たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録中心のブログです。

ちょっと早起きしてミドリシジミなど

2017年06月16日 | 夏の森で虫さがし


 最後に撮らせてくれたこの個体が一番きれいだったかな。
 11日(日)の親子でワンダー「初夏の森で虫さがし」の際に、ミドリシジミがかなり出ていたので、たか爺は久々に翅をひろげているところも見たくなってしまいました…。



 6月15日(木)は、ちょっと早起きして秋ヶ瀬公園へ。
 7時半には着く予定だったのですが、秋ヶ瀬橋の手前から通勤渋滞にはまって、到着は8時近くになってしまいましたね。でも、翅をひろげた個体が目立つようになったのは9時すぎあたりからで、間に合ってよかったぁ~。



 開いてはくれたけど、鱗粉が…。
 


 こちらのお方は、周回路上で翅をひろげておりました…。



 ザリガニの池です。



 最後の水たまりもすでにご覧のとおり…。



 ミドリシジミもおりました。



 これは森の中で。



 周りには、ヤブキリのメスの幼虫がいたり。



 脱皮したばかりのナナフシモドキの幼虫がいたり。
 右下が脱皮殻ですね。



 地味だけどサビキコリも。



 昔早朝に来たときほど多くはなかったけれども、ミドリシジミはそれなりに見られます。でも、きれいな個体はなかなかねぇ…。



 一番サービスが良かった個体ですが、翅がちょっと傷んでいますね。



 光のあたり具合によって色が変わります。



 カメラマンは予想より少なくて、10人はいなかったかな。
 たか爺は待つことが嫌いな性格なので、翅をひろげているミドリシジミを探して歩き回ります…。



 野鳥カメラマンたちのように群れることも嫌いなので、しばらく1人で楽しめる場所が見つかって良かったですね。



 私も撮ってくれっていうから!? ヒメジャノメの春型になるのかな?



 最初のミドリシジミと同じ個体です。



 アカシジミは狭山の林縁にて。
 10時すぎには秋ヶ瀬公園を出て、所沢と狭山の2つの森まで「夜のクワガタさがし」の事前調査です。でも、初めて行ってみた狭山のほうは広すぎて、歩き疲れてしまいました…。



 テングチョウも狭山の林縁です。



 きらいな人はごめんなさいねぇ…。



 きらいな生きものは人間ぐらいのたか爺ですが、シマヘビは顔が怖くてちょっと苦手かも!? 気性も激しい感じだしねぇ…。

 お待ちかねのワンダーバード3号は、本日16日(金)に納車! 座席を高くしてもらったら、かなり運転しやすくなりました。ワンダースクールのネームはいれなかったので、マグネット式のネームプレートを用意しましたが高速では使えない!?
 それにしても、土日は新車でいきなり「どろんこ田植え体験」かぁ…。来週と再来週末は「ホタル狩りと暗闇体験」で、路面は凸凹だし車で藪漕ぎみたいな道を走らないといけませんねぇ…。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏の森で虫さがし~親子で... | トップ | オオムラサキの羽化 »
最近の画像もっと見る

夏の森で虫さがし」カテゴリの最新記事