狼侍の日々

狼侍こと拙者「修一狼」が一匹狼の好き勝手に生きて行く為の『奥義書』を執筆中
漢とは?侍の生き方とは?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小者が上にいる無念さョ

2007-11-09 12:27:27 | 奥義書 漢の章
防衛利権、迫る検察 過剰接待捜査 山田洋行元専務逮捕(朝日新聞) - goo ニュース
巨額の防衛利権に捜査が再び迫る――。防衛省の守屋武昌・前事務次官(63)に対し、200回を超えるゴルフ接待を繰り返していた軍需専門商社「山田洋行」元専務の宮崎元伸容疑者(69)が8日、業務上横領などの容疑で逮捕された。東京地検特捜部は、この事件を「入り口」とし、山田洋行と防衛官僚との癒着の解明を目指す。一方、疑惑の暗雲が垂れこめるなか、偶然この時期に開催された国防族議員と軍需産業が交流を図る会議では、有力議員らの出席キャンセルが相次いだ
特捜部による防衛利権解明の動きは、実はずっと以前から続いてきた。
昨年1月、防衛施設庁(当時)発注工事の官製談合事件を摘発した際、特捜部は防衛官僚と業者側のより深い癒着がないかどうかに注目した。関係者によると、水面下で複数の防衛官僚が絡む銀行口座などを調べ、不審な資金の出し入れがないか確認作業を進めた。同庁の発注の見返りとなるような業者側の利益供与がなかったか調べる目的だったという。

こう言う事をしてるからより疑われるのだョ
何も疚しい事が無いなら堂々とコノ会議に出席したらどうかね?(-_☆)キラリ!
こう言うコソコソした態度をとる連中は
漢ではない!!

以下朝日新聞より
3日間の予定で始まった同会議初日の7日、来賓の自民党の伊吹文明幹事長や石破防衛相、シーファー駐日米大使は姿を見せなかった。基調講演を予定していた久間章生元防衛相は入院中のため欠席。討論会に出席予定だった民主党の前原誠司前代表も出席を見送った。
つまりこの連中は不正ギリギリの事をしている、もしくは知っている。と疑われても仕方が無い訳だ。
今後の国防について語り合う有意義な会議(?)に、今回の事件が完全に「対岸の火事」と思うなら堂々と姿を見せなければならない。
それが国を動かしているモノとしての勤めではないか?
それとも?火事が自分にも延焼してしまうようなグレーゾーンに身を置いているんですか?


正直こんな小者達が日本の防衛を担っているのか?と思うと残念でならない…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 座薬と言う発想 | トップ | 正真正銘の伝説 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

奥義書 漢の章」カテゴリの最新記事