wonder land alice's blog

a lice の趣味(酒味?)のブログ

仙台アメ横

2016年11月08日 05時04分49秒 | 酒(居酒屋・つまみ)
庶民の台所でもある仙台市の朝市(通称アメ横)・・・メタボオヤジも珍しい肴はないかと覗いて見ることに・・・

しかしニュースでも紹介されているように今年は不漁のため・・・サンマが小さく鮭の数が少ない・・・
そして野菜が高い・・・これでは、この時期定番の鍋ができない・・・(涙)

メタボオヤジの記憶では、サンマが20数匹入った箱で1,000円・・・一匹、40~50円だったのに・・・
今では、5匹で400円・・・一匹当たり以前の2倍の80円もしている・・・
これでは、庶民の魚とは言えないのではないだろうか・・・

  

なお、市場の奥には、料理屋さん専用の魚屋さん・・・珍しい食材を扱っている・・・
先日、北海道で頂いた「蝦夷ホヤ」や「ボタン海老」・・・東北名物の「めひかり」、巨大な「ウスアナゴ」etc・・・
この穴子・・・メタボオヤジの腕周りのくらい太い・・・

  

  

  

ところで、なに、「ウスアナゴ」って??・・・
メタボオヤジが知っている東京湾の大穴子は「クロアナゴ」と言って誰も食べない・・・
これは、初めて聞く魚の名前なので魚屋の御主人に聞いて見ると・・・仙台名産の「あなご」らしい・・・
東京のクロアナゴは、ウスアナゴと大きさは同じだが味が劣るようだ・・・
そのため料理人は、東京のクロアナゴは、料理には使わないが・・・このウスアナゴは味が良いと言う・・・

そのためクロアナゴの値段は一匹10円程度に対しウスアナゴは、卸値で4~5千円程度とのこと・・・
メタボオヤジも食べて見たいと思ったが・・・そもそも、どのような料理がお勧めで値段も解らない・・・
と言うことで次回の楽しみに・・・

なお、メタボオヤジの目的の酒の肴(珍味)は、蒸しホヤ、生ホヤの刺身・・・そして牡蠣の潮煮をゲット・・・

  

  

今回、笹かまは、試食しただけで・・・自分用には購入しませんでした・・・
それは、この頃、メタボオヤジは「笹かま」が美味しいと思わなくなったからなのだが・・・
仙台蒲鉾も競合する企業や価格競争により・・・何だか「味」が落ちて来たようだ・・・

この構図は、以前、有名だった何処かの酒蔵のようだ・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 油麩丼 | トップ | 身勝手 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

酒(居酒屋・つまみ)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。