たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録中心のブログです。

どろんこ田植え体験

2013年06月17日 | ねりま遊遊スクール

 6月15日(土)と16日(日)は、里山体験プログラム「どろんこ田植え体験」で寄居です。梅雨時なので両日とも微妙なお天気でしたが、田植えは雨天「結構」ですからね。子どもたちは本来水遊びや泥遊びが大好きなので、雨の日でも楽しいものです。まあ、犬にもレインコートを着せてお散歩させる時代なので、どんな子に育てたいのか、あとは親の判断次第かな!? 実際には、練馬は雨でも寄居はOKというよくあるケースで、両日とも雨には降られずに開催できました。

S20130615rimg1632asaza S20130616rimg1706noanoike

 カフェギャラリー・ノアの池のアサザの花です。埼玉県では絶滅危惧Ⅱ類ですが、田んぼ生きもの公園の池でも普通に見られます。
 早く到着した子どもたちは、さっそく池で生きものさがし。メダカにザリガニ、ヌマガエルなどが捕まっていました。

S20130615rimg1634kumabaci S20130615rimg1638maruhanabacisp

 庭のなんとかセージの花に来ていたクマバチと、「むくむくむっくん」のマルハナバチの仲間。大きな花粉団子をつけて、頭を花の中に突っこんじゃって、かわいいものです。直接手でつかんだりしなければ、刺されることはまずありません。

S20130616rimg1711noa S20130615rimg1644doronkotaue

 いつも通りノアに集合してもらってから、道路の反対側にある田んぼ生きもの公園へ。
 むさしの里山ネットワークの練馬区教育委員会委託講座「ねりま遊遊スクール」として開催した15日は、2家族6名がキャンセルで、キッズ2名+9家族25名の27名が参加してくれました。送迎キャンセル待ちのまま参加できなかったご家族には、「ごめんなさい」をしておきます。前日に参加OKになっても、さすがに他の予定を入れちゃていますよね…。
 この日はテレ玉のニュース番組「ごごたま」の取材も入りました。今日放送されたと思うけど、たか爺ンちでは見れません…。録画された方はあとでよろしく!
 会員のみ対象の16日は、15家族53名の予定が10家族33名に。今年で最後の田植えになるため、キャンセル待ちになっていたご家族もすべて参加OKにしておいて正解でした。でも、キャンセルされた方は0~3歳のお子様もいるご家族ばかりなので、こればっかりは仕方ありませんよね。

S20130615rimg1665doronkotaue S20130616rimg1743doronkotaue

 カンカン照りならむしろ雨のほうがありがたい田植えですが、今年は両日ともに田植え日和!? それでもけっこう日に焼けてしまいました。まあ、頸椎と腰椎のW椎間板ヘルニアの具合がいまひとつのたか爺は、田植えはパスだけど…。

S20130616rimg1731doronkotaue S20130615rimg1652doronkotaue

 小学生たちはもちろんですが、すぐにあきちゃうかと思っていた幼児たちも、予想以上に働いてくれたかな?

S20130616rimg1761doronkotaue S20130616rimg1750doronkotaue

 まさしく「どろんこ田植え」です。NHK朝ドラの「あまちゃん」じゃないけど、お姉ちゃんはずっと田植えアイドル!?
 お母さんにオンブされて0歳からずっと参加してくれている子も、3歳になるともう自分で植えられるんだぁ~。そういえば、アシスタントのあきらが面倒を見てくれていた日も多かったような気がしますね。たか爺としては感無量というところなんだけれども、自分の孫がちょっと心配になったりもして…。

S20130616rimg1782syuryo S20130615rimg1674ido

 最後の田植えも無事終了した田んぼ生きもの公園です。井戸で泥を落としたら、あとはご自由に。

S20130616rimg1793doronko S20130616rimg1767kanahebito

 果敢にも泥合戦で姉にいどむ3歳の男の子です。幼児用の田んぼもあとは、16日午後の「田んぼまるごと体験教室」の田植え用ですね。
 カナヘビを捕まえてご満悦の子は4歳ですが、生きものを捕まえる能力は今どきの小学生以上! カナヘビのほうもいい顔してるでしょ!? もう少し寄って構図さえ決めれば、フォトコンいけたかも?

S20130616rimg1765kabutoebi S20130616rimg1772honenebi

 田んぼの生きものといえば、カブトエビとホウネンエビ。今年はなぜかヌマガエルもアマガエルも少なくて、これはちょっと不思議です。

S20130616rimg1768himegamusi S20130616rimg1799

 ヒメガムシは幼虫もいました。メダカとドジョウは排水用の用水路で捕まったものです。7月の「田んぼの生きものさがし」の際には何が見つかるのか、楽しみですね。

S20130615rimg1668nokotooojyoo S20130616rimg1801nokokuwa

 ヤナギの樹液に来ていたノコギリクワガタとオオスズメバチの女王バチ。どちらも捕まえて子どもたちに見せてあげるのは、秋ヶ瀬公園より先になってしまいました。

S20130615rimg1680kabutomusito S20130615rimg1691kabutomusito

 カブトムシはノアの庭で。ビビりの小学生たちはなかなか手が出ませんでしたが、3歳の子はちゃんと自分でつかんでいました。最近たか爺の口癖になっている「小学〇歳児」にぴったりの場面!? たか爺としてはなんだか情けない話だけれども、ワンダースクールでさえもうこれが現実だなぁ…。

S20130615rimg1693benikamikiri S20130615rimg1700musitori

 ベニカミキリです。調べてみたら、幼虫は竹を食べるのでノアにもいるわけですね。
 15日は電車利用の参加者も多いねりま遊遊スクール日程なので、お弁当のあと午後はそのままフリータイム。田んぼや用水路へは行かず、ノアの庭で虫とりが中心でした。火・水・土のキッズトリオに捕まったのはモンシロチョウ5匹のみでしたが、まあ、仲良く楽しく遊べて何よりです。結局誰も捕まえられなかったオオシオカラトンボは、小3女子があっさりと捕まえておりました…。
 16日午後の風布川は、次回に回します。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏の森で虫さがし-2 | トップ | ちょっとだけ風布川 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む