たか爺のワンダースクール通信

「センス・オブ・ワンダー」をキーワードにした野遊び教室「自然体感塾ワンダースクール」の活動記録中心のブログです。

「1年前に書いた記事の感想」を書いてみました

2017年12月02日 | その他


 たか爺は、冬には冬の花が咲いて、冬には冬の生きものたちの姿が見られるこの国が大好きです。これからまた春が来て、夏から秋へと楽しませてくれますからねぇ~。
 gooブログから来るメールの「gooブログ1年前の記事」にも、いつも目を通しています。まあ、ワンダースクールを始めてからこの18年、たか爺は毎年ほとんど同じ場所で同じことをくり返している感じですけれどもねぇ…。でも、それが一番幸せなことかもしれません。
 今まで「1年前に書いた記事の感想」なんて書いたことはありませんでしたが、今回は一言。残念ながら、「子どもたちを取り巻く環境は」この国でも世界でも、この1年でさらに悪くなってしまいました…。これ以上、たか爺の血圧が上がりませんように!?


この記事をはてなブックマークに追加

お墓参りへ

2017年11月18日 | その他


 11月14日(火)は、鎌倉までお墓参りへ。
 2人とも出かけちゃうのかぁ…と察知したくん爺は、いつものように自分から玄関へと移動してさびしそうです…。白濁した目はもうほとんど見えてはおりません。16歳9ヶ月ですからねぇ…。いつまでいっしょにいられるかなぁ…。まあ、こっちが先かもしれないけれどもね!?



 実家のセンリョウの実です。
 まずはおふくろを連れだして昼食へ。心配なのでそろそろたか爺ンちへ来てほしいところなのですが、やっぱり家は離れたくないようです。たか爺としても、そんな気持ちも何だかよくわかる年にはなりました…。



 たか爺ンちは神道なので、お線香はあげません。榊に蝋燭ですね。
 お掃除する前には、なんとお墓にセイタカアワダチソウの花がかぶさっていて笑ってしまいましたねぇ~。すぐ後ろにはススキの穂まで! すでに実になったホトトギスも多くて、今まで気づかなかったのが不思議なぐらいです。この時期にお墓参りに来たことがなかっただけなのかな?



 例によって、たか爺のシルエット入りの写真も撮っておきましたよ!?
 これまた例によって、「いましばしお待ちくだされわが父とわが児眠れる墓浄めをり」(優)です。まあ、お墓の裏にはススキもセイタカアワダチソウもあって、けっこういろいろなお花も見られそうなので、そろそろお墓に入っても楽しめそうですけれどもね!?
 そういえば、あの俵万智が第32回角川短歌賞を受賞したとき、たか爺も生後39日で亡くなった次男の挽歌50首で編集部予選だけは通っていたんだよなぁ…。そのあと「候補作家競泳」とかで、『短歌』に8首ぐらい載せてもらったこともあったっけ…。お墓参りにいくと、そんな大昔の話も思い出してしまいます。昔の雑誌が出てきたら、終活のひとつとしてブログにもアップしておきたいものですね!? まあ、たか爺にとっては、短歌はどちらかというと落ちこんでいるときやもやもやしているときにしかできないようで、今はまったく不要となっております!?

この記事をはてなブックマークに追加

お墓参り

2017年08月16日 | その他


 いましばしお待ちくだされわが父とわが児眠れる墓清めをり 優
 例によって、たか爺ももうシルエットだけは入っちゃっているお墓の写真から!? 8月14日(月)は鎌倉へ。実家におふくろを迎えにいってから、みんなで回転寿司にて昼食。そのあとお墓参りです。



 この家族(うから)護りたまへよひとたびはわれの児として生(あ)れし命(みこと)よ 優
 12日からたか爺ンちに遊びにきていた孫たちも、ひい爺さまとおじさんに手を合わせてくれました。雨が降ったりやんだりで土砂降りの時間帯もあったのに、お墓参りのときだけはやんでくれて良かったです。このあと孫たちは直接自宅へ帰っていきましたが、いくらかわいい孫たちでも2泊されちゃうとにぎやかすぎて、たか爺とくん爺はどっと疲れちゃいましたねぇ…。
 そういえば、お墓参りに関してはこんなコラムもありました。まあ、たか爺にとっては元々生後39日で亡くなった次男のお墓だし、そのあと親父が入って、次はおふくろよりも先にたか爺が入る予定のお墓なので、ちょっと違う感じですけれどもね!?

 本日の「セミの抜殻しらべ②と夏の虫さがし」は雨天中止。抜殻しらべは定期調査なので、明日にでも1人で抜殻だけ集めてきて、家で調べるしかないかぁ…。でも、そんなことよりもこんなお天気続きでは、子どもたちも楽しみにしているはずの土・日・月の川遊び関係がどうなることやら…。

この記事をはてなブックマークに追加

ワンダーバード2号に感謝!

2017年05月25日 | その他


 なつかしい写真を載せておきます。
 2003年7月29日、ワンダーキッズ火曜コースの「夜の森探検隊」の際のものです。てっしーに手伝ってもらっていた頃ですね。



 同じく7月21日の月曜コース。



 同じく7月25日の金曜コースです。

 5月23日にエンジンがかからなくなってしまったワンダーバード2号ですが、24日に荷物をすべておろしてからJAFに運んでもらう予定でした。そしたら最後に、なんと一発でエンジン始動! そのまま日産まで最後のドライブとなりました。
 でもやはり、修理には時間もかかるし、20万以上はかかってしまうとのことなので廃車ということに…。写真はほとんど撮っていないので、納車から1年後のものを引っぱりだしてきました…。銀塩のプリント写真をスキャナーで取りこんでおります。



 これは2003年7月3日の木曜コース。
 帰りに七夕飾り用のササを伐って、おみやげですね。



 こちらは2003年6月25日の水曜コース。スズメバチたちが樹液に来ているクヌギに車を横づけして、「スズメバチバス」です!?



 同じく6月28日(土)のサタデースクール。

 月曜から金曜は「ワンダーキッズ」、土曜は「サタデースクール」と、たか爺も大忙しだった頃なので、ワンダーバード2号も休みなく働いてくれておりました。予定より少し早いお別れとなってしまいましたが、この15年間、本当にありがとうございました! 改めて感謝です!!
 現在は土日祭日のファミリー現地日程が中心なので、ワンダーバード3号はミニバンタイプのセレナにしましたが、納車まであと2週間ちょっとかかります。しばらくは代車利用ですね…。



 最後にもう1枚。
 2002年9月の写真なので、ワンダーバード2号は納車されてからまだ2ヶ月。くん爺もまだ1歳半というところです。あっ、そうかぁ~。くん爺のほうが長生きしてくれております!

この記事をはてなブックマークに追加

野鳥カメラマン、相変わらず…

2017年03月04日 | その他


 金山緑地公園のハナニラです。
 さち婆がヤナギの花が見たいというので、3月3日(金)のお花見の帰りは所沢ICでおりました。



 これは、柳瀬川調整池のほうです。



 アズマヒキガエルの卵塊だらけでしたね。



 相変わらず…。
 この日は3名だけだったので何の問題もありませんでしたが、休日には多分「烏合の衆」状態になっちゃうんだろうね。



 ちょっと木道を歩いているだけでも、すぐにカワセミが飛んでくるような場所だからなぁ…。当然、たか爺たちも肉眼で観察できましたよ。



 どこかのどうしようもないアホじじいたちみたいに、おとりを仕掛けたりしているわけではないので、仕方ないとは思うんだけど。



 地元の方たちはかなり迷惑しているんでしょうねぇ…。
 池のまわりは、少しずつ内容が違う野鳥カメラマンたちへの注意書きだらけでございました…。秋ヶ瀬公園もそろそろロープをはったりしないといけない時期でしょうか!?

この記事をはてなブックマークに追加

くん爺も16歳になりました!

2017年02月26日 | その他


 たか爺の愛犬くん爺は、本日めでたく16歳となりました! 人間だと80歳ですねぇ…。もしかすると、たか爺よりも長生きするかも!?
 これは2月10日の写真ですが、カメラを向けるとすぐに逃げ出してしまうので、こんな写真は滅多に撮らせてもらえません…。



 こちらは2001年4月20日。たか爺ンちに来たばかりの頃ですね。
 一応、由緒正しき血統のパピヨンなんだけれども、たか爺ンちに来ちゃったらねぇ…。食いしん坊のさち婆と我儘なたか爺にとてもよく似た犬には育ってくれましたよ!?



 これも2001年4月20日。庭から部屋へ戻ろうとしているところです。



 これは今年の2月21日。



 今はブロックの階段を使って、慎重に庭へと下ります。



 なつかしい写真も載せておきますね。
 2004年5月23日、窓際でプレーリードッグのぷーちゃんと。ぷーちゃんはこのあと、オーダーもののレースのカーテンをすべてボロボロにしてくれちゃいましたねぇ…。



 これは本日の台所。



 ぷーちゃんとのなつかしい写真も。2004年11月8日です。
 プレーリードッグ用のエサをこぼしちゃったら、仲良く食べておりました!?



 これも本日。お誕生日祝いで鶏肉たっぷりのごちそう待ちです。



 ここまでくるともうどっちが先かわからないけど、1日でも長くいっしょにいられるといいなぁ~。


この記事をはてなブックマークに追加

天然氷のスケートリンク~キッズ&ファミリー~

2017年01月26日 | その他


 1月22日(日)は、ときがわ町の上サスケート場へ。
 前日の雨で滑走不可となった9日の順延日程です。



 ようやく開催できました…。3年ぶりですねぇ…。



 受付を済ませて、スケート靴を借ります。



 子ども用のヘルメットも借りられますよ。



 ここで靴を履きかえます。



 今回はまさパパのスケート教室ですねぇ~。
 参加者は4家族8名です。



 まずは椅子につかまってリンクへ。


photo by masapapa

 しばらく滑ってみます。



 最初に椅子から離れられた子です。



 この子もOK。



 子どもたちは早いですよねぇ~。



 4人とも合格です!


photo by masapapa

 あとはもうすいすいと。


photo by masapapa

 戯れに母を背負いて、じゃなくて母を手押してか!?


photo by masapapa

 これはちょっと大変そう…。



 あとはもう自由に遊んでくださいね。



 この子が一番はまっていたかな。



 湧水も氷っていました。
 たか爺は滑れないので、リンクのまわりから写真を撮るだけです…。



 つららなんて、たか爺も久しぶりに見たかも!?



 あらっ?



 アカガエルの卵塊も氷っておりました…。

この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ更新しておかないと…。

2017年01月25日 | その他
 昔は、ホームページ上だった「ワンダースクール通信」の更新を1ヶ月ぐらいさぼっちゃうこともよくあって、心配してくれた方からメールが来たこともありましたねぇ…。ブログだとそこまではさぼれませんが、あのくそじじいもとうとう入院でもしちゃったか、ついにくたばっちゃったかと思われても困るので、そろそろ更新しておかないと…。
 先週の水曜からなんだか体調がいまひとつで、18日のワンダーキッズは念のためお休みしました。ノロでもインフルでもなかったので、ようやく少しずつ元に戻りつつある感じかな。



 これは、長男の家族が来てくれた8日の画像。たか爺も20日に61歳となりました。トランプが大統領になった日ですね…。まあ、日本のマスコミも一億総白痴化を目指してまっしぐらなので、マスコミ嫌いやJapan Firstではたか爺もトランプ支持者です!?
 たか爺は40の厄年に荷物の下敷になる事故で死にかけて、胸椎を圧迫骨折…。幸いとりあえず普通に歩けるようにはなりましたが、後遺症のような感じで頸椎と腰椎に椎間板ヘルニアをかかえております。いつどうなるかわからないので、たとえ50歳まででもいいからやりたいことをやっておこうと思って始めたのがワンダースクールなんですよね。



 この歳まで生きられて孫の顔まで見ることができるなんて、思いもしませんでしたねぇ~。ワンダースクールに来ていた子どもたちだって、もう社会人になったり、結婚しちゃったりしている子どもたちもいますからねぇ~。本当にもう、思い残すことなどまったくございません。
 でもね。あとはおまけだから! 体が動くうちは1年また1年と、ワンダースクールは続けていきますよ。楽しませていただきます!
 とりあえずやっと、4月からの第18期・2017年度の「パンフレット」や「年間予約表」等は入稿しました。これから「申込書」の入力作業やアドレス帳の更新作業に入ります。
 でもその前に、21日分からブログも少しずつ更新していかないとねぇ…。

この記事をはてなブックマークに追加

晴耕雨読

2016年12月27日 | その他


 とは言っても、「晴耕雨読」という理想的な生き方のまじめなお話ではございません…。23日にいただいた焼酎の名前でございます。当然もう中身のほうはございませんが…。でも、これはおいしかったですねぇ~。
 たか爺は、昔はひたすら日本酒好みで、もう廃業してしまったお酒屋さんから一升びんが6本入るケースごと配達してもらっていて、ひと月に10本ぐらいずつは飲んでいたのかなぁ…。もちろん、まずはビールだったり、ついでに焼酎でもワインでも何でも飲んじゃっていましたけれどもねぇ…。いつからかメインは焼酎に変わって、今は麦焼酎が中心です。
 でも、この芋焼酎は香りも良くてすっきり! まあ、芋焼酎ファンにはちょっともの足りないのかもしれないけれども、たか爺にはピッタリはまる感じでしたよ。ありがとうございました!



 裏のラベルも。
 たか爺は「人生なかば」ではなくもう終活中なわけだけれども、生きている間はこう生きたいところです。まあ、たか爺の場合は「晴耕雨読」というよりも「安居楽業」かもね!?



 例年通り、昨日は玄関の水槽も掃除しておきました。生存者はアメリカザリガニとマルタニシのみ。水草は先日採集してきたマツモです。



 本日はさち婆のおともでお正月用の買い出しのあと、世間では居間と呼ぶらしい部屋の壁もお正月用に!? 玄関には、松ぼっくりの「酉」とオギの「酉」を飾る予定です。今年も出来栄えのほうはいまひとつでしたが、画像のほうは1日にアップする予定ではおります。

この記事をはてなブックマークに追加

くん爺の近況です

2016年12月16日 | その他


 15日に撮ったたか爺の愛犬のくん爺です。
 犬はいいですよね。じじいになっても、トリミングから帰ってくると遠目には子犬みたい!? たか爺もそろそろ床屋さんへ行ってこないといけませんが、人間のじじいはじじいのまんまです…。



 遺影用に写真もトリミング!?
 まあ、目は白内障で耳もよく聴こえていないし、心臓の薬を服用しながら寝てばかりいるし、最近は寝てても歩いててもおしっこはおもらししちゃうし、なんだか自分の行く末を見ているようで…。
 


 くん爺も来年の2月には16歳になるので、人間だと80歳ぐらい。パピヨンの平均寿命は12~15歳ということなので、あとはもう1日でも長くいっしょに過ごせたらいいなぁという感じですね。
 


 たか爺特製のブロックを積んだだけの階段で、庭から部屋へ戻ってくるところです。まだ自分で歩けるし、相変わらず食いしん坊なので、意外と長生きしてくれるのかな。



 お帰りなさい。写真を撮られることが大嫌いなので、ご機嫌は斜めでございます…。年明けには定期健診に連れて行かないといけませんね。

この記事をはてなブックマークに追加

餅つき禁止!? 日本も終わったね…。

2016年12月02日 | その他
 餅つき禁止!? 日本も終わったね…。
 そのうちおにぎりもお寿司も、機械でにぎったものしか食べられなくなるのかな? サラダやお刺身も禁止されたりして? そんなことより、まずは原発をどうにかしてくれないとなぁ…。近い将来、無菌室のような室内でしか生きられない人間ばかりになって、外出する際には防護服着用、なんていう時代が来るのかもしれませんね!?
 たか爺は常々、日本というか人の世はもういつ終わっても仕方がない方向にしか進んでないよなぁ…、とは思っております。ワンダースクールを始めてからのこの17年間だけでも、子どもたちを取り巻く環境はどんどん悪くなっていくばかりですからねぇ…。もう先が見えているじじいには、こんな世の中いっさい未練はございませんが、せめてたか爺の孫たち、ワンダースクールに来てくれている子どもたちや孫たちが生きている間だけでも、これ以上悪い方向に向かわないことを願っております。
 念のため、国分牧場さんへも確認しましたが、18日の「お餅つき大会」は予定通り開催しますよ!



 5時間以上かかった葉っぱでアートの「水車小屋」は、結局破棄…。今年はあきらめました…。
 で、土日に日本の里で拾った落葉を処分していたら、みかんの葉っぱが出てきたので作ってみた「みかん山」です。でも、これじゃあ、みかん山の上からの景色には見えませんねぇ…。上1/3は向こう側の里山にしたかったのですが…。さち婆だけはわかってくれたので、まあいいかぁ…。



 こちらは、よしざわ自然農園さんで撮ってきた「鶏」の写真を見ながら作ってみました。オギやヨシは「葉っぱでアート」でも使えそうです。他の鳥や動物も作れそうですね。あっ!? でも、葉っぱじゃないけど…。

この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ終活も始めないとね!?

2016年10月23日 | その他


 10月16日(日)に、さち婆の実家の庭で撮ったユーフォルビア・ダイアモンドフロストです。
 18日のブログにも書きましたが、13日に義弟が59歳で急逝…。16日は通夜、17日は葬儀となりました。



 義弟は5年前に体調を崩して早期退職しましたが、その後はある程度普通に生活できるようになりました。9月末には夫婦でカニ食べ放題で酒飲み放題の温泉旅行へも行ってきたみたいだし、家のリフォームも手配済みでしたが、本人なりの終活も始めていたようです。
 たか爺も延命治療は受けるつもりありませんが、義父はガンで3年間の闘病生活のあと亡くなったので、義弟も多分入院して延命治療を受けることになってしまうのは絶対に厭だったんだろうなぁ~と、勝手に思っていますけれどもね。なので、たか爺としては、本人の予想よりはちょっと早かったかもしれないけれども、いわば確信犯的な立派な最期だったかなと思っております。



 同じく16日のセンニチコウ。
 通夜は18時からですが午前中に納棺の儀式があるため、午前10時にはさち婆の実家へ。なんだか自分の予行練習をしているようで…。あっ、でも、自分の時はたか爺には関係ないか!?



 同じくハクチョウゲ。
 くん爺がいるので、通夜のあとたか爺はいったん帰宅し、「涙雨」となった翌17日は午前10時に直接葬儀場へ。11時から12時の葬儀のあと、火葬場へはマイクロバスです。たか爺が義弟のお骨を抱えて葬儀場まで戻って解散となりました。5年前から覚悟はしていたもののなんだか突然すぎるというか、潔すぎるというか、みんなビックリ&ドタバタしすぎてちょっと不思議な感じでしたね。
 でも、今回たか爺もさち婆も一番驚いたのは息子たちでした。2人とも通夜・葬儀共にお寺からの僧侶の送迎、会葬者の受付等で大活躍してくれて、息子たちを本当にかわいがってくれた義弟には申し訳ないけれども、そっちのほうが涙が出ちゃう!? たか爺ももういつでも安心して旅立てますねぇ~。あとはよろしく! という感じです。
 まあ、儀式嫌いのたか爺としてはすべて内々に済ませてもらう予定ですが、そろそろ終活も始めないとね!?

この記事をはてなブックマークに追加

セイタカアワダチソウの入浴剤作り

2016年10月20日 | その他


 キク科アキノキリンソウ属のセイタカアワダチソウです。入浴剤用には蕾を使うので、左側のものがまだかろうじてセーフという感じでしょうか。
 外来生物法では「要注意外来生物」、日本生態学会では「日本の侵略的外来種ワースト100」となっていますが、土手や河川敷に群生する秋の花として、虫たちにも人気がありますよね。在来種のオギやススキと共存してくれれば、秋景色としてもきれいなのですが…。



 10月15日(土)に収穫したセイタカアワダチソウ。大半は開花していて蕾は少なく、集めるのに苦労しました。まあ、オギの穂集めの途中に、蕾のものが見つかったらついでに収穫するような感じでしたけれどもね。前回は干すところまでだったので、今回は最後までご紹介!?
 収穫する際には、園芸用のハサミ・軍手・大き目の袋が必要です。たか爺はIKEAのキャリーバックを愛用していますが、肩にしょったまま移動しながら収穫できるので重宝しております。干すことも考えて、上から30㎝以上のところで茎を切って集めていきます。不要な葉っぱはその場で、軍手をした手でビイ~っとやって落としてしまうのがたか爺流ですね。



 まあ、ここまでする必要もないんだろうけれども、たか爺はオギの穂の際の癖でついつい花穂の長さで分けちゃいます…。結ぶのも結束バンド利用です。簡単ですからね。茎の太さによって10~20本ずつ結びます。



 今回ははざがけスタイルで外へ干しました。
 と、ここまでは前回にもご紹介。



 これは、前回の乾燥済みのものの一部。1週間干したものです。



 あとは園芸用のハサミでざくざくと細かく切るだけ。太い茎は使いませんでしたが、葉や茎が入ってしまってもかまいません。適当でOKです。



 保存にはやはり、紙や段ボールのような箱のほうがいいんでしょうね。今回は豪華版!? 大分産のシイタケが入っていた桐箱利用です。
 ダイソーの水切りネット40枚入りにつめて使ってみましたが、中身が出てくることもなく湯上りの保温効果抜群でございました。3日間はそのまま使えます。くれぐれも自己責任において、ぜひ一度お試しあれ!?
 たか爺はまたオギの穂集めに行かないといけないので、まだ蕾のものが残っていたらもう少し集めておかないと、ひと冬はもたないかなぁ…。

 以下は追記(2017.10.28)。



 水切りネットにつめる作業中です。
 昨年は浅型利用でしたが、深型だと一度口を結んでからひっくりかえしてもう一度結んで二重にできるので尚可!? なるべく同じ量にしたいので計りを使って10gにしていますが、適当でもOKです。たか爺の手だと5本指で2つかみぐらいかな。10㎝角で深さも10㎝以上ある100均のプラケースのようなものを使うと、作業しやすいですよ。

この記事をはてなブックマークに追加

セイタカアワダチソウの処理

2016年10月11日 | その他


 10月6日(木)に収穫してきたセイタカアワダチソウです。



 翌日の7日に、入浴剤にするための処理をしておきました。干すためには葉っぱが付いたままでもいいのですが、乾燥するとボロボロとこぼれ落ちるので、ざっと落とします。1日経っているので、軍手をした手で花穂の下をにぎってビィーっとやるだけで簡単に落ちてくれますね。



 今回は干すスペースを最小限にするため、靴下とかを干すハンガーを使用。なので、花穂のすぐ下を結束バンドでとめました。普通は稲刈りの際の稲同様、茎の下の方でしばって物干しざおやロープにはざかけする感じでしょうか。



 ベランダの隅で4~5日乾燥させたら、花穂の部分を細かく刻んで、100均で売っている目が細かいネットに入れれば出来上がり! 明日あたり使えそうかな。あっ、その前にネットを買ってこないと…。
 100本弱のセイタカアワダチソウで、果たして入浴剤何回分になるのかな? どんどん蕾が開いてきているので、今週中にまた少し収穫してこないといけませんね。オギやススキの収穫もまだこれからです…。

この記事をはてなブックマークに追加

父の日に「贈られた」プレゼントですが…

2016年06月22日 | その他
お題「父の日に贈ったプレゼントは?」に参加中!


 たまには「お題」にも。
 父の日に「贈られた」プレゼントですが…。
 長男は18日(土)の夜に家族で来て一泊。右の大分の麦焼酎持参です。たか爺の親父の遺影にも、おちょこ1杯分だけプレゼントしておきました!?
 19日(日)の夜に長男家族が帰ったと思ったら、入れ違いにけん兄がやってきました。左の山梨の日本酒持参です。レンタカーでまた山登りに行ってきた帰りに寄ってくれたようですね。
 たか爺は土日ともに「どろんこ田植え体験」だったので、孫たちとも遊べませんでしたが、まあ、息子たちが顔を見せてくれただけでも、本当に幸せものだと思っております。プレゼントもこれが一番ですよねぇ~。

この記事をはてなブックマークに追加