wonder land alice's blog

a lice の趣味(酒味?)のブログ

筑波山

2017年05月16日 04時50分10秒 | 観光等
やっぱり連休には、出かけるものではない・・・道路は、渋滞するし・・・観光地では、小さい子供たちが煩わしい・・・

メタボオヤジが遭遇したのは他人の子供がメタボオヤジを叩いたりしても親は「すみません」と口だけで謝る・・・
そして行為を繰り返す子供に対し・・・「何やってんの・・・ダメでしょ!!」とメタボオヤジの耳元で怒鳴る・・・
メタボオヤジは、耳が痛い・・・まるでメタボオヤジが叱られているような感じである・・・
まぁ~混雑する行楽地なんてこんなものなのかも知れないが・・・

そんな中、関東では、富士山ほどの高さはないものの・・・四方八方から見える山があると言う・・・
それが筑波山・・・袋田の滝からの帰り道に行ってきた・・・

  

なお、筑波山に簡単に登るには、筑波山神社を通りケーブルカーの乗り場まで行くこととなる・・・
※筑波山神社の山門には、何故か「倭建命」と「豊木入日子命」の像があるが通常は仁王門には雷神、風神では?・・・

  

  

  

そしてケーブルカーに乗ること8分・・・筑波山頂駅に到着する・・・
その後、駅をでて左に行くと男体山(871m)・・・正面に向かっていくと女体山(877m)がある・・・

  

  

メタボオヤジは、当初、男体山に登り・・・次に女体山に登った後、歩いて下山しようと考えていたのだが・・・
渋滞にて疲れたこともあり、ケーブルカーの往復券を購入してしまった・・・
そこで、最初に女体山に向かっていくと・・・途中に「ガマ石」と言われる巨岩が・・・

  

  

そして途中、メタボオヤジのような、にわか登山者と子供達・・・先を争って人を押しのけて走って行く・・・
何故、こんな危ない狭い岩場の道をそんなに急ぐのだろう・・・
腹立たしく思ったメタボオヤジは、「転んで泣き叫べ」・・・と内心思ったが・・・

するとメタボオヤジの呪いが効いたのか・・・メタボオヤジの前の階段で高齢女性が転んでしまった・・・
女性曰く・・・足を上げたはずだったのだが・・・とのこと・・・決してメタボオヤジの呪いではありません・・・

そして女体山の頂上です~・・・怖いようぉ~・・・なお、見晴らしは最高です・・・

  

  

そして来た道をもどり・・・今度は、男体山に・・・こちらは300mほどの距離なので登るのは簡単です・・・
そういう意味では、近場で簡単に登れる筑波山は、ピクニック感覚で行ける手頃の場所なのかも知れない・・・

※だからと言って、フレアスカートにハンドバックを持ってデパートに買い物感覚で来ている女性・・・
 何を考えているのか??・・・

  

  

なお、後は、帰るだけなのだが・・・ケーブルカーに乗るためには、一時間待ちとのこと・・・
そんなに待つんだったら、やっぱり歩いて下山(40分程度)した方が良かったのかもしれない・・・
でも、既に切符を購入していたメタボオヤジはケーブルカーを待つことに・・・

  

※行列をしり目に、のんびりと弁当を食べるカップル・・・山には桜も咲いていた・・・

そして帰り道では、既に周りも暗くなり・・・渋滞も解消されスムーズに帰れたが・・・疲れた~・・・
なお、今回のツーリングは、ここまでです・・・

この時期は、暑くもなく寒くもなく、そして雨も少ない・・・バイク野郎には、一番良い季節なのかも知れない・・・
今度は、何処に行こうか・・・考えるのも楽しみなものである・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しゃも丼 | トップ | 北海道土産 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。