水持先生の顧問日誌

我が部の顧問、水持先生による日誌です。

元を取る

2017年06月20日 | 学年だよりなど

 

  学年だより「元を取る」


 ファミレスのドリンクバーで「元を取る」ためには何倍飲まなければならないか。
 原価平均は基本的に一杯5円だから、190円のドリンクバーなら38杯飲むと元を取ったことになる。ただし、そのせいでお腹を壊すとマイナスになるので、よい子はチャレンジしない方が賢明だ。
 焼肉やしゃぶしゃぶの食べ放題は、13、5人前が採算路線として設定されるのが平均的だという。
 がんばって10人前食べたから「元はとったかな」と喜んでも、なかなかそうはならない。
 当たり前の話だが、そうでないとお店が成り立たないからだ。
 食べ放題で「元を取る」のは不可能なのか。
 食材の摂取だけでは、難しい。そもそも食べ放題には、何のために行くのだろう。
 「おなか一杯食べたい」は当然の目標だが、上限が決まった値段の安心感のなかで、思い切り食べたい思いが満たされることが一つ。
 そして食べ放題のお店ならではのイベント感覚だ。好きなものを好きなだけ食べ続ける。ふつうのお店なら、デザートに注文を許されるケーキは一種類だが、お皿一杯に全種類とってきても叱られることはない。
 ただし、一緒にいく相手が微妙だと、物理的に満腹しても精神的には微妙という場合がある。
 一緒に行った相手との仲が深まった場合は、物理的には全然元をとれてなくても、全く後悔はしないに違いない。
 食べ放題の本質はここにある。物理的食材だけで「元を取る」のはまず不可能だ。
 それ以外のもので、つまり精神的に得られたものの大きさで価値が決まる。
 先週、説明会にお招きした早稲田大学の授業料は、文系学部で年におよそ100万円、理系学部は140万円。お安い金額ではない。


 ~ 「大学の授業料て、おかしくないですか? 何十億、何百億かけた映画でも1800円なのに。  大学の1講義なら500円でいいだろ! 就職先を保証してくれる訳でも無いのに。 ~


 この質問に対して、岡田斗司夫氏は次のように答えている。


 ~ 学校は「文化背景」であり「帰属できる場所」です。
 過疎の村の小学校が潰れるとき、なぜみんな哀しいのでしょうか? それは学校が「教育サービス産業」ではなく、思い出の場所であったり、都会へ出た後も思い出せる故郷だからです。
 大学が潰れちゃうと、その大学の卒業生全員が履歴書に「元・○○大学」と書くことになります。つまり信用保証としても使えなくなっちゃう。学生は「将来の身分保障のためにも、大学が潰れたら損」なんです。だから学生や地域全体で「大学の現在と未来」を維持する必要がある。
 大学とは「帰属場所」「社会保障の担保」という意外な機能も持ってるわけですね。 (「岡田斗司夫の毎日メルマガ」より) ~


 大学はけっして「自由経済のロジック上にあるサービス機関ではない」と言う。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西部地区 | トップ | 作者の死 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL