LOVERY DAYS

料理、お菓子、旅行が大好きワーキングマザー。2014&2015年に手術をしてから寛解、調子に乗ってる難病患者です。

ポルトガル旅行その①

2017-05-19 22:39:37 | 旅行
さて、出発は羽田空港より、
全日空でまずはフランクフルトまで行き
そこからルフトハンザでリスボンへ。
最初はルフトハンザではなく、イベリア航空というスペインの航空会社の便の予定だったのですが
変更になってしまいました。
私としては日本からじゃ乗れないイベリア航空に乗ってみたかったんですが、仕方ないですね

深夜便だったので、搭乗する頃には子供は爆睡
しかし、夜食が出てくるとしっかり目を覚まして食べて、また爆睡(笑)
大人の我々も当然眠いので、しばらくは寝て過ごしました。

6時間経過した頃に私と子供は覚醒。
夫はこの後運転しなきゃならないのでずっと寝てましたね〜
ここから映画を観まくりました!
子供向けはモアナとSINGがあり、
まずはモアナが観たい!と言うので観せてみたら
怖いのが大の苦手な子供は30分くらいで「怖いのが出てきたからヤダ〜」と
シンデレラも最初の10分くらいで出てくる継母と義姉達が「怖い!!」って言って中断するくらい、めちゃくちゃ怖がりさんなのです
その代わり、SINGは歌がメインの映画だからかとても気に入ったらしく、
一度観終わった後も観たがり…
結局往復で2回ずつ観てました。
私は「わたしはダニエルブレイク」と、日本未公開のジャンレノのコメディー
飛行機の映画サービスは日本未公開の作品も観れるのがいいですよね



フランクフルトには早朝6時頃に到着。
ここで2時間ほど待った後、いよいよリスボンに出発!

それにしても、連休中、遠い国ではあれども一応国の首都に行く便なのに
日本人が我々しかいない!
リスボンに着いたらちらほら見かけましたが。
トルコ経由で来る人が多いのかな?

フライトは約3時間。
ランチを食べて、少しまったりしたらもう到着です!


まずは空港でレンタカーを借りて、寄り道しながら初日の宿泊地、オビドスへ出発


プジョーに初めて乗りました。夫は久しぶりの左ハンドル運転!

寄り道はまず、世界遺産として名高い街、シントラ。
空港からは30分くらいだったかな。

坂が多い!
車を停めて街歩き。眺めが素敵で写真も撮らずに見入ってしまいました
おやつもあります!



シントラの有名なお菓子屋さん、PIRIQUITA。1個約1€、安い!
オレンジのドーナツ状のものはほんのりオレンジ風味のカスタードの塊?のようなお菓子。
この後も色々お菓子を食べましたが、ポルトガルはカスタード系のお菓子がものすごく多い!
紙に包まれたものはパイ生地の中にクリームが入ったもの、右下はチーズタルトです。

次はロカ岬。ヨーロッパ最西端の場所!

寒すぎて、ぐるっと歩いたらすぐに車に戻ってしまいました。

そしてここからまた車で1時間弱行き、オビドスに到着〜。
ここでのお目当ては宿泊したホテル。
なんと、お城なんです
ポルトガルはポサーダといって
各地方に昔のお城などの建物をホテルに改築した建物があります。
本物のお城に泊まるなんて貴重な経験!
ポサーダ カステロ オビドス

昔のお城をそのまま使っているのでエレベータはなく、廊下もあちこち曲がってやっと部屋に。
重い荷物はすべてマッチョなボーイさんが運んでくれます♡


窓が小さい、っていうのもお城ならではなのかも?
夕食はつけていなかったのでホテルを出て散歩しながらレストラン探し。
ホテルにもレストランがあるのですが、ちょっとお上品な感じなので子供には退屈かなと思って予約しませんでした。
大人だけの旅行ならぜひここで食べたかった!
・・・しかし、長いフライトの疲れが出てきたのか、もくもくとご飯を食べて早々と部屋に戻って就寝・・・
せっかく素敵なお城に泊まったのに、夫婦でロマンチックに語り合うこともなく
気絶するように寝てしまいましたとさ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポルトガル旅行〜はじめに | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。