wonder land alice's blog

a lice の趣味(酒味?)のブログ

袋田の滝

2017年05月14日 01時42分26秒 | 観光等
日本三大滝と言われる・・・栃木県日光の華厳の滝、和歌山県の那智の滝・・・
そして今回初めて見る・・・茨城県の袋田の滝・・・

早速、行って見ると・・・受付は9時からとのことだったが・・・既に開園されていた・・・
ここは、華厳の滝と同様にエレベーターにて滝の流れ落ちる反対側の岩山に登れる仕組みとなっている・・・
早速、トンネルを通って行くと・・・何故か意味不明の恋人の聖地が??etc・・・

  

  

  

  

そしてエレベータにて頂上まで行くと・・・真近に滝が見える・・・

  

  

華厳の滝や那智の滝ほどの水量はないようだが・・・段々の滝も、なかなかの見応えである・・・
その後、帰ろうと来たトンネルを下って行くと・・・吊り橋の道しるべが・・・
何気なく行って見ると・・・吊り橋を渡り終えたところに約20分(500段)程で「生瀬の滝」の案内板・・・
折角、来たのだからと上流の滝を見に行ってみることに・・・

  

体力のないメタボオヤジなので・・・最初の100段までは、何とか登れたのだが・・・
それ以降は、昨年の富士登山を思い出す様な苦痛が・・・息が苦しく汗がしたたり落ちる・・・辛い・・・
そして到着して見えたのが写真の「生瀬の滝」・・・余りの想像との相違にメタボオヤジは、声にならない・・・

  

そして帰ろうと来た道を戻って行くと・・・分岐点に「月居山頂」の道しるべ・・・
メタボオヤジもここまで500段も登ってきたのだからと行って見ることに・・・(無謀な・・・)

  

そして800段を超えたあたりで・・・山頂方面から笑い声が聞こえてきた・・・
もうすぐ頂上だろうと重い歩を更に進めていくと・・・先にメタボオヤジを追い越して行ったお兄さんが戻ってくる・・・

そこでメタボオヤジが頂上までの距離を確認すると・・・まだまだ先とのこと・・・
更には、先に登頂したご夫婦から聞いた話では・・・山頂は、藪だらけで見晴らしが良い訳でもないとのこと・・・
それで、お兄さんも戻ってきたとのことで・・・この言葉を聞いてメタボオヤジは、下山することにしたのだが・・・

このヘタレ野郎が・・・登頂できない理由を他人のせいにするなんて・・・

なお、以前にお参りした金毘羅宮の本殿までは、確か約800段ぐらいだったはずだが・・・
そう言う意味では、既に900段の階段を登ったメタボオヤジは、金毘羅様にお参りしたようなものである・・・

と、自己満足し下山することに・・・
何かと屁理屈を並べて自己を正当化する・・・やっぱりメタボオヤジは、ヘタレ野郎のようだ・・・
でも、本当にヘタレました・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 滝見の湯 | トップ | しゃも丼 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。