Wonderくんのひ・と・り・ご・と 02

日々の出来事や仕事の話の他、映画、テレビ、本、音楽など
趣味の話など・・・気まぐれに書いています。

発明は世界を崩壊させる?

2016年10月13日 | 

  2002年3月に刊行された「博士の異常な発明」(集英社/清水義範・著)。
  発明をテーマにしたSFちっくな短編集です(^_^;;

  星新一さんに似たテイストですが、短編なのでそこそこ読み応えのあるストーリーに
  なっている点がショートショートとは違うところ。

  町の発明じいさんと呼ばれている並河敬造は、ポリエチレンだけを分解してしまう
  特殊な細菌を発見する。
  「ポリクイ菌」と命名されたその菌で合成樹脂のゴミの処分に使えないかという
  研究が始まり、やがて実用化されるがポリクイ菌は突然変異により、
  別のものも分解するようになる。
  暴走したポリクイ菌はあっという間に拡散し、やがて世界の崩壊が・・・・。

  ポリクイ菌の恐怖をコミカルに描いた「文明崩壊の日」他、
  「異形のもの」「半透明人間」「史上最大の発明」など全9話のエピソードが
  収録されてます。

  星新一さん、筒井康隆さんとはまた違う清水義範さんのこの短編集は、
  新たな発見でした・・・(>▽<;;
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1/43スケールのジャガー | トップ | 吟遊詩人のピアノを聴く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。