wonder land alice's blog

a lice の趣味(酒味?)のブログ

岩国寿司

2017年07月14日 05時00分09秒 | 観光等
宮島から電車にて「錦帯橋」を見に岩国に行って見ることに・・・
JR岩国駅からバスに乗って20分程行くと・・・バス停の傍には錦川が流れており・・・
そして目の前に錦帯橋が・・・

  

  

この橋は、山上の城と城下町を繋ぐ錦川に架かる橋・・・
頻繁に錦川が氾濫し、橋が流されることから・・・江戸時代に流されない強い橋を作ることに・・・

※川では、釣り人とシラサギが魚の奪い合い?をしていた・・・
  

200メートルの川幅に対応するため6連のアーチ型にし・・・土台を石垣にすることで補強したようだ・・・
橋は、洪水にも対応できたのだが・・・明治になるまで武士や一部の商人だけしか渡れなかったようだ・・・

  

  

その後、岩国城や武家屋敷を見ていると・・・武家屋敷の瓦が・・・何だか普通と異っている・・・
一般的な瓦は、片側がへの字に曲がっているが・・・この屋敷の瓦は、両側が曲がっている・・・
両袖瓦と言う岩国独特の瓦のようだ・・・だから「瓦そば」が有名になったのだろうか・・・??
そんな事はないだろうが・・・

  

  

更には、この武家屋敷には、玄関側からは気が付かなかったが二階建ての屋敷とのこと・・・
殿様が通る道側には、見下さないようにと窓がない・・・そのため一見すると平屋のように見える・・・

そして錦帯橋を流れる錦川が氾濫し・・・洪水となるため家の中には船が立てかけてあったとのこと・・・
何故、そこまでして住んだのだろうか・・・不思議・・・

  

メタボオヤジは、ヘビは嫌いなのだが・・・どうも岩国では、白ヘビが有名なようである・・・
折角なので「白ヘビ館」を覗いてみることに・・・
何故か、アオダイショウの突然変異の白ヘビが岩国には多いのだという・・・何故なんだろう・・・

  

帰路のバスを待つ間にアナゴ飯を食べたばかりだったが・・・岩国寿司というものがあったので食べてみた・・・
どんなものかなぁ~と楽しみにしていると・・・ちらし寿司の押しずしのようだ・・・

どうせだったら「アユ」の塩焼き定食でもあれば嬉しかったが・・・

(写真は、その他に訪れた施設・・・椎尾神社、絹川水神社・・・)
  
(白山比咩神社、吉香神社・・・)
  
(絹雲閣、古川史料館・・・)
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナゴ飯 | トップ | 過ぎたるはなお及ばざるが如し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。