イヨ、サラバ

大好きなカステラをおなかいっぱい食べられる日まで
〜胃を患ったちびママの呑気な記録日記〜

これからも長いお付き合い

2016年10月31日 | 術後7年半~

2ヶ月に一度の通院日。
(先日予約外で行ったけど)
もう体重を測る必要はないのかな、と思いつつ一応測定。
36.6kg、この前熱を出したときに減ってから戻ってないっぽい。

まずは外科で先日のCTの結果を聞く。
鼠径ヘルニアの腫れはやはりヌック管水腫。
水が溜まっているだけで、腸は出ていないとのこと。
穴がごく小さいから腸が出る心配はないらしく
「腫れが気になるようなら水を抜くという方法もありますけど」 と言われたが
痛いのは嫌なので 「このままでいいです」 と返事をした。
悪化しない限り、一生のお付き合いになりそう。

ついでに、いつものCTで乳がんや子宮がんは分かるのか聞いてみた。
乳がんと子宮体がんは分かるとのこと。
でも、子宮頸がんは初期では分からないとのこと。
(進行すると見えるらしい)
なので 「念には念を」 で、やっぱり婦人科健診も受けなきゃいけない。

続いて循環器内科。
血液のサラサラ度を表すPT-INR値、
いつも推奨範囲ギリギリの1.6位なのが、珍しく2以上になっていた。
「貧血とかじゃないですよね?」 と聞かれるが
鉄剤は飲み続けているし、貧血の心配はないと思われる。
この程度の変化は許容範囲なので、とりあえず薬の量は変わらず。
だけど
「鼻血が出たり、歯茎から血が出て止まらなかったりしたらすぐ来てください」
サラサラになったらなったで、サラサラ過ぎは危険なので注意が必要。

やっぱり体内の水分バランスが変わっているような気がする。
尿の色はいつもの濃さに戻ったが、便は硬め。
お腹の傷の膿の量は少なく、水分摂取量は前より多い。
体の中のめぐりに変化が起きているような。
それが血液のサラサラ度に影響を与えているのかも。
わかんないけど。

それより、また右脇腹がなんとなく痛い。
肋骨の下あたり、体をひねったり大きく息を吸ったりすると違和感。
腸がそっち方向に押されているのか、まさかまた結石か。
たいてい1~2日で治るからあまり気にしていないけれど
痛いと活動意欲が低下するから良くない。
ふぅ~

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ■高3女子のお弁当 ~10月28日 | トップ | やっぱり痛い »
最近の画像もっと見る

あわせて読む