たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録中心のブログです。

「初夏の森で虫さがし」事前調査②

2017年06月09日 | 夏の森で虫さがし
 6月8日(木)は、ザリガニの池の様子を見にいったというわけではなく、「初夏の森で虫さがし」の2回目の事前調査でした。芋虫毛虫も出てくるので、苦手な人は閲覧注意です!?



 駐車場のトイレにいたオオホシオナガバチ。
 長~い産卵管をもっていますが人を刺すことはないので、子どもたちに触らせたいハチなんですけれどもねぇ…。産卵シーンも観察させたいところです。でも、今年はエゾオナガバチやオオホシオナガバチたちが集まる朽木が見つからなくてつまらないなぁと思っていたら、こんなところで出会うとは…。
 以下、この日出会った虫たちを載せておきます。まあ、普通種しかおりませんが、それが一番です!



 きれいなオレンジ色をしたヨツボシホソバは、メスですね。



 ザリガニ釣りの際にも見かけたし、この日もすぐに見つかったのに、肝心の「初夏の森で虫さがし」のときには出て来てくれないマイマイガの幼虫です…。たか爺としては、今年は「手乗り毛虫」ができなくて困っております!?



 エノキの幹を歩いていたホシアシブトハバチの幼虫。順番は違っちゃうけど、芋虫毛虫つながりで…。かわいいお顔はピンボケでした…。



 こちらも先に。カラムシにいたクロキシタアツバの幼虫です。
 残念ながら、子どもたちに大うけするフクラスズメの幼虫のほうは、この日も見つかりませんでした…。もう芋虫毛虫だけは出てこないのでご安心を!?



 オニグルミの実も、少しずつ大きくなってきましたね。



 こっちはノイバラの実じゃなくて、バラハタマフシ。つまみ食いしたくなりそうなぐらいおいしそうだけど、バラハタマバチの幼虫入りの虫こぶです…。



 コアオハナムグリは、ミゾソバの葉っぱの上でお休み中?
 あらっ!? 小さなハエもいたのか。



 コガネムシもちょっと休憩中ですね。



 クサフジの花も咲きはじめました。



 ヒルガオじゃなくて、コヒルガオのほうかな。



 お取込み中のところを失礼いたします…。
 交尾中だったクサギカメムシです。



 ナナフシモドキの幼虫たちも、いるところにはやたらといるのですが…。
 肝心の「初夏の森で虫さがし」のときにはやっぱり出て来てくれない…。



 お待ちかねのミドリシジミ!
 メスでした。まあ、早起きしないと、翅を開いた写真はなかなか撮らせてもらえませんけれどもねぇ…。



 これは別の個体。メスのB型です。
 でも、上のほうで開いてくれてもなぁ…。



 イチモンジチョウも遠くて…。



 撮らせてくれるのはこんな方たちのみ。
 そういえば、アカボシゴマダラの夏型にはまだ出会っていません。



 ベニシジミもサービスがよくて、ありがとね!



 これまた失礼…。たか爺に種名まで分かるわけがないけど、ニクバエの仲間だって交尾はするわなぁ…。



 またまた失礼を…。クロウリハムシです。



 トホシテントウも、カラスウリの葉っぱが大好きですね。



 マダラホソアシナガバエです。ハエだってきれいでしょ!?
 もしかすると、やぶ蚊も食べてくれているのかな?



 チャバネアオカメムシは、この時期はクワの実狙いかも。



 けっこう大きかったイオウイロハシリグモ?
 「硫黄色」じゃないけど、色はいろいろなんだって…。



 やっぱり鳥にしか見えないミゾカクシの花です。



 ホタルブクロは、誰かが勝手に植えちゃったのかなぁ…。



 ストロボを使わなかったのでピンボケですが、コクワガタのおチビちゃんです。これでもオスだからね!



 翅を開いてくれたルリタテハは、ボロボロでした…。
 きれいなヒオドシチョウは、すぐにスズメバチに追い払われちゃうし…。



 オオスズメバチの女王蜂の2ショットです。



 ヒメスズメバチの女王蜂ですね。
 この土日の「初夏の森で虫さがし」は、あとはお天気次第!? 出てきたくれた虫たち次第かなぁ…。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザリガニの池、その後 | トップ | 初夏の森で虫さがし~キッズ&... »
最近の画像もっと見る

夏の森で虫さがし」カテゴリの最新記事