九星気学の徒然日記

毎日の運気を占う

三碧木星中宮の日

2016-10-12 12:47:49 | 九星気学
10月12日(水)
     (名古屋式宮型霊柩車)


本日は三碧木星が中央に鎮座する

10月の盤と同じ配置で西に五黄土星が廻座する


今日の暦の六曜は友引で「友を引く」

という意味から葬式はこの日は避けられる

旧暦を基とした六曜【先勝.友引.先負.

仏滅.大安.赤口】はある規則性を伴い

一定基準で日ごとに変化する

そのため日にちを基準とした節句には

全く関係なくあてられているが、
(3/3桃の節句は先勝、9/9重陽は仏滅)

2033年秋~2034年春の旧暦トラブル

から友引が決まらないと今から危惧されている


今日の日盤で中央にいる三碧の象意で

もある音のするものの範疇での自動車

その中でも特異な存在の霊柩車を見た

ときは親指を隠すようにとの習わしが

今でも残っている
    輿        駕籠

親が早死にするとか諸説あるものの

有力な説としては日本の精霊崇拝から
親指は自分の霊魂の出入口とされ
死者の穢れ(けがれ)が自分の魂に入り込まないようにするためとも言われる

通夜は古代からの葬儀儀礼…
殯(もがり)という風習の名残とされる

三碧木星の場象である森林

その木霊に今日は耳をかたむけ活かしてみたい

三碧木星が真ん中に座る日は一白水星

が必ず東に暗剣殺を伴い廻座する

一白におかれては昨日に引き続き要注意日

言葉足らずにならないよう意思疎通を

重視されたし

特記すべきは西に日破を背負う五黄土星

いつもの五黄らしさは通用しない日になるかも

愛嬌も必要と心得ると吉

すべての星に共通なのは

前途洋々な日にするには揚々たる気構えが必要
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四緑木星中宮の日 | トップ | 二黒土星中宮の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL