「あなたを産んだときも、大変だったんだからねぇ~」とか言いながら、できれば母子でも見てもらいたいシーンです!? 髪の毛のように細くて長い産卵管を通して卵を産む作業は、かなりの重労働だと思います。

20130606rimg1283ezoonagabacisanran S20130606rimg1285ezoonagabacisanran

 木曜には、観察しやすい場所で産卵を始めた個体も。ダニ付きだけど…。でも、「マダニ」じゃないからね。「ダニ」と聞いて、過剰反応するお母さんがいたりするといけないので、念のため。
 寄生蜂なので、朽木の中にいる他の虫の幼虫に向かって産卵管を刺したところですが、子どもが観察中の同じ個体は、お腹の先を高く持ち上げた「キリンさんのボース」で産卵開始です。エゾオナガバチの産卵に関しては、http://wonderschool.iinaa.net/news1233.htmも見てみてください。

S20130606rimg1293zariike S20130606rimg1292zariike

 しばらく飼っていたザリガニを池に帰しているところです。ザリガニの池の水位も、木曜にはもうここまで下がってしまいました。昨日も結局雨は降らなかったので、明日の「ザリガニ釣り大会」はこの池で開催できるかなぁ…。

S20130605rimg1210zarianahori S20130606rimg1305zariana

 穴を掘りはじめたり、すでにかなり深く掘って、避難しているザリガニたちもいました。まだ池に水は残っているんだから、とりあえずは水があるほうへ移動すればいいだけなのに、当分雨が降らないことを察知した上での行動なのかな?

S20130605rimg1217kogaerusagasicyu S20130605rimg1215nihonakagaerukogae

 水曜のはやとは、ニホンアカガエルの子ガエルを見つけてくれました。2匹いましたね。ザリガニの池では、毎年2月下旬から3月上旬にかけてニホンアカガエルが産卵します。でも今年は、孵化してオタマジャクシになったと思ったら、すぐに干上がってしまいました。それでも、たくましく生き残っていたやつもいたんですねぇ~。

S20130604rimg1109habaciyocyu S20130604rimg1103habaciyocyurotobas

 葉っぱにくっついていると、「何だ? これ」って思っちゃいますが、横から見てみると芋虫であることがわかります。ガやチョウではなく、ミツクリハバチ属のハチの幼虫です。身にまとっているロウ物質を吹き飛ばすと、さらにはっきりしますよね。

S20130604rimg1105habaciyocyukansatu S20130605rimg1222habaciyocyu

 で、今度はお顔を観察。真正面から撮りたいのですが、どうしてもすぐに横を向いちゃって…。よく見てあげれば、まん丸の頭に小さなお目めがチョンチョンとついていて、お口もかわいいものです。「冬のお姫さまみたい」!?

S20130604rimg1128maimaigayocyu S20130605rimg1229tenorikemusi

 こちらは、あまねが見つけてくれたマイマイガの幼虫たちです。嫌いな人はごめんなさいねぇ…。たか爺は芋虫毛虫も大好きなもので…。色彩といい形状といい、成虫に勝るとも劣らぬおもしろさが好き!? もちろん、最初からこんなに大きいわけではありませんが、上に残っているのは多分この子たちが生まれてきた卵塊です。その上にさらに、カメムシの仲間あたり(?)も卵を産んでいます。
 これはもう、毎年恒例の「手乗り毛虫」で遊んでもらうしかありません。大きくなるとけっこう固い毛がチクッとしますが、毒毛ではありませんからね。

S20130606rimg1301tenorikemusi S20130605rimg1250maimaigayocyu

 自分でも「手乗り毛虫」をやってみると、吸盤のように吸いつくお腹の脚の感触や這いまわるスピードが意外と早いことなど、いろいろ感じとることもできます。
 ちょっと違うアングルから。さかさまじゃないと「ニャッキ」には見えないかな? 今年は多いようです。木の幹で見つけるたびに、「なでなで毛虫」を楽しんでいた子もいました。一度見ただけでも他の毛虫との区別がつくようになって、自分で判断することもできる子だけですけれどもね。
 そういえば成虫も、
どこかで撮ったことがあったよなぁと思ったら、昨年8月の女神湖畔でした。http://blog.goo.ne.jp/wondertakajii/d/20120820

S20130604rimg1137usigaeruhokakusaku S20130605rimg1248kosiakitonbotori

 土管の中に逃げこんだウシガエルを追い出そうとしているところ。1匹だけあわてて飛びだしてきましたが、子どもたちには捕まえられません。ザリガニの池のウシガエルたちは、オオカマキリの原っぱ側のブッシュをねぐらにしているようです。
 2枚目はメダカの池。一番可能性のありそうな子がコシアキトンボとりにチャレンジしましたが、これは無理な話です…。

S20130606rimg1314yabukiriyocyukansa S20130606rimg1315yabukiriyocyu

 木曜には、ヤブキリの幼虫も近くで見ることができました。剣のような産卵管があるので、子どもたちでもすぐにメスだとわかるようになります。

S20130606rimg1318kimadaraseseri S20130605rimg1252sanbondokanike_2

 キマダラセセリは「ガぁ?」じゃないからね…。セセリチョウの仲間は小さくて地味だけど、大きな目がかわいくて好きなチョウたちだなぁ~。
 三本土管の池もここまで水位が下がりました。水曜の子どもたちはなにやら見つけたようですが、このあと悲劇が…。

S20130605rimg1256 S20130605rimg1260

 たか爺が「そろそろ行こうかぁ~」って子どもたちを呼んだら、土管の上を道には戻らず、池の泥の上に飛び降りたやつがいる。多分、水はないからそのほうが近道だと思ったんでしょうね。でも、水が引いたばかりの干潟状態の泥の上では、こうなります…。杭の内側と外側では、田んぼと畔ぐらいの差はあるわけです。まあ、とりあえず泥だけは落としてから、あとは車でお着替えください…。

S20130606rimg1323sirotenhanamuguri S20130604rimg1154kokuwa

 シロテンハナムグリとコクワガタ。なぜか火曜の子どもたちは、コクワガタにはあまり興味なし!? たか爺にはよくわかりません…。

S20130606rimg1331kokuwato S20130604rimg1162monworkerto

 コクワガタは木曜にも見つかって、お持ち帰りです。でも、「大きくなったら、何になるのかなぁ?」って聞かれてもなぁ…。ザリガニ釣りのあとだから、クワガタも脱皮しながら大きくなると思ったのかな? 変だけど、なんだかおもしろい発想ですね。高~い昆虫ゼリーをあげ続ければ大きくなって、オオクワガタにでもなってくれたりしたら最高だけどね!? 大きなコクワガタになってくれるだけでもうれしいけど…。
 火曜には、樹液にモンスズメバチの働きバチも飛んできたので、酎カップにキープして見てもらいました。全員で持たなくてもいいとは思うんだけど…。そういえば、スズメバチに刺されやすい傾向のある子は火・水各1名ずつのビビる君です。やたらとオーバーアクションで、これから要注意ですね。

S20130605rimg1268barahatamafusi S20130604rimg1185kuwanomitumi

 これは木の実ではありません。ノイバラについた虫こぶのバラハタマフシです。おいしそうにも見えるけど…。
「クワの実の旬っていつ?」
「今でしょぉ~」!?
 火曜は帰りにクワの実摘みも。ここのクワの実は小粒でもおいしいですよ。

 以下は、参考のために。

※ハチと子ども http://wonderschool.iinaa.net/hacitokodomo.htm
※ケムシと子ども http://wonderschool.iinaa.net/kemusitokodomo.htm


この記事をはてなブックマークに追加

「初夏の森で虫さがし」事前調査

2013年06月07日 | 夏の森で虫さがし

 6月3日(月)は、「初夏の森で虫さがし」の事前調査で子供の森。でも、今年はどこか様子が違います。森の守護神だった別名「焼身自殺の木…」が伐られてしまったのは、本当に残念です。まずは樹液に集まるチョウやスズメバチたちなどを観察してもらいながら、注意事項を伝える際にも使っていた立派なクヌギでしたが、スズメバチが集まったりミツバチが営巣したりするし、内部は空洞の朽木になっていたので伐られてしまったんでしょうね…。

S20130603rimg1050gomadaracyo S20130603rimg1058kokuwa

 全体的に樹液のほうはまだいまひとつでしたが、毎年大型のクワガタが潜む木にはゴマダラチョウ。高い場所なのでズームでブレブレです…。このあときれいなヒオドシチョウも飛んできましたが、すぐに追い払われてしまいました。できればヒオドシチョウのほうが撮りたかったんだけど、ゴマダラチョウも今年は初認なので、まあいいかぁ…。
 「おっ! ヒラタか?」と思った大きなコクワガタは、根元近くの樹液で。ヒラタじゃなかったんだから、撮ったら採らなきゃいいのに、ついつい手を伸ばしてしまうのは昔の男の子の性でしょうか!? そのあと、子どもだけで虫さがしに来ていた小学生たちに会ったので、プレゼントしておきました。

S20130603rimg1059 S20130603rimg1072cyuigaki

 この木はいい木だったのになぁ…。いい感じだった樹皮のめくれもはがされてしまって、今年はまだスズメバチさえ来ていません。
 昨年からこんな注意書きも目立つようになりました。こんなことをする輩は「烏合の衆」の野鳥カメラマンたちと同じですね…。これから夏休みにかけて、お子様にいいとこ見せたくて急に虫とりにめざめちゃうお父さんたちも急増すると思いますが、以下はその際に絶対守ってほしい最低限のルールです。

①木の幹を刃物で傷つけないでください。そんなことしたって樹液は出ない木が多いし、出たとしても一時的なものです。ボクトウガの幼虫などが樹液を出してくれている木を探せばいいだけですよね…。
②樹皮のめくれをはがさないでください。針金やピンセットを持参しましょう。
③木の根元を掘らないでください。掘らなければならないような固さではまず出てきません…。柔らかい土や落葉の場合は、必ず埋め戻してくださいね。
④仕掛けたトラップは必ず回収してください。あとはただのゴミになります…。
⑤無視や口ゲンカなどせずに、挨拶して情報交換を! ライバル心をむきだしにして、樹液ポイントで鉢合わせしたお父さん同士がいさかいになることもよくあるようです…。

 お子様の将来にも不安材料を残すような上記の行為にはくれぐれもご注意の上、この夏は思う存分親子で虫さがしを楽しんでくださいね。たか爺からのお願いです。

S20130603rimg1063cyabaneaokamemusi S20130603rimg1068mon

 アオチャバネカメムシはよく見かけます。
 モンスズメバチです。こんなふうにもぐりこんでいることも多いので、要注意ですね。

S20130603rimg1070ike

 池もまだこの状態じゃあねぇ…。毎年梅雨入りして雨水がたまると、田んぼと同じようにホウネンエビが孵化し、ニホンアマガエルやトウキョウダルマガエルも集まってくるし、ハイイロゲンゴロウも飛んでくるのにね。今年はちょっとつまらないなぁ…。

 このあと公園管理事務所へ。ちょっとご挨拶がてら、ワンダースクールの2013年度のご案内とhttp://www.tv-tokyo.co.jp/snap/back/archive/130320.htmlのDVDを届けておきました。遅くなってしまって、すいません…。

S20130603rimg1084 S20130603rimg1085

 ピクニックの森へも。今年のフクロウ騒動も治まったようなので、森の内側に張られた立入禁止のロープに沿って歩いてみます。

S20130603rimg1086 S20130603rimg1087

 道ではありません…。「烏合の衆」が長時間たむろしていた場所でしょうね。

S20130603rimg1088 S20130521rimg0516cyuigaki

 今年もかなりの数のチョウジソウが、姿を消してしまったようです。

S20130526rimg0879cyojisomuzan S20130526rimg0880cyojisomuzan

 これは5月26日に撮ったもの。チョウジソウの群落があった場所ですね…。
 まあ、毎年同じことを書いても仕方ないので、フクロウ騒動に関しては下記をご覧ください。

※秋ヶ瀬公園のフクロウ騒動 http://wonderschool.iinaa.net/news1227.htm 
※秋ヶ瀬公園のフクロウ騒動 再び… http://takajii.no-blog.jp/blog/2012/05/post_32c9.html


この記事をはてなブックマークに追加

親子で勝負! ザリガニ釣り-2

2013年06月06日 | ザリガニ釣り

S20130602rimg1001oyakozarituri S20130602rimg1012oyakozarituri

 6月2日(日)は、親子でワンダーの「親子で勝負! ザリガニ釣り」です。ザリガニの池の水位は、1日でもうここまで下がっていました…。

S20130602rimg1025oyakozarituri S20130602rimg1019oyakozarituri_2

 参加者は11家族27名。先週のねりま遊遊スクールは小学生中心でしたが、今回は2歳から5歳の幼児が中心で、小学生は1年生が2人です。NACOThttp://nacotnet.sakura.ne.jp/のイクメンさんもはるばる港区からお子様を連れて参加してくれました。お手伝いまでしてくれて感謝ですね。

S20130602rimg1021oyakozarituri S20130602rimg1024oyakozarituri_2

 3歳の子だってご覧のとおり、大物の2匹釣り! お父さんの力を借りなくても、自分1人で釣りあげちゃいます。

S20130602rimg1031 S20130602rimg1028oyakozarituri

 いっぱい釣れてよかったね。この子は4歳だったかな。
 リリースしている子は、「かわいそうだから、おとうさんやおかあさんのところへかえしてあげる」んだって。渇水との戦いの前に、とりあえず命拾いしたザリガニたちです。お父さんは食べてみたそうだったけど!?
 まあ、親子でたっぷりとザリガニ釣りを楽しんだら、あとは飼ってみるのも、食べてみるのも、リリースするのもご自由に。いずれにしても、小さなお子様にとっては貴重な体験になると思います。

S20130602rimg1011yotubosihosobaf S20130602rimg1017himegisuyocyu

 池のまわりにいたヨツボシホソバ(だったと思う…)。ヒメギスの幼虫たちも大きくなりました。

S20130602rimg1037rokemusito S20130602rimg1043monjyooto

 「ロウ毛虫」のハバチの幼虫を観察中です。「手乗り毛虫」のマイマイガでもちょっと遊ばせてもらいました。
 帰りには、オナガバチが集まるエノキにモンスズメバチの女王バチが飛んできたので、酎カップにキープして見てもらいました。この子は2歳だったかな。なんだ
かお兄ちゃんのほうがちょっと退いてる感じ!?


この記事をはてなブックマークに追加

ザリガニ釣り大会-2

2013年06月06日 | ザリガニ釣り

S20130601rimg0985zarituriS20130601rimg0987zarituri

 6月1日(土)のサタデースクールは「ザリガニ釣り大会」です。キッズ3名+2ファミリー5名の8名が参加してくれました。

S20130601rimg0934zarituri S20130601rimg0936zarituri

 ザリガニの池の水位はどんどん下がっているので、最終回の9日まで水が残っていてくれるかどうか、ちょっと心配ですねぇ…。先週のねりま遊遊スクール「親子で勝負! ザリガニ釣り」の際には、岸辺の乾いている土の部分までは水がありました。この1週間で、子どもたちが立っているぬかるみ状態になっている部分だけ下がった感じです。

S20130601rimg0950zarituri S20130601rimg0980zarituri

 3年生中心に小2から小6の子どもたち6人の釣果のほうは、1時間で40匹・39匹・34匹・33匹・31匹・25匹でした。今年の上位入賞ラインは40匹を超えるかどうかになるのでしょうか。
 この日一番の大物!?

S20130601rimg0938akabosigomadara S20130601rimg0957akabosigomadara

 池のまわりには、「要注意外来生物」のアカボシゴマダラが多いなぁ…。

S20130601rimg0953icimonjicyo S20130601rimg0960habaciyocyu

 イチモンジチョウとゴマギにいたミツクリハバチ属の幼虫たちです。

S20130601rimg0998ezoonagabaci S20130601rimg0992aodaisyononukegara

 キバチやオナガバチの仲間が集まるエノキは昨年伐られてしまいましたが、運び出してチップにはせずにそのまま転がしておいてくれたので、エゾオナガバチたちが産卵に集まっていました。
 アオダイショウの抜殻も見つかりましたね。お父さんが大金持ちになるように、父の日にプレゼントする!?


この記事をはてなブックマークに追加

パークdeアート-2

2013年06月03日 | ネイチャー=アート

▲なぜか「6月のご案内」記事の更新ができなくなってしまったので、6/2以降の申込状況等はメールにてご確認ください…。主な日程はホームページのインデックスページ上で更新予定です。

S20130531rimg0917 S20130531rimg0919

 5月31日(金)は、「パークdeアート」で光が丘公園。2013年度東京都・一般財団法人セブン-イレブン記念財団≪東京の緑を守ろうプロジェクト≫の助成を受け、またNPO法人あそびっこネットワークの協力を得て、4月からひろっぱプレーパーク内で全8回開催することになりました。今回はその2回目です。

S20130531rimg0920 S20130531rimg0927

 「魔法の小枝でキーホルダー作り」は4月~7月の4回連続ですが、今回は15時~17時開催の日なので、10時~12時の開催だった前回よりも参加者は多く、かといって、「練馬こどもまつり」のように大行列になってしまうこともなく、作りたい子が作りたいものを作りたいだけ作れるという理想的なパターンになりましたね。1人で8個作っていた子もいました。それでも70個どまりです。

S20130531rimg0932 S20130531rimg0924

 完成度の高かった子どもたちの作品。でも、まだ今のところ、たか爺が子どもたちのアイデアをぱっくりできるような作品には出会えてなくて、ちょっとさびしいかなぁ…。ミニクワガタやフクロウを作る子がほとんどいなかったのも、意外でしたね。
 次回の6月28日(金)も10時~12時の開催なので、参加者は少ないかな。「魔法の小枝でキーホルダー作り」の最終回となる7月26日(金)は、子どもたちが夏休みに入っているので時間を14時~16時に変更。キッズアシスタントたちの応援も必要になりそうです。今のところどうにかなっていますが、やっぱりたか爺1人じゃ大変だからなぁ…。
 「練馬こどもまつり」の材料切りあたりから、もう長ぁ~いお付きあいの首と腰のW椎間板ヘルニアの調子が悪いままで、牽引と電気各10分ずつのリハビリ通い再開です…。


この記事をはてなブックマークに追加