たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録中心のブログです。

ちょっとだけ野川公園へ

2017年11月24日 | みんなの花図鑑
 そういえば野川公園にもヒマラヤスギが多かったよなぁということで、11月22日(水)は午後からちょっとだけ野川公園へ。でも、この公園は競争率が高すぎるようです。見事に先を越されておりました…。



 シダーローズ集めはまたの機会にして、自然観察園でお花見ですね。



 リンドウが見られただけでも良しとしないと。



 曇っていたけど、開いている花もあってよかったなぁ~。



 ツワブキです。



 リュウノウギクかと思ったら、シロバナアブラギク。
 リュウノウギクとアワコガネギクとの交雑種ということです。まあ、たか爺は違いのわからない男なので…。



 アワコガネギク。



 トネアザミのほうかな?
 トネアザミもノハラアザミももうほとんどが綿毛になっていました。



 センボンヤリの種が旅立つところです。



 キチジョウソウ。



 実のほうも。



 ノササゲの豆果もはじけて。



 ゲンノショウコは種を飛ばしたあとですね。



 いかにも毒がありそうなムサシアブミ…。鳥は食べるのかな?

この記事をはてなブックマークに追加

イズノシマウメバチソウなど~植物多様性センター~

2017年11月13日 | みんなの花図鑑
 11月9日(木)の神代植物公園は、ムラサキセンブリとリンドウの花が見られただけで大満足でした。



 そしたらまさか、たか爺の大好きなウメバチソウにまで出会えるとは!



 毎年夏の終わりに関越道から上信越道をかっとばして、池の平湿原や鹿沢高原まで見にいっている花ですからねぇ~。



 イズノシマウメバチソウです。
 


 植物多様性センターの伊豆諸島ゾーンですね。 



 おいおいおい…。これまたたか爺お気に入りのダイモンジソウまで!
 イズノシマダイモンジソウということです。まあ、やっぱり夢の平林道の過酷な自然の岩場に咲くミヤマダイモンジソウのほうが可憐ですが、これにもびっくりでしたねぇ~。 



 イソギクも咲いていました。



 ハマコンギクです。



 ハチジョウアザミは名残り花ですね。

この記事をはてなブックマークに追加

リンドウも花盛り~植物多様性センター~

2017年11月12日 | みんなの花図鑑
 11月9日(木)は神代植物公園の本園のあと、植物多様性センターへも。



 園芸種のオオヤマモミジの紅葉です。
 


 キヅタも。



 入口付近のリンドウはもう名残り花だったので、あまり期待していなかったのですが、奥のほうは花盛りでした。



 にぎやかです。



 なんだかとっても得した気分でしたねぇ~。

この記事をはてなブックマークに追加

木の実も拾っておかないと…~神代植物公園~

2017年11月11日 | みんなの花図鑑
 11月9日(木)の続きの続きです。



 木枯らしビュービューなので、芝生広場のパンパスグラスの穂もこんな感じ。



 少しは期待していたヒマラヤスギの球果は、残念ながらようやく下の方から開きはじめたところで、まだバラバラになって落ちてきてはいませんでした…。



 でも、なんとこの強風で丸ごと落ちたばかりのものが1つ! これはラッキー!! 名前は「スギ」でもマツ科の松ぼっくりです。
 バラバラになる前に大きさが合う空瓶を探して、来年の「空とぶ魔法のフシギダネ」で見てもらうために閉じこめておかないと!?



 こちらもお気に入りのコウヨウザンの球果。枝ごと落ちる「杉ぼっくり」です。リース用に小さなレジ袋いっぱいは拾っておきました…。



 風に飛ばされたトチノキの黄葉とキヅタの紅葉。
 今年ももう「葉っぱでアート」の季節かぁ…。



 落葉の上にいた「バナナムシ」のツマグロオオヨコバイです。



 はぎ園の陽だまりにはアキアカネが数頭。
 翅は傷んでいましたがまだ元気でした。



 ゲンノショウコの種まき星人ですね!?



 さくら園の冬桜です。



 十月桜も。



 ホトトギスもまだ咲いていました。



 モミジバフウは在庫があるし、秋ヶ瀬公園でも拾えるので写真だけね…。



 スズカケノキの黄葉です。モミジバスズカケになるのかな?



 ウバユリのさく果。うすい翼つきの種がびっしりと入っていますよね。



 ラクウショウです。



 針葉樹園のスラッシュマツは、きれいなものは1つだけでした…。



 車のシートの上で撮っておいたケヤキです。葉っぱ付きの小枝ごと舞う「空とぶ魔法のフシギダネ」ですよねぇ~。
 ちょっと一服してから、植物多様性センターへも寄りましたが、これは次の記事にて。

この記事をはてなブックマークに追加

オヤマボクチなど~神代植物公園~

2017年11月10日 | みんなの花図鑑
 11月9日(木)の続きです。



 「菊花大会」開催中の神代植物公園ですが、たか爺は通りすがりにちょっと眺めるだけね。写真を撮っていたのも、この「神代花車」だけでした…。



 山野草園のオヤマボクチです。



 「菊花」でも、たか爺はやっぱりこちらのキク科の花のほうが好みですからねぇ~。



 植物多様性センターのほうにも咲いていました。



 この「菊」も山野草園。



 リュウノウギクです。



 ノコンギク。



 ツワブキもキク科ですよね。

この記事をはてなブックマークに追加

ムラサキセンブリに会いに~神代植物公園~

2017年11月09日 | みんなの花図鑑
 11月9日(木)は、朝一番で健康診断へ。
 身長165㎝・体重51㎏・腹囲71㎝はほぼ昨年と変わらず、血圧は138/88と少し高いまま。年々じじいの血圧が上がるしかないような世の中ですからねぇ…。尿検査・心電図・胸部x線のほうは異状なしでしたが、問題は血液検査の結果が出る10日後です。γ-GTPっていうやつねぇ…。まあ、酒も煙草も死んだらやめるつもりでおります!?


 
 当初は、いったん帰宅して朝食後、光が丘公園か野川公園へヒマラヤスギの球果の様子を見にいってみる予定でいました。まだ少し早いかもしれないけれども、朝から木枯らしビュービューでしたからね。
 そしたら、昨日のブログにムラサキセンブリをアップしている方がいて、しかも「見頃」! 行先を変更して神代植物公園です。



 アングルを変えて。でも、アリさんも来てたのかぁ…。



 同じ株の上の花だけを。やっぱりアリさん付きですけれどもねぇ…。



 こっちの花は大丈夫かな。



 昨年は蕾のときにしか見られなかったので、木枯らしの中でもとりあえず見ることができてよかったぁ~。
 まあ、ムラサキセンブリ目当てでも、神代植物公園なんかに来ちゃったらこれだけで帰るわけにはいきません。あとは、写真の整理をしながらボチボチと…。

この記事をはてなブックマークに追加

野草コースへも~武蔵丘陵森林公園~

2017年10月28日 | みんなの花図鑑
 10月24日(火)の最終回です。
 運動広場のお花畑からは野草コースへ。



 センボンヤリの綿毛ですね。



 ホトトギスの花もまだ残っていました。



 ゲンノショウコも。



 ノハラアザミです。



 ズームマクロでも。



 でも、やっぱり…。


 
 分山上沼の増水でUターン…。
 反対側の入口から再び野草コースです。



 キチジョウソウ。



 もう液果になったものも多かったですね。



 台風でやたらと落ちていたヤマハンノキの堅果は、リース用に少々おみやげにしました…。



 帰宅後、歯ブラシで汚れを落として乾燥中。



 小さめの松ぼっくりも。



 ヤクシソウです。



 野草コースは反対側の入口から入ってもこんな感じ…。
 まあ、今回はついでに寄った感じなのでいいんだけれどもね。



 コウヤボウキ。



 帰りはツバキ園経由で。
 ハウチワカエデです。



 ピンボケですがオケラの花も咲いていました…。



 でもやっぱり、冠水していて通れない…。朝と同じ道を歩くしかないかぁ…。



 駐車場に落ちていたケヤキです。
 いよいよ「空とぶ魔法のフシギダネ」の季節ですねぇ~。

この記事をはてなブックマークに追加

リンドウも開花~武蔵丘陵森林公園~

2017年10月26日 | みんなの花図鑑
 10月24日(火)の続きの続きです。



 赤ソバ畑に多かったハキダメギク。
 まあ、「日本の植物学の父」牧野富太郎の偉大なる功績についた1点のシミのような、ちょっとひどい命名ですけれどもね!?



 赤ソバ畑の奥のコキアもきれいでしたが、一番奥にあったコスモス畑までコキアにしてほしくはなかったかなぁ…。



 リンドウの蕾です。



 実は、赤ソバとコキアのお花畑のすぐ近くに自生地があります。



 開花しはじめていてラッキーでした。



 でも、リンドウの花に気づく人はほとんどおりません…。 



 数は少なかったけれども、フジバカマも咲いていました。



 秋の七草なのに、こちらも誰にも気づいてもらえず、なんだかもったいない感じでしたね。

この記事をはてなブックマークに追加

赤ソバ畑で~武蔵丘陵森林公園~

2017年10月26日 | みんなの花図鑑
 10月24日(火)の続きです。



 センブリの自生地から、あざみくぼ沼へと下ります。
 22日(日)の「沼まつり」も台風21号の影響で中止となり、こんな状況でしたねぇ…。今年こそは午後からでも、「沼まつり」のあとの沼の様子も見られるかと楽しみにしていたのですが…。



 紅葉しはじめていた木はカキだったかな?



 コウヤボウキの花は、園内のいたるところで見られる季節になりましたね。



 ヌルデミミフシもけっこう落ちていました。ヌルデシロアブラムシが作る虫えいですが、実に不思議な生き方をする生きものなんですよ。



 運動広場のお花畑です。
 見頃だったという赤ソバは、台風21号で倒れてしまっておりました。傷んだ花も多かったですねぇ…。



 それでも撮らずにはいられない!?



 大好きな花です。



 まあ、下手の横好きですけれどもねぇ…。



 何枚か載せておきます。



 これはトリミング…。



 ズームマクロ利用ですね。
 続く…。

この記事をはてなブックマークに追加

センブリの花に会いに~武蔵丘陵森林公園~

2017年10月25日 | みんなの花図鑑


 10月24日(火)は、武蔵丘陵森林公園までセンブリの花に会いに行ってきました。南口から入園します。車は公園ではなく、すぐ外にある民間の駐車場利用。420円も違いますからねぇ~。



 台風21号の雨で増水した西田沼です。
 ほんとうは22日(日)の「サツマイモ掘りとローストビーフ作り」の帰りに寄ってみる予定でしたが、台風の影響で荒天中止…。本日行こうかと思っていたら、また雨の予報だったので1日繰り上げました。園路は普通に歩けましたが、サイクリングロードは利用中止となっていましたね。



 カツラの黄葉が始まっています。



 ススキもいい感じ。採集は禁止ですけれどもねぇ…。



 昨年より1週間早かったのですが、ちょうどいいタイミングだったかな。



 まだ蕾も残っています。



 とりあえず今年も出会えてよかったですねぇ~。
 このあと、台風で倒れてしまったものが多いというアカソバ畑へも。これは改めて。

この記事をはてなブックマークに追加

セイタカアワダチソウのオイル作りなど

2017年10月22日 | みんなの花図鑑
 本日の里山体験プログラム「サツマイモ掘りとローストビーフ作り」は荒天中止…。料理体験には屋根のある場所が使えるので雨天でも開催予定だったのですが、超大型で非常に強い台風第21号接近中ではどうしようもありませんねぇ…。今月はほんとうにまいります…。



 これは19日。
 セイタカアワダチソウのオイル作りにチャレンジしてみました。



 入浴剤作りとは違って情報が少ないため、お試しで小さなビンを使いました。佃煮か何かが入っていたビンだと思います。
 参考にさせてもらったページには「摘みたてのセイタカアワダチソウの花を入るだけ詰める」とありましたが、当然「花」ではなく蕾を使用。蕾のついた花序の部分だけにしてみたら、18日に収穫してきた20本分入ってしまいましたね。オリーブオイルは家にあった安物利用です…。



 あとは「6週間」後のお楽しみ!?
 まあ、今のところセイタカアワダチソウの薬効に関する科学的根拠は見当たりませんが、とりあえず入浴剤に関しては、湯上りの保温効果は即効性があるし、たか爺の冬の老人性かいかい(「老人性乾皮症」というのかな?)には効果がありましたからねぇ~。



 ガガイモは蔓の部分を巻いて、妖精たちが現れる日まで飾っておきます!?



 オギの穂も整理。
 写真を撮り忘れてしまいましたが、このあと虫出し作業も。長めの衣装ケースに蚊取り線香2本を入れて、ワイヤーネットをセット。その上に10本と20本ずつに束ねたオギの穂を10束ずつ入れてフタをします。今回は30分ずつにしておきましたが、10㎜に満たないシャクガの幼虫たちを落とします。いまだに種類まではわからないのですが、ごめんなさいねぇ…。



 「自然観察を楽しむアート展2017」に出品したものです。



 オギの穂はとりあえず20セット分準備できたので、28日と30日の「オギのトトロやフクロウ作り」、29日の「こんにゃく作り」は無事開催できますように!

この記事をはてなブックマークに追加

ミゾソバ

2017年10月19日 | みんなの花図鑑


 10月18日(水)は、朝からオギの穂集めに行きたいところでしたが、11時に歯医者さんの予約が入っておりました。現地着は午後2時半です。



 前日、思いがけずシャクチリソバの群生地が見つかったので、当然さち婆も同行。まずはミゾソバが咲いている場所へとご案内ですね。



 前日は蕾ばかりでしたが、午前中はいいお天気だったので開花しはじめていました。



 でも、風が強くてなぁ…。



 とりあえずこんなところで…。



 アキアカネも冷たい風にたえておりました。
 なんとアサギマダラも1頭見つけましたが、写真を撮る間もなく荒川の方へと飛び立ってしまいましたねぇ…。オギやセイタカアワダチソウが生い茂る場所で見たのは初めてです。



 ツルマメの豆果。



 「魔法の草の実」ガガイモの袋果ですね。
 
 さち婆をシャクチリソバの群生地まで連れていってから、たか爺はせっせとオギの穂集めでしたが、予想以上に寒かったので1時間半ほどで退散…。オギの穂は315本どまりで、セイタカアワダチソウの蕾も20本程度でございました…。誰かが勝手に植えた(?)コスモス畑で、さち婆は種集めも。フウセンカズラの袋果もそのうち集めに来ようかな。

この記事をはてなブックマークに追加

シャクチリソバ

2017年10月17日 | みんなの花図鑑
 本当にまいりましたねぇ…。10月7日(土)の「セイタカアワダチソウの入浴剤作り」に続いて、14日(土)・15日(日)・16日(月)の「草はらジャングル探検隊」もすべて雨天中止です…。



 17日(火)の午後になってようやく雨もあがったので、さくら草公園の対岸の荒川河川敷までオギの穂集めに出かけました。奥に見える武蔵野線の鉄橋まで荒川沿いにオギの群生地が続いております。



 でも、雨上がりだしこんな状況なのでレインウェアと長靴は必須ですねぇ…。セイタカアワダチソウはもうほとんど開花していますが、まだ蕾のものも摘めました。



 オギの穂をせっせと集めながら、鉄橋の近くまで往復です。



 シャクチリソバの群生地も見つかりました!



 思いがけずこんな花に出会えてしまうと、それだけで幸せな気分になれちゃうんだから、まあ、安上がりなじじいではございます…。



 こちらは既知のミゾソバの群生地で。



 残念ながら荒川の水量が多くて、ほとんど水没…。
 でも、まだ蕾だったのでこれから楽しめるかな。
 
 オギの穂集めのほうは2時間で414本。セイタカアワダチソウの蕾も40本だったのでまずまずの成果だったけれども、オギの穂はまだまだ足りないので、明日も午前中の歯医者のあとに行ってくるしかないかな。明後日からはまた雨が続きそうだしねぇ…。 

この記事をはてなブックマークに追加

「草はらジャングル探検隊」事前調査

2017年10月12日 | みんなの花図鑑


 10月11日(水)は、彩湖道満グリーンパークの浄化施設の原っぱへ。



 土日月の「草はらジャングル探検隊」の事前調査です。
 現在の天気予報だと秋雨前線が停滞するようで、雨天中止になりそうですけれどもねぇ…。今年度はなんだか雨天やら川の増水やらで中止が多くてまいります…。



 事前調査とはいっても、このセイタカアワダチソウの蕾やオギの穂の収穫も兼ねているので、たか爺は大忙し!?



 花や虫、草の実の写真も撮っておきたいし…。
 開花したセイタカアワダチソウです。



 イチモンジセセリ。チョウたちにも人気がある花ですよね。
 キタテハも多かったのですが、写真は撮らせてもらえませんでした…。



 ハナバチやハナアブも集まってきます。



 オオハナアブですね。



 絡み合うようにして飛んでいたツマグロヒョウモンは、オスの執拗なアプローチをメスが拒み続けている感じだったかな。



 ツユムシです。



 アキアカネ。
 これはオスですが、当日はメスを捕まえて、子どもたちに産卵するところや卵を見せてあげたいところです。



 ガガイモ自体は多い草はらなのですが、今年は「魔法の草の実」が見つからない…。



 ガガイモが大好きなヒメジュウジナガカメムシ。



 まだ幼虫たちもいました。



 オオベニタデは先週のリベンジです…。



 スズメウリ。



 この1週間で熟したものが増えましたね。



 ノイバラも。
 右側のヤブツルアズキや、ツルマメの豆果がはじける日も近そうです。



 イシミカワも色づきはじめていました。



 IKEAのキャリーバッグLを2つ左肩にかけて、園芸用のハサミ片手に2時間歩き回って、収穫はこれだけ…。
 セイタカアワダチソウのほうはずっしりとくるぐらいは集められましたが、オギはねぇ…。まだこれからというよりも、浄化施設の原っぱでは今年は不作のようです。代わりにヨシを少々…。オギのほうは、このあとさくら草公園の近くで1時間ほど収穫してまいりました。セイタカアワダチソウの蕾のほうはそろそろあまり集められなくなりますが、オギの穂はこれからせっせと集めておかないといけませんね。

この記事をはてなブックマークに追加

メグスリノキ

2017年10月07日 | みんなの花図鑑
 10月7日(土)の「セイタカアワダチソウの入浴剤作りと草はら探検」は雨天中止です…。
 14日(土)・15日(日)の「草はらジャングル探検隊」の際にもまだ収穫できると思うので、その際にチャレンジしてみてくださいね。平日の10日(火)から13日(金)でも個別対応OKですよ。



 これは6日。
 4日の事前調査の際に拾った自然学習センターのでぶどんマテバシイです。ミニドリルで穴をあけてヒートンを付け、殻斗にお絵かきしておきました。そういえば、今年は「自然観察を楽しむアート展」があったので、光が丘公園のマテバシイもあまり拾ってきていないし、ヒートンも付けていませんでしたねぇ…。



 これも6日。昨年のセイタカアワダチソウをはさみでジョキジョキ。ほんとうは7日の参加者の方たちにやってもらう予定だったのになぁ…。



 100均のプラケースに水切りネットをかぶせ、セイタカアワダチソウを2つまみほど入れてしばれば入浴剤の完成です。水切りネットは短いものでもOKですが、長いものだとWにすることができて尚いいですね。
 まあ、寒い日になったので、たか爺ンちでもこの日からセイタカアワダチソウの入浴剤を使うようにしましたが、昨年のものでもやっぱり湯上りの保温効果は抜群でしたねぇ~。



 7日の午後は、けん兄のお引越し。たか爺ンちからはこの冷蔵庫のみでしたが…。


 
 国分寺市なので、ついでにちょこっとだけ薬用植物園へも寄ってきました。メグスリノキです。



 という木なので、薬用植物園にも植えられているわけですね。



 もちろん、たか爺の目的はこの木の「空とぶ魔法のフシギダネ」! 「自然観察を楽しむアート展」の際には、小口さんが「お宝Box」用に持ってきてくれて、終了後にたか爺がいただいてまいりました。



 葉っぱの形からは想像できませんが、カエデの仲間なので翼果をつけます。



 せっせと拾い集めてきましたよ!
 以前は「空とぶ魔法のフシギダネ」の際に、高尾山のカジカエデを使っていましたが、さらに大きな翼果ですからねぇ~。



 時間がなかったので、お花のほうはメグスリノキの近くのオオベンケイソウのみ。名残り花です。



 かと思ったら、最後にヘビウリも撮っていました。



 カラスウリによくいるクロウリハムシも来ていましたね。



 ということですが、何に効くのかね? カラスウリじゃダメなのかな? 名前にヘビやカラスが付く植物は、人は食わないというイメージですが、ヘビイチゴだってシロップ漬けにすれば食えるし、カラスノエンドウだって天ぷらにすればうまいしね!?

この記事をはてなブックマークに追加