THE WIND SYMPHONY

当ブログは、吹奏楽をこよなく愛するオッサンの独り言を淡々と書き連ねることを目的としています。お暇な方はどうぞ。

【作曲】「遥かマイルストーン」-式典のための行進曲

2016-04-30 19:31:08 | お知らせ
ニコニコ動画↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28743972

youtube↓
https://www.youtube.com/watch?v=rOkK_M0aa_g

様式  :作曲(吹奏楽フル編成)
演奏時間:3分20秒程度
グレード:★★★☆☆
推奨編成:大編成
特殊楽器:なし

(コトバンクより引用、一部省略)マイルストーン
マイルストーンとは、物事の進捗を管理するために途中で設ける節目をいう。もとは道路などに置かれ、距離を表示する標識(里程標)のこと。各マイルストーンは最終的な到達点に向かうまでの通過点であり、それぞれの時点で達成すべき事柄(達成要件)と、実際の状況を照らし合わせることで進度の調整を行う。


人生という長い旅路において、その節目(マイルストーン)には様々な出来事があります。あるマイルストーンから過去を振り返れば、はるか遠くにかつて通り過ぎたマイルストーンがあり、その思い出に浸ることができるでしょう。しかし、そこからまた、はるか遠く、次の未知なるマイルストーンへ思いを馳せ、過去から現在、そして未来へ至る人生の旅が、再び始まります。本作品はそんなことを考えながら作曲いたしました。

コンセプトは3つ。1つめは「シンプルであること」。吹奏楽の世界でなじみ深い著名な式典行進曲を念頭に、なるべく簡潔な構造とオーケストレーションを目指しました。2つめは「親しみやすい旋律」。言葉でいうのは簡単ですが、これほど難しいことはないと思っています。誰が聴いても耳に心地よい旋律を目指しました。3つめは「実用的であること」。実際に行進するかどうかはともかくとして、実演に耐え得る作品でありたいと工夫を凝らしました。そのどれもが、前作で考えたことの延長線上であり、今の管理人の作曲上の大切なテーマであります。

大きな賞をいただいた前作ではありますが、あの賞をいただいたあとも、いつも悩み、苦しみ、もがいているのは何も変わりません。結局のところ、管理人はあの賞を頂いても、何ら心が満たされることはありませんでした。不思議なものですね。あれだけ欲して止まなかった人生最大の目標が達成されても、むしろ苦悩することが増えたような気さえします。管理人にとってあの賞をいただいたというマイルストーンは一体どういう意味を持ち、ここから再びどんなマイルストーンに向けて歩み出せばよいのか。この曲は、そんな自分自身の気持ちも多少なりとも影響しているのではないかと思います。

…真面目な話はこの辺にしておいて。本作に関しては先述の通り、J.ヴァンデルローストの“アルセナール”、E.エルガーの“威風堂々”が念頭にない、と言えばきっとウソになるでしょう。似せるつもりはなくとも、コンセプト上、頭の中で避けては通れない2作であったと思います。「式典行進曲」という副題は、実際に式典で行進する、という意味合いよりも、「式典行進曲」という言葉の包容力に身を委ねたかったというのが正直なところ。とはいえ、曲名は往年の名作“はるか、大地へ”が意識の根底にあり、曲想も近くはないにせよ、イメージの部分で近しいものがあると思います。さすがに天鵞絨の方は意識していません。

ということで、久々に新作をお披露目致しましたので、何か一言でもご感想賜れましたら幸いです。実演される予定は今のところ特にありませんが、何かしらの形で生音にすることができればいいなあ、とは思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今後の予定について。

2016-04-26 22:44:57 | お知らせ
随時更新をしていきます。とりあえずおおまかなものだけ。

2/13(土) 東京佼成ウインドオーケストラ第127回定期演奏会(済)
行かせていただきました。素晴らしい演奏だけでなく、
芸劇であいさつをさせていただくなど、貴重な体験をさせていただきました。

3/23(水) 関西学院大学応援団総部吹奏楽部春のコンサート(済)
招待状をいただきましたので、伺いました。素晴らしい演奏でした。

4/12(火)ブラスパラダイス大阪(済)
素晴らしい演奏でした。また、舞台上で簡単な挨拶もさせていただき、光栄です。

4/24(日) 洗足学園音楽大学 課題曲クリニック(済)
すべてを話すことはできませんでしたが、私が本当に言いたいことを話せましたので、満足です。
ものすごい数の人々に圧倒されました。ありがたいことです。

5/1(日) なにわ《オーケストラル》ウインズ2016(済)
大阪公演に行きました。素晴らしい演奏でした。バランスの良さが特筆ものでした。
あれだけ素晴らしいと、「意味の分からん曲名」と会場でネタにされたり、
プログラムの作曲者名に理解しがたい誤植があったりしても、穏やかな心で許すことができます(笑)
あと委嘱作品が期待以上にええ曲でした。

5/7(土) 母校の定期演奏会(済)
OBOGステージに、久々にラッパ吹きとして出演し、アンコールで自作の指揮をさせていただきました。
拙い指揮に皆さん文句も言わずに笑顔で対応していただき、感謝です。
それにしても…拍子もテンポの変わらないのに指揮の振りにくい曲やしバランスのとりにくい曲やなあ…。
誰やねんあんな曲書いた奴はッ!!

5/29(日) M's Sound Factory えむこんvol.13 ~13回目の吹奏楽演奏会~(済)
ゲストとしてお招きいただき、長々としゃべらせてもらいました。話が長くてごめんなさい。
演奏はもう素晴らしい内容で、プロよりも上手いんじゃないかと思いました、いやホンマに。

6/26(日) 関西吹奏楽指導者研究会 講習会(済)
大人だけの講習会で課題曲について喋らせていただきました。
好き勝手にしゃべったので満足です。
今までの経験で、私からK点ネタをしゃべりだすと、場が何となく凍りつくような気がします(笑)

7/29(土)~30(日) 地元のコンクール(済)
中Aと高Aを両方聴きに行きました。
どれも気合の入った素晴らしい演奏でした。
何番であっても同じですが、課題曲がどこまで消化できてるかで、勝負が決しているような気がします。

8/11(木)~12(金) 県大会(済)
中Aと高Aを両方聴きました。
やっぱり皆さん上手いですね。
それはともかく中学校と高校では課題曲Ⅰのアプローチの仕方が全然違うのです。
たぶんスコアのせいですな…。

8/27(土)~28(日) 支部大会(済)
行ってきました、京都!
さすがにこれぐらいまでくると、トランペットソロにミスがない!
ただ…私の思っている通りに演奏してくれた団体は2日間通しても3つしかなかったなあ。

10/8(土) ポコ・ア・ポコ ウインドアンサンブル 創立20周年記念演奏会
委嘱を頂きましたので、創立20周年記念の作品を書かせていただきました。
初演されます。マーチではなく、オリジナル作品です。曲名など、詳しいことは後日。
詳しくはコチラ

この記事にはコメントができます。
管理人へ何かメッセージ等ございましたら、お寄せください。
すぐには反映されませんのでご安心ください。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

一時休業。

2015-06-18 01:57:20 | お知らせ
このところずっと更新もままならない状況でした。諸般の都合により、しばらく本格的にブログを休業致します。いずれまた帰ってくるつもりではおります。下記メールアドレスは生きておりますので、何かございましたらそちらの方までお寄せください。

連絡先
the_wind_symphony@yahoo.co.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加