Wonderくんのひ・と・り・ご・と 02

日々の出来事の他、テレビ、本、音楽、趣味の話など・・・
不定期更新で気まぐれに書いています。

秋の夜長のショートショート

2016年09月18日 | 

  久しぶりに星新一の本を読みました。
  短編よりもさらに短いストーリーのショートショートというやつです(^_^;;

  30年ほど前に買い集めた新潮文庫の星新一シリーズ。
  1990年に発行された「ありふれた手法」は、30編のショートショートを収録。
  表題作の「ありふれた手法」をはじめ、「総合診断所」「捨てる神」「吉と凶」など
  ユニークは発想と強烈なパンチの効いたストーリーが楽しめます。

  どこから読んでもいいし、どれを読んでも面白い。
  秋の夜長に1冊あると便利な星新一のショートショート。おすすめです(^_^;;

  ちなみに「週刊文春」の表紙を手がけているイラストレーターの和田誠さんが
  表紙カバーと挿絵を担当。和田さんのほのぼのとしたイラストを見るだけでも
  けっこう楽しめる本です・・・・・(>▽<;;
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェラーリを手に入れる! | トップ | とと姉ちゃん第25週 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。