ウーマンズノート

女性の生活メモ帳

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

急な帰省とお金の問題

2017-03-20 21:32:03 | 日記
母の体の調子が悪いと聞き、帰省する事にしました。

しかし、ここで大きな問題が発生しました。

帰省のための交通費が捻出できないのです。

何しろ実家は長崎県の離島であり、東京で暮らしている私が離島へ帰省するというのは、まるで外国旅行へ出掛けるような感覚だったのです。

飛行機を乗り継いでフェリーという日程は、タイミングが合わないと間の待ち時間を入れて20時間ほどかかる場合があります。

そうなると往復と実家に宿泊して病院行くとして、最低でも4日くらいは仕事を休まないといけませんし、交通費もちょっとした外国旅行並みのレベルだったのです。

しかも急な事だったので、上司もどの日に4連休を差し込めるかわからないと言っておりました。

ところがその翌日の朝にシフトを変わってくれる同僚が見つかったようで、週末に4日間有給休暇を入れてくれたのです。

私としては今月中に調整してくれればいいかなくらいに思っていたのですが、今週末と聞いて大慌てて準備をしました。

給料日前でどうにもこうにも旅費が足りない!という状況です。

そこで困った私は、カードローンでお金を借りることにしました。

初めにネットで女性向けローン(レディースローン)の即日振込のサービスをいくつかチェックしておき、後h銀行の窓口にも相談に行くことにしました。

というのも、銀行の場合、審査などで時間が数日かかる場合があると聞いていたので、間に合わない様ならネットで調べたレディースローンを利用する事にしようと思いました。

私の勤務先の会社のメインバンクは、私にとっては給与の振込先として長年利用している馴染みの銀行でした。

そのせいもあってカードローンの審査は実に簡単に済みました。それに借り入れ希望額はたったの30万円で申し込みましたので、何の問題もなく審査に通ってくれました。

そして、すぐに30万円の借り入れを行うことができました。

ところが、目的を果たして帰省した私でしたが、その後の返済には予想外に苦労しました。

というのも、不景気で会社の給料が減ってボーナスも無くなってしまったり、体不調で寝込んでしまったりして、慢性的な金欠状態に陥ってしまったのです。

本来なら、30万円程度の返済なら楽に済ませることができるはずでした。

しかし何かトラブルなどが起こると、そんな楽な返済にさえ苦労することになるのです。
カードローンの借り入れとは、本当に便利で重宝するものです。しかし、その返済は決して甘く見てはいけないのだと私はその時学びました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |