wonder land alice's blog

a lice の趣味(酒味?)のブログ

ブラックラーメン

2016年12月28日 04時46分31秒 | そば等(定食等)
山町筋などの珍しい文化??の高岡を後に・・・今度は、新幹線の乗継のために富山市に・・・
富山市では何か名所旧跡はと思ったのだが・・・どうも昔の大戦における空襲にて市内が大火に見舞われ・・・
街もお城も消失し焼け野原になってしまったようだ・・・

今では復興された街の中心地には、昔の城を模した郷土資料館が街のシンボルのように建立されている・・・
また、駅前には、富山の薬売りの像や貸自転車が設置されていたが・・・生憎の天候にて誰も借りる者はいない・・・
メタボオヤジは、歩いて復元された城(犬山城等を模写)まで行ってきました・・・

  

  

  

  

  

  

  

城の堀の周りの歩道には、未来を目指して子供たちの夢を記したタイルが敷かれていた・・・
この子供たちが大人になった時には良い思い出の品になるかも知れない・・・

その後、他に観光するものもなく・・・今日の最終目的である、あのブラックラーメンを食べに行って見ることに・・・
城址公園の更に先に・・・終戦後、富山のご当地でブラックラーメンを発展させた「大喜」と言う店に行ってきた・・・
現在の「大喜」は、創業者から名前を買い取った企業が運営しており・・・本家本元とは異なるようだが・・・

  

入口は、中も見えない安アパートの玄関のようなドアがあり・・・
中は、「うなぎの寝床」のような細長い両サイドのカウンターと丸椅子だけの店内・・・
そして奥には、何故か神棚が安置されている・・・昔の労働者の安全を祈願した名残りだろうか・・・

  

メニューは、一種類のみ・・・それが中華そばの小(並)、大、特大の三種に玉子等のトッピングとライスのみ・・・
とってもシンプルイズザベスト・・・と言うことのようだが・・・

  

メタボオヤジは恐る恐る・・・小(並)ラーメンにトッピング・ライスなしを注文・・・
そして出てきました・・・スープが真っ黒・・・まるで竹炭ラーメンのようだが・・・こんなに醤油の色が黒いなんて驚き・・・
食べ方の表記があったので見てみると・・・取りあえず全てかき混ぜて味を和ませて食べるべしとのこと・・・

表示にしたがってかき混ぜ麺を食べると・・・まぁ~普通のラーメンのようだが・・・
そこでふと気が付いた・・・スープを飲む蓮華がない・・・
多分、このラーメンはスープを飲んではいけないのかも知れない・・・

そこで、丼ぶりを持ち上げスープを飲むと・・・しょっぱい・・・とても飲めた代物ではない・・・
一方、このしょっぱいスープには、無造作に厚切りされたネギが入っており甘く感じるから不思議である・・・

  

  

結果、とうとうメタボオヤジも殆んどのスープを残してしまったが・・・
メタボオヤジ的には・・・二度と食べたいと思わないラーメンであるのだが・・・美味しいと言う人の感覚が理解できない・・・
そういう意味では、「蒙古タンメン中本」の唐辛子10倍ラーメンが美味しいと言う人と同じ感覚なのかも・・・
※なお、この「大喜」の店内の壁には多数の芸能人の色紙・・・そしてそこには「美味しい」と書いてあったが・・・??

  

  

さぁ~・・・今日の予定は全て終了・・・あとは帰るだけ・・・新幹線にて何時ものように至福の一時を・・・
なお、ラーメンを食べて満腹なのだが・・・白昆布おにぎりを見ていたら食べたくなったので最後の締め用に購入・・・
酒もおにぎりも最高でした・・・ただ、白エビやホタルイカの入った「かまぼこ」はイマイチでした・・・
メタボオヤジ的には、仙台の「笹かまぼこ」の方がお勧めです・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富山名物 | トップ | 飲み過ぎ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。