たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録中心のブログです。

ザリガニの池、その後

2017年06月09日 | 秋ヶ瀬公園


 梅雨入りしたというのに雨は降りそうもないので、6月8日(木)はピクニックの森へ。まずは、ザリガニの池のその後の様子をアップしておきます。



 こうなるともう、「池」とは呼べませんけれどもねぇ…。



 最後に残った水たまりです。



 直径1mもありません…。
 どうしてアメンボだらけなのか、わかりますよね?



 ウシガエルのオタマジャクシたちがもがいております…。
 オタマジャクシに限らず、当然弱っているものやもう死んでしまった生きものも多いので、肉食のアメンボたちが群がるわけです。



 水たまりのまわりには、まだ新しい足跡も残っていました。



 例のアライグマかと思ったら、タヌキかな?



 鳥も来ますよね。アオサギあたりでしょうか?
 自然の中では、生きものの命は決して無駄にはなりません。 



 メダカの池もここまで水位が下がりました。



 お花も好きなたか爺としてはきれいでいいんだけれども、ここは植物園ではありません…。園芸種のスイレンは、環境省の資料では「重点対策外来種」で「総合的に対策が必要な外来種(総合対策外来種)」となっています。
 以前、野鳥関係のどなたかのホームページで知りましたが、確か昔の野鳥カメラマンの仕業だったような…。公園を自分の家の庭と勘違いして私物化したり、不自然なことが大好きな野鳥カメラマンは昔からいたんですねぇ…。いずれにしても、今のうちに駆除しないと厄介なことになりそうです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏の森で虫さがし~ワンダ... | トップ | 「初夏の森で虫さがし」事前... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む