wonder land alice's blog

a lice の趣味(酒味?)のブログ

ホンビノス貝の侵略

2017年05月19日 04時12分48秒 | 酒(居酒屋・つまみ)
海外からの輸送船のバラスト水に紛れ込んで日本の海に密航??したカナダ出身の貝・・・
今では、スーパーでも一個100円程度にて販売されている・・・
なお、その味は、ハマグリにも似て美味しいと評判のようだが・・・メタボオヤジは、あまり好きではない・・・

先般、久々に何時もの居酒屋に行って・・・何時もの刺身の盛り合わせで飲んでいると・・・
白ハマグリと言う名前のメニューが新たに追加されていた・・・
メタボオヤジにとっては、酒のつまみになり・・・美味しく珍しいものであれば何でもよい・・・と早速、注文・・・

  

しかし、この白ハマグリ・・・本名をホンビノス貝と言うようだが・・・
東京湾では、アサリやアオヤギ(バカガイ)をも駆逐し・・・どんどん数を増やしてきている・・・
駆逐と言っても別にホンビノス貝がアサリやアオヤギを食べる訳ではないのですが・・・

  

東京や近県でもどんどん増え続ける中国人等の食卓を満たすため・・・
東京湾での中国人等による違法な採取がエスカレートし・・・
江戸川での中国人の溺死事故にも繋がったようだが・・・今でも中国人等の採取は続いている・・・

そのためだろうか?・・・今では、アサリやアオヤギは、殆んど採取出来なくなってしまった・・・
そして中国人たちは、今では、カキやシューリ貝(ムール貝)、ホンビノス貝を中心に採取しているようだ・・・

  

メタボオヤジも十数年前に居酒屋の悪友に誘われ東京湾にてアサリ獲り(違法)をしたことがあったが・・・
鮎も遡上する江戸川や多摩川のように東京湾の水質も改善され美味しいアサリだった記憶がある・・・

でも東京湾は、今では外国産のホンビノス貝やシュウリ貝に占領され・・・
同様に新宿や池袋界隈は・・・中国人や韓国人に占領されつつあるようだ・・・

ガラパゴス諸島と同様にに外界から孤立??していた、この島国の日本・・・
海も陸も外国からの侵略??に・・・これからどうなるのだろうか・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とり天とだご汁 | トップ | 蕎麦の育成日記2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。