ブログはじめました!

くだらないひとりごとなどを語っております。お暇なら見てやってください。

OGK FF-R3 と Void TX-27 ヘルメット

2016-10-29 21:38:32 | PCX

PCX用に買ったヘルメットOGK kabutoのFF-R3。
とりあえずの急場しのぎで買ったわりにとても気に入っています!!
あえて少々ゆとりがあるXLサイズを買ったのですがそれがよかったのか長時間かぶっていても耳や頭が痛くなったりせずまったく疲れません。(かといってゆるすぎてズレたりもしない)
普段の生活では眼鏡orコンタクト必須なんですがインナーにメガネ用のスリットがついており眼鏡使用もまったく苦になりません。
正直リピートで購入してもいいくらい、なんなら色違いでもう一個買い増してもいいくらい気に入っています。

唯一気に入らない点は標準のシールドがライトスモークなんですが実際はほとんどクリア・・。
夜間走るにはいいですが、昼間は濃い目のスモークシールドが好みなんです。
オプション販売されているスモークやブルーミラーシールドに交換しようかとも思ったんですが、それだと暗くなった時が不安なんですよね・・・。
まぁ暗くて見えなきゃシールド上げればいいし、なんなら標準のシールドに戻せばいいだけなんですが・・。
昔バイクに乗っていたときはスモークシールドでも平気で夜間も走っていたので大丈夫なような気もしますが・・・。

で、PCX購入後知ったのですが最近はシールドの内側に格納できるインナーバイザーがついたヘルメットがあるそうで。
このタイプは状況やシーンによって使い分けられるのでとてもいいですね!!
コレがKAMUI-2にしとけばよかったかなと少し後悔している理由。(笑)

ただFF-R3はFF-R3で安価で長時間でも疲れない自分にとって間違いのない定番のひとつが手に入ったのでヨシ!ということでもうひとつ別のヘルメットを探してみることにしました。
条件は安価(最重要!)でできればインナーバイザー付き。
2個目のメットなのでデザインやカラーリングも冒険したい。

というわけでネットに張り付いて探しまくった結果見つけました!!
ネット販売などもしている「はとや」というバイクショップが展開しているヘルメットのオリジナルブランドVoidのTX-27!!
フルフェイスのシールド付きオフロード・ヘルメットでインナーサンシェード搭載!!
スクーターにオフ・メットというのも面白いんじゃないかと思って!!

Voidというオリジナルブランドですが、これはネットで探している最中に解説しているサイトで知りえた情報ですがTHHというメーカーのTX-27というヘルメットとまったく同じでTHHからOEM供給されてるらしいです。
THHは台湾のメーカーで自社ブランドで販売しているだけではなくアメリカのFLY RacingやAFXなど各国のメーカー/ブランドに供給しているみたいです。
AFXのFX-41DSもTHHのTX-27と同型モデル。
DOT規格など各国の安全基準も取得してるらしくVoid TX-27もSG規格とPSC規格で日本国内の最低限の安全基準は満たしています。

が、自分がこのVoid TX-27を見つけた8月下旬には残念ながらすでに売切れてしまっていました・・・。
なんか凄い人気だったみたいで・・・。
で、同じタイミングでTHHの正規販売店の資格を取得したショップがTHH TX-27の販売をネットで始めました。
はとやのVoid TX-27は次回10月入荷予定ということで本家THH TX-27とどちらを買うか悩みましたが、THH TX-27には第一候補のカラーリングのマット・ブラックが無かったのと
(THH TX-27の日本正規販売商品の単色モデルはホワイトしかなくあとはカーボン柄とグラフィックモデル、逆にVoid TX-27は単色モデルのみ)
Void TX-27の方が少し安かったのでVoid TX-27のマット・ブラックを予約注文。(ホワイトだけは注文時THHの方が少し安かった)

注文時の価格は送料・税込みで9970円。
ポイント還元で実質9300円ほど。
安い!!!
ちなみに再入荷後の今これ書いてる現在(10月29日)税込みで14800円しかも送料別と結構値上がりしてしまっています。
THHのほうもほぼ同じタイミングでカーボン柄とグラフィックモデルが1700円ほど値上がりしましたが送料・税込みで13340円と逆にVoidより安くなっています。
(11月1日追記:はとやのVoid TX-27が税込み・送料別で12300円と少し値下げしました。今後も在庫状況などで販売価格が変動する可能性があるかもしれませんが価格に関してはこれ以上追記しません。)

というわけで注文してから2ヶ月近く待って本日ようやく到着!!




一応ロゴもなにも入っていない無地の収納袋が付属
本家THH TX-27にはターミネーター仕様(?!)にするためバイザーを外したときのためのキャップとサイドカバーが付属しますが、Void TX-27には入ってませんでした。
(そもそもVoid TX-27には付属品はアナウンスされてない)
ただレビュー観ると入ってましたって書き込みがあるので初販分には入ってたけど再販分でカットされたのかな?!
それとも俺のだけ入ってないのか?!(笑)


さんざん画像も載せず引っ張ってきましたがいよいよお披露目!!

うひゃー!!
かっこいい!!!
とにかくデザインはんぱない!!
THHのカーボン柄やグラフィックカラーとも悩んだけどマット・ブラックのカラーもデザインにマッチしててカッコいい!!
こんなサイバーなデザインのメットでPCX乗るのかと思うとワクワクするぜ!!!










バイザー

バイザーのパキパキ感が凄い!!
ほんとパッキパキ!!(笑)


ノーズ部分



こちらはダース・ベイダー感が凄い!!
黒だから余計ダース・ベイダー!!(笑)
ちなみに本家THHやVoid TX-27の商品画像にはノーズのど真ん中にビスの頭が露出して見えていますが届いた商品は写真のようにビスの頭を隠すメクラ蓋がついていました。
品質改善したのかな?!
-追記-
商品画像や初販分にはバイザー部分のほかにヘルメット本体のひたいの部分にも「Void」のロゴがありますが再販分の自分の個体にはついてません。
ノーズのビスを隠したのを含めどうやら再販で細かい仕様変更があったようです。
バイザー部と帽体両方にロゴがあるのはデザイン上少々うるさいと思っていたのでこの改良(単にコストダウンのためかもしれないけどw)は嬉しい。
ただ再販するだけではなく細かい部分を改良してくる姿勢は好印象。



後頭部やネック周りのデザインも凄い


インナー・バイザー開閉



ここのレバー/ツマミを操作して開閉できますが

硬い・・・。
走行中に操作するのは至難の業かと・・・。
停車中なら何とか操作できそうだけど、あとは慣れと使っているうちに馴染んで少しは軽くなるかな・・・?!

ただインナー・バイザーにはこんな感じで

バイザーにつまむ部分がついているので直接ここを指でつまんで開閉したほうが楽かも・・・



最近のヘルメットは内装を取り外して洗えるようになってるものが多いようですが
こちらのヘルメットもしっかり内装は取り外し可能
あご紐はバイクショップはとやのこだわりポイント
THH TX-27はあご紐がDリング式ですがVoid TX-27はワンタッチ式のバックルになっています
しかもヘルメットホルダーにかけれるように固定用のDリングも装備
ただオリジナルのブランドロゴに付け替えただけではなく細かいところの仕様を変更して発注するあたり、バイクショップとしてのこだわりを感じます!!


品質は思ったよりも悪くないですが、細かい部分の作りは少し悪いです。
例えば自分のはダクトをカバーしている銀色のメッシュ素材みたいな奴がインナーバイザーの所から少しだけはみ出ちゃってます。(笑)
値段の安さと台湾製というのを知っちゃっているので、まぁこんなもんかという感じです・・。


かぶってみた感想
サイズは注文できる最大サイズのXL
ファーストインプレッション
FF-R3のXLと比べるとかなりの圧迫感がある。
ただし耳は痛くないしきつすぎるという感じでもない。
OGKやSHOEIのLサイズを試着したときの感覚と似ている。
かぶったり脱いだりするときも耳などに痛みを感じることなく問題なくできる。
ただ、しばらくかぶっていたら耳や頭が痛くなるんじゃないかという不安はある。

あと一番最初にかぶったときに眼鏡が差し込めなくて困りました・・・。
変形に強いフレーム素材の眼鏡を強引に差し込むことができましたが、この方法だと今後眼鏡の破損が怖い。
この時点でこのヘルメット失敗だったか!?と一瞬思いましたが、
その後ヘルメットをかぶった状態でこめかみや眼鏡を差し込む付近に親指を突っ込みクッションを広げるように強引に押しつぶしてみたところ最初の時より比較的眼鏡が入りやすくなりました。
頬の部分のチークパッド(?!)も圧迫が強かったので同じ方法でつぶしてみました。

それと最初かぶったときプラスチックなのかゴムなのか独特なにおいがして気分悪くなりそうだった・・・。
とりあえずリセッシュを内装にふりかけておきました。(笑)

あとは実際バイクに乗ってみて、長時間かぶってみて頭や耳が痛くならないのを祈るのみですが天気悪い日は乗りたくないし寒いしでいつになる事やら・・・。

そのうち実際に走ってみたときの感想を追記します。

-10月31日追記-
とりあえず日常PCXで走る範囲内の距離ですがTX-27をかぶって走行してみました。
ちょい遠回りして走ったりもしてだいたい走行時間で片道40分前後くらいでしたがまったく痛みを感じることなく快適に走ることができました。
部屋でかぶったときはかなり重く感じたんですが、実際の走行中にはそこまで重さも感じませんでした。
眼鏡も問題なし。
通常の町乗りでの使用なら問題なく使えることが分かったので安心しました!!!
ネットなどでヘルメットを試着しないで買うのはサイズを選ぶのが本当に難しくて不安なんですよね・・。
とりあえず無駄な買い物にならなくてよかったです!!!

ただタイトめな印象はありますので1時間半から2時間くらいの長時間かぶった時の不安は残りますね。
こればっかりは実際に遠乗りしてみないと分かりませんが・・・。

インナーバイザーは素晴らしいです!!
ちょうど西日が強い時間帯にも走行しましたが効果絶大!
上にも書いていますが直接インナーバイザーをつまんで開閉できるのでサイドのレバーの操作をためすのは忘れていました・・・。(笑)
インナーバイザーをおろした場合、自分だと眼鏡・インナーバイザー・シールドと3枚ごしの視界になり、外側のシールドもかなり複雑な形状なのですが景色が歪んだり映り込んだりする事も無くまったく問題ありませんでした。
(多少は歪んだりしてるのかもしれないけど自分はまったく気になりませんでした)
インナーバイザーと眼鏡の干渉もなし。
視界も良好で快適。

あとFF-R3より聞こえてくるエンジン音が小さい!!
これはヘルメットの遮音性の違いだけではなく
FF-R3ルーズめ
TX-27タイトめ
というサイズ感の違いも遮音性に影響してるとは思うのですが予想してませんでしたので嬉しい誤算。

帽体はかなりでかめ。
FF-R3もでかいなと思いますがそれ以上です。
PCXのメットインには当然ながら入りませんが、ここまであからさまに最初から入らなそうな形状だと逆にあきらめもつきます。(笑)

メットインに入らなくても一応PCXにはメットインとは別にヘルメットホルダーもあるので問題なし。

一手間かかりますが、こんな感じで車載工具の中に付属している専用のワイヤーをDリングに通してヘルメットホルダーにかけます。

入荷まで2ヶ月近く待ったけど購入価格込み込み1万円以下で結果これならほぼほぼ満足。
ただ今現在(10月31日)の価格ならリピートしませんが、もしリピートするなら・もし試着後購入できたならTHH TX-27のホワイトとカーボン柄の再入荷分がXXLまで選べるようになっているのでそっちを選ぶかもしれません。
(2017/5/12追記:サイズに関してはさらに後日記事あり)

-2017年1月30日さらに追記-
冬になり寒くて町乗りしかしていませんでしたが、
(それもたまにはエンジンかけなきゃと仕方なく無理やり乗っているw)
本日TX-27購入後、初めて2時間半くらいかぶりっ放しで走りにいってきました。
結果、頬の部分はあいかわらず圧迫感を感じますが
耳や頭が痛くなることもなく長時間でもまったく問題ありませんでした!!
むしろ2時間半も走っているとヘルメットは問題なくても尻や足の方が痛くなってくる。(笑)
サイズ的にはXLで大正解だった模様。
なのでもしリピートするならXLを選ぶと思います。
(2017/5/12追記:サイズに関してはさらに後日記事あり)
冬の間は太陽の位置が低く朝日や西日がまぶしい時間帯が長いので
冬になってからはインナー・バイザー付きのTX-27ばっかりかぶっています。
サイドのレバーを使ってのバイザーの上げ・下げも
慣れると走行中でも難なく操作できるようになりましたが、
安全のためには停車中に操作したほうがいいでしょうね。(笑)
サイズ感も問題なし!!
バイザーの機能も大活躍!!
そして何よりデザインがお気に入り!!
ということで購入して大正解!!大満足でした!!!
-追記ここまで-

PCXにオフメットというのもいいですね!!
なんか物凄い気合入ってる奴みたいに見えて!(笑)
ミスマッチ感が逆によくて狙い通りでした。
マット・ブラックのかっこいいヘルメットが2個になって満足デス!!

次は別の色かグラフィックモデルもいいなぁ・・・。
やっぱりKAMUI-2も欲しいなぁ・・・。
(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Spotifyが遂にキター!! | トップ | 楽器フェア 2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

PCX」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL