0から1へ

中国での駐在生活を経て起業を志す商社マンのブログ

中国人の起業家

2018-01-13 21:33:34 | 日記
僕が尊敬する中国人の起業家がいる。
彼の父は元々、河北の田舎で工場を営んでおり、5,6個の会社を経営している。
彼は大学卒業後、しばらく親の会社で働いた後、父親から「何か自分の事業をしなさい」と言われ、上海に単身で来て、金属の問屋事業を始めた。何年か後、資金を蓄えた後、杭州の方に移動し、旅行業(ラフティング事業)を始め、3年経った昨年、ようやく投資資金を回収できる見込みがたったという状況。
そんな彼は、父が経営する会社の空き地がたくさんあることを問題視していて、何か新しい事業が出来ないものかと探している。今後も拡大が見込まれる自動車分野を希望しており、トヨタ社関連の仕事をしている私にも期待している様子。

私自身は、鋼板業務を行っており、
彼とは鋼板の仕入先としてお付き合いしている。
彼は日本語を話せないし、私の中国語もそこまで流暢ではないので、お互いに理解しきっている訳ではないが、何となく感覚的に私は彼が好きだし尊敬している。だから出来るなら彼と一緒に何かの事業をしてみたいと思っている。
もし仮に自分の考えが、見る目が間違えていたとしても、後悔はしない。
それくらい彼の事を信用している。

彼のやりたい事と私のやりたい事が被る分野があるなら、是非ともやってみたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 起業に向けての模索 | トップ | 会社を辞めるにあたり③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事