イヨ、サラバ

大好きなカステラをおなかいっぱい食べられる日まで
〜胃を患ったちびママの呑気な記録日記〜

桜並木はお花見日和

2017年04月16日 | 術後8年~

ぽかぽかいいお天気の一日。
我が家の前の桜並木も週末で一気に満開となった。
桜見物かな?と思われる車でいつもより通りが多い川沿いの道。
買い物の行き帰り、私も今日ばかりはスピードを落として
桜見物の車に合わせてゆっくり走行。
車を降りて眺める人や、散歩しながら写真を撮っている人もいる。

綿あめみたいにふんわり満開の薄桃色の桜に、水仙の黄色と緑。
ふと、子どもの頃に土筆や水仙を摘んだ景色が思い浮かぶ。
時代が移り変わり生活が変化しても
40年ずっと変わらない春の風景。
何年もの時を経て繰り返される自然の営みは、慎ましく荘厳である。

家に帰ってプランターの手入れをしていた数分の間にも
何台かの車が家の前を通り過ぎた。
みんなノロノロ運転。
普段こんな風に走っていたらクラクションを鳴らされるが
今日はみなさんお互い様。
我が家の前の通りはにわか桜の通り抜けとなった。

今日は会社勤め時代の後輩が来て。
小学校入学に子ども用フォーマルシューズを貸したのを
返しに来てくれたんだけれど
雪の大谷に行ってきたそうで、お土産をいただいて嬉しい限り。
星形の缶に入った、粉雪にコーティングされたような一口アーモンド。
間違いなく私たちが大好きなお菓子!
美味しくてすぐなくなりそう。
どうもありがとう、ごちそうさまです。

お土産と言えば、
先日いわいうたやのHさんからは北海道のお土産をいただいて。
生キャラメルかりんとうと、ロイズのフルーツチョコバー。
濃厚な味わいで贅沢なおやつタイムになりました、ありがとう。

誰かのために心を尽くすと、思いがけず幸せが舞い込んでくる。
“情けは人の為ならず” ってこういうこと!?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« お弁当、再び | トップ | 悲しくなった小さな出来事 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む