たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録中心のブログです。

秋の生きものさがし~キッズ&ファミリー~

2016年09月15日 | 秋の生きものさがし
 毎年のことですが、秋のドタバタが始まってしまうとブログが追いつきません…。まあ、昔のように1ヶ月遅れなんていうことはないだろうけれども、1週間遅れぐらいにはなっちゃうかもなぁ…。


photo by masapapa
 
 9月11日(日)は秋ヶ瀬公園のピクニックの森。キッズ&ファミリーの「秋の生きものさがし」です。まずは注意事項から。周回路まで警告に出てくるスズメバチには要注意の季節ですからね。



 参加者は6家族16名。アシスタントはまさパパです。



 満水状態のザリガニの池。


photo by masapapa

 おチビちゃんばかりでしたが、アメリカザリガニ・ドジョウ・サカマキガイ等が捕まっていました。


photo by masapapa

 メダカの池です。



 トンボ狙いだった子どもたち。シオカラトンボやショウジョウトンボ、ギンヤンマも飛んでいましたが、残念ながら空振りでした…。



 ここのカナヘビにも逃げられちゃいましたねぇ…。



 とにかくやぶ蚊が多いので周回路は早めに切りあげ、「バッタの原っぱ」まで移動。


photo by masapapa

 トウキョウダルマガエルを見つけたところかな。



 この子は手づかみにもチャレンジ!
 残念ながら逃げられておりましたが、おしかったですね。もうトウキョウダルマガエルを素手で捕まえられる子は、滅多におりません。アマガエルやヌマガエルでさえ捕まえられない子が増えております…。というか、捕まえようともしない子のほうが多いかもなぁ…。


photo by masapapa

 原っぱの中へ入ります。



 コバネイナゴだらけですねぇ~。



 こんなお顔をしております。
 イナゴの佃煮を食べてみたい方は、11月の「蜂の子試食会」へご参加ください!?



 トゲヒシバッタのほうがめずらしいかな?



 ウスイロササキリです。



 クビキリギスの成虫が増えてきましたね。
 このまま成虫で越冬するキリギリスの仲間です。



 口紅をひいたねずみ男!?



 ナガコガネグモは原っぱのあちこちに網を張って、獲物を待ち構えております。


photo by masapapa

 何が捕まったのかな?



 この子はやっぱりトンボ狙い。シオカラトンボは捕まえていました。ギンヤンマは大人でも難しいですからねぇ…。
 他にもアキアカネやノシメトンボ、イトトンボの仲間を捕まえていたご家族もいましたね。



 池では、ヤゴやフナ型の魚の子ども等を捕まえていた子も。



 シオカラトンボのヤゴです。



 オオブタクサにいたハラビロカマキリ。



 見つけたママが捕まえて、子どもに持たせておりました。


photo by masapapa

 この子も自分でつかむことができましたね。
 カマキリだって、つかめない子どもたちが増えすぎております…。



 ハラビロカマキリのファイティングポーズは、たか爺も久しぶりに見たかなぁ~。生きるためには、自分の何百倍もありそうな人間にだって戦いを挑む虫って、なんかかっこよくない!?



 たか爺が大好きなシロバナサクラタデです。



 クズの花は、匂いもかいでみてもらいました。



 絶滅危惧種のタコノアシですね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳴く虫の観察会~里山体験プ... | トップ | 「草はらジャングル探検隊」... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む