水持先生の顧問日誌

我が部の顧問、水持先生による日誌です。

選択(2)

2016年10月18日 | 学年だよりなど

 

  学年だより 選択(2)


 大学生の就職活動がリアルに描かれている映画『何者』を観ながら、みなさんが一年後に迎える大学入試と重なる話が実に多いと感じた。


 ~ 就活がつらいものだと言われる理由は、ふたつあるように思う。ひとつはもちろん、試験に落ち続けること。単純に、誰かから拒絶される体験を何度も繰り返すというのは、つらい。そしてもうひとつは、そんなにたいしたものではない自分を、たいしたもののように話し続けなくてはならないことだ。 (朝井リョウ『何者』新潮文庫) ~


 来年の今頃、AOや推薦入試の受験に向けて、志望理由書、自己推薦書を書いている人もいることだろう。そして、ふと立ち止まる。自分は「何者」なのだろうと。しかし、与えられた行数を埋めなければならないので、懸命に自分のしてきたことをふりかえり、ちょっとしたことを、大きな経験をしたかのように書いていかなければならない(コツは来年教えます)。
 もうひとつは、「自分のやりたいこと」なるものが、現実の社会を前にしたときに、その存在があまりに脆いことがあからさまになることだ。
 こんな仕事につきたい、こんな業界に入りたい、この会社に入りたい … という思いは学生それぞれにある。
 しかし現実には、エントリーシートを書いて、筆記試験を受けて、面接の連絡をもらって、という一連の流れのなかで、たまたま内定をもらった会社に就職することになる。
 自分の希望がどうあれ、内定をもらえないことには、その会社ではたらくことはできない。
 希望にこだわって就活していると、面接にさえ進めないという事態も普通にある。
 文系の人は、高校2年の現時点で漠然と希望している職種や企業がかりにあったとしても、四年後、五年後にその望みがかなう例は、ほとんどないのが現実だと思っていた方がよい。
 希望に近づきたいという思いがあるなら、結局いつも話している身も蓋もない話になるが、少しでも入るのが難しい大学に入った方がいい。
 そしてそれ以上に大事なのが、就職活動に臨むまでに、何をしてすごしたかだ。
 『何者』の登場人物たちが通う大学は、都内の有名私立大学がモデルになっている。作者朝井リョウ氏の母校早稲田大学のイメージもあるし、キャンパスの設定で最も近いのは青山学院大学だろうか。ともに「入るのが難しい大学」ではあるが、その肩書きで内定がもらえるほど甘くないことは映画(小説)からもわかるし、それが現実だ。
 どんな人間なのか、何をしてきたか――大学に入って2年や3年で、実質的な何かを生み出せるものではないが、何ごとかをなそうとして生活していたかどうかが、その人の人間性に表れる。
 だからこそ、職業よりも自分にあった大学、学部・学科選びの方が大切なのだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選択 | トップ | 新テスト »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL